【楽天カードの作り方・申し込み方法】発行の流れから必要なものまで紹介
LIFE STYLE

【楽天カードの作り方・申し込み方法】発行の流れから必要なものまで紹介

2021/11/18

楽天カードの作り方・発行手順を流れに沿って徹底解説していきます。「店舗で発行できるの? 」「学生でも申し込みできる? 」などの楽天カードに関する素朴な疑問から、通常よりもより多くポイント還元されるお得な入会時期や方法までご紹介。楽天カードは年会費無料で利用でき、持っているだけでお得なメリットがたくさんあるので、この機会にぜひ入会してみてください。

  1. 楽天カードの基本情報
  2. 楽天カードの作り方【申し込みに必要なもの】
  3. 楽天カードの作り方【手順と発行の流れ】
  4. 楽天カードを選ぶメリット
  5. 楽天カード3種を徹底比較
  6. 楽天カード入会がお得な時期と方法
  7. 楽天カードは2枚作ることも可能!
  8. 楽天カードの作り方に関するQ&A
  9. 楽天セール記事もCHECK

楽天カードの基本情報

楽天カードのデザイン
年会費 永年無料
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB / American Express
付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
電子マネー 楽天Edy/Google Pay/Apple Pay など
ETC 年会費:550円(税込)

楽天カードは、年会費永年無料で使えるクレジットカードでありながら、ポイントが貯まりやすく高還元率であることが人気の理由です。お買い物するたびに楽天ポイントが貯まり、貯まった楽天ポイントは、楽天ポイント加盟店なら街中でも1ポイント=1円で使えます。また、楽天カードの審査は比較的通りやすいことでも知られています。少しの年収があれば、主婦やフリーターの方でも申し込めて、審査もスムーズです。

楽天カードの作り方【申し込みに必要なもの】

楽天カードを作る際に、必要なものは以下の3つです。楽天カードの申し込みをスムーズに進めるためにも、事前に用意しておきましょう。利用できる書類などの詳細に関しては、以下をご覧ください。

  • 楽天ID(持ってない方はメールアドレス)
  • 本人確認書類
  • 銀行口座番号

楽天ID

楽天カードを作るには楽天会員になり、楽天IDを取得しなければ発行できません。楽天IDは誰でも無料で作成することができます。楽天カードを申し込む際に、楽天会員アカウントの同時登録が可能なので、まだ楽天IDを持っていないという方は、楽天会員登録用のメールアドレスを用意しておきましょう。

本人確認書類

楽天カードの申し込みに使える本人確認書類は以下の表をご覧ください。原本の場合はいずれか1点、コピーの場合はいずれか2点の提出が必要となります。お申し込み時に使った本人確認書類は、カードを受け取るときにも必要なので、事前に用意しておきましょう。

原本(いずれか1点) ・住民票の写し(原本)
・印鑑登録証明書(原本)
コピー(いずれか2点) ・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・健康保険証
・マイナンバーカード
・運転免許証
・パスポート(日本政府発行)
・在留カード

引き落とし銀行口座番号

カードを使った分の支払い(引き落とし)ができる銀行口座番号が必要です。「金融機関名」「店舗番号」「口座番号」の入力が必要になるので、銀行の通帳かキャッシュカードを用意しておきましょう。楽天カードの締め日は毎月末日、支払い日は翌月27日です。

締め日 毎月末日
引き落とし日 翌月27日

利用したい金融機関の口座がない場合は、楽天銀行の口座が同時に申し込みできます。楽天銀行を楽天カードの引き落とし先に設定すると、楽天市場でお買い物するたびに還元されるポイントがアップしたり、ATM手数料が優遇されるのでおすすめです。 

楽天カードの作り方【手順と発行の流れ】

楽天カードの作り方の手順から発行までの流れについてご紹介していきます。自分の情報を入力していくだけなので、5~10分程度で入力することができます。まずは、以下のリンクから楽天カード申し込みページにアクセスし、手順に沿って進めてみてください。

  1. 楽天カードのホームページを開く
  2. 『クレジットブランド』を選択する
  3. 『カードタイプ・デザイン』を選択する
  4. 『個人情報』を入力する
  5. 『付帯サービスの有無』を選択する
  6. 『口座番号』を入力し確認して申し込み完了
  7. 審査が通ったら1~2週間程度で届く

〈STEP1〉楽天カードのホームページを開く

楽天カードの作り方手順1

上記のリンクから、楽天カードの公式申し込みページにアクセスします。楽天IDを持っている楽天会員の方は赤のボタン、楽天IDを持っていない方はオレンジのボタンをクリックしてください。

〈STEP2〉クレジットブランドを選択する

楽天カードの作り方手順2

まず始めに、クレジットブランドを選択していきます。各クレジットブランドによって特徴や選べるデザインが異なるので、下の表を確認しつつ選んでみてください。ディズニーデザインのカードを希望の方は「JCB」をお選びください。

▼クレジットブランドの特徴

  VISA Mastercard AmericanExpress JCB
パンダデザイン
ディズニーデザイン
海外向き
国内向き

〈STEP3〉カードタイプ・デザインを選択する

楽天カードの作り方手順3

次にカードタイプ・カードデザインを選択していきます。楽天PINKカードは、ポイント還元率や基本的な機能は楽天カードと同じで、女性向けの付帯サービスを有料でカスタマイズできるカードです。少額でいくつもの優待や保険が選べますが、特典をセットしない場合は楽天カードと大きな違いはありません。デザインはピンクのみで、女性向けサービスが付帯しているだけで、男性でも申し込みはできます。

〈STEP4〉個人情報を入力する

楽天カードの作り方手順4

続けて、基本的な個人情報や勤務先情報を入力していきます。職業情報を入力する際には、勤務先の住所や電話番号、本人の世帯収入などの記入欄もあるので、事前に準備しておきましょう。主婦や無職の方は記入なしでOKです。

審査に通りやすくするためには、申し込みフォームの項目はできるだけ全て埋めましょう! 楽天カードでは『スコアリング方式』という審査をおこなっているので、カードを申し込む方の情報が詳細に記入されていればいるほど点数が高くなり、発行できる確率が上がります。

〈STEP5〉付帯サービスの有無を選択する

楽天カードには、付けるか選択できる付帯サービスがいくつかあります。付帯サービスによっては、条件を達成すれば楽天ポイントが貰えるものもあるので、楽天ポイントをより多くGETしたい方は、サービス内容や特典条件を確認しつつサービスを希望してみるのもいいかもしれません。

▼楽天Edy

楽天Edyの詳細

楽天Edyは事前にチャージすることで、現金代わりに利用できるプリペイド式電子マネーで、全国78万ヵ所以上のコンビニ・レストラン・スーパーなどで利用できます。自分で決めた金額よりも下回ると自動でチャージしてくれる「オートチャージ機能」も設定することができ、オートチャージ機能の申し込み&合計3,000円以上の利用で、抽選で2,000ポイントがプレゼントされます!

▼自動リボサービス

自動リボサービスの詳細

自動リボサービスは、お店やネットショッピングなどでクレジット払いで「翌月1回払い」を指定したショッピング利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。毎月の支払金額は、希望の金額にいつでも変更可能(月々3,000円~)で、毎月の支払い元金がほぼ一定となります。自動リボサービスに登録すると最大で2,000ポイント付与、さらに利用するともれなく3,000ポイントが進呈されます。

▼楽天カードのキャッシング枠

楽天カードのキャッシング枠の詳細

キャッシングとは、クレジットカードを使って現金を借入できる機能です。コンビニ・銀行のATMで現金を借りたり、パソコン・スマートフォンからの引き落とし口座への送金が可能です。楽天カードを申し込みの際に、キャッシング利用可能枠を付帯した会員が対象となり、キャッシング契約月ごとに上記の割合でいずれかの楽天ポイントを進呈されます。

2,000ポイント:30万円以上を希望の方から抽選で500名
500ポイント:30万円未満を希望の方から抽選で500名
10ポイント:上記抽選で外れてしまったすべての会員

▼ETCカード

楽天ETCカードの詳細

楽天ETCカードは通行料金100円につき1ポイントが貯まるので、少額な通行料金でも楽天ポイントが貯まっていくのが魅力のひとつです。年会費550円(税込み)で利用でき、2年目以降は、年会費請求月の会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方は無料で利用できます。ETCカードに入会&利用することで抽選で500名様に最大3,000ポイントがプレゼントされます!

▼家族カード

家族カードの詳細

家族カードは、自分と生計を同一とする配偶者、両親、子供(18歳以上)が利用できます。楽天カード・楽天PINKカードの場合は年会費無料で使えるので、維持コストもかかりません。家族カードは、クレジットカードを発行した後からでも発行することも可能ですが、家族カードに入会&利用でもれなく3,000ポイントがプレゼントされるので、楽天カード入会のタイミングで申し込んでみるのがいいかもしれません。

▼楽天銀行口座

楽天銀行口座の詳細

楽天銀行は、コンビニATMで24時間365日利用できる銀行口座です。楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定すると、楽天市場でのお買い物で貯まるポイントがアップするので、楽天市場でよくお買い物する方は、楽天銀行口座を開設することをおすすめします。(※)楽天銀行口座を開設&入金した方には、もれなく1,000ポイントプレゼントされます。

※ 楽天銀行口座開設後、楽天カードの支払い口座に設定するには、再度手続きする必要があります。

〈STEP6〉口座番号を入力し確認して申し込み完了

楽天カードの作り方手順6

最後に、引き落とされる口座番号を設定します。金融機関名は基本情報入力のタイミングで選択しているはずなので、ここでは「支店番号」と「口座番号」の2つを入力します。最初の基本情報入力で「郵送で申し込む」を選択している場合はカード発行と同時に書類が届くので、その書類から申し込みを完了してください。

※ 郵送での手続きには1~2ヶ月程度かかります。

〈STEP7〉審査が通ったら1~2週間程度で届く

楽天カードの作り方手順7

必要事項が記入し終わったら、あとは審査結果を待つだけです。審査や発行作業がスムーズにおこなわれた場合には最短3営業日で届きますが、お届け時期は状況によって差があるので約1~2週間を目途にしておくといいでしょう。また、年末年始やGW、お盆などの直前に申し込むと連休明けに届くことも考えられるので、カード郵送をスムーズに進めたい場合は注意しましょう。

楽天カードを選ぶメリット

  • 年会費が永年無料
  • 審査が通りやすい
  • 新規入会&利用で5,000ポイント貰える
  • 貯まったポイントは街中でも使える
  • 買い物するたびにポイントが貯まる

楽天カードは、年会費永年無料で使えるクレジットカードでありながら、ポイントが貯まりやすく高還元率であることが人気の理由です。お買い物するたびに楽天ポイントが貯まり、貯まった楽天ポイントは、楽天ポイント加盟店なら街中でも1ポイント=1円で使えます。また、楽天カードの審査は比較的通りやすいことでも知られています。少しの年収があれば、主婦やフリーターの方でも申し込めて、審査もスムーズです。

初回ポイント獲得の流れ

初回ポイント獲得の流れ

〈特典1〉
カードの発行:2,000ポイント
〈特典2〉
カード翌月末までに1円以上カードを利用する:3,000ポイント 

楽天カードに入会すると、特典として5,000ポイントがもらえます。ただし、一気に5,000ポイント貰えるわけではなく、楽天カードを受け取ったタイミングで2,000ポイントGETでき、カード申込翌月末までに1円以上のカードを利用すると、3,000ポイントGETできます。

楽天カード3種を徹底比較

楽天カードは数多くの種類があるため、どれを持つべきか迷いどころですよね。自分によりピッタリな楽天カードを選択できるように、代表的な3種類のカードの特徴を比較してみました。カード選びの参考にしてみてください。

楽天カード 年会費永年無料
楽天PINKカード 女性に嬉しいカスタマイズ特典が充実
楽天プレミアムカード 海外によく行かれる方におすすめ

『楽天カード』は年会費無料で初心者にもおすすめ

楽天カード
年会費 永年無料
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB / American Express
付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
電子マネー 楽天Edy/Google Pay/Apple Pay など
SPU ポイント+2倍(月間獲得上限5,000ポイント)

こちらの楽天カードは年会費永年無料で利用できる、一番ノーマルなカードなのでクレジットカード初心者さんにもおすすめです。楽天カードはネット・国内・国外のどこで利用しても、100円につき1ポイントが貯まるので、普段の買い物もクレジットカードを利用する方は、とりあえずの気持ちでも持っていて損はないカードです。

『楽天PINKカード』は女性向け特典が豊富

楽天PINKカード
年会費 永年無料
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB / American Express
付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
電子マネー 楽天Edy/Google Pay/Apple Pay など
SPU ポイント+2倍(月間獲得上限5,000ポイント)
特典 【楽天グループ優待サービス】(※)
・楽天市場での買い物が500円OFF
・国内の宿泊予約が1,000円OFF
・楽天ブックスでの購入額が100円OFFなど

【ライフスタイル応援サービス】(※)
・映画チケットが500円OFF
・対象のレストランが20~50%OFFなど

【楽天PINKサポート】
・女性特有の疾病の保険金

※ 月額サービス料:330円(税込)

楽天PINKカードは、ポイント還元率や基本的な機能は楽天カードと同じで、女性向けの付帯サービスを有料でカスタマイズできるカードです。少額でいくつもの優待や保険が選べますが、特典をセットしない場合は楽天カードと大きな違いはありません。デザインはピンクのみで、女性向けサービスが付帯しているだけで、男性でも申し込みはできます。楽天のサービスを毎月使う方は付けていて損はない特典です。

『楽天プレミアムカード』は楽天ヘビーユーザー&旅行好きにおすすめ

楽天プレミアムカード
年会費 11,000円(税込)
家族カード 5,500円(税込)
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB / American Express
付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高5,000万円
【国内旅行傷害保険】最高5,000万円

【動産総合保険】最高300万円
電子マネー 楽天Edy/Google Pay/Apple Pay など
SPU ポイント+4倍(月間獲得上限15,000ポイント)
国内空港ラウンジ 国内空港ラウンジ無料(一部の海外ラウンジ含む)
海外空港ラウンジ プライオリティ・パス無料
特典 【お誕生月サービス】
誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用で
ポイント+1倍(上限10,000ポイント)

【選べるサービス】
登録時に3つのうちから好きなコースを1つ選択
①楽天市場コース
・毎週火曜と木曜に楽天市場で+最大1倍
②トラベルコース
・楽天トラベルオンライン決済で+最大1倍
・手荷物宅配サービス
③エンタメコース
・楽天TV利用分ポイント+1倍
・楽天ブックス利用分ポイント+最大1倍

楽天プレミアムカードは、国内空港ラウンジを無料で利用できたり、海外空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」を無料で発行できます。加えて、付帯保険の内容も充実しているので、旅行を頻繁にされる方は、プレミアムカードがおすすめです。これ以外にも、誕生月などの特典の豪華さや、楽天市場で開催されるセール時のポイント還元率の高さなどのメリットもたくさんありますよ。

楽天カード入会がお得な時期と方法

楽天カードに入会する際には、入会特典として通常時でも5,000ポイントが貰えますが、時期やキャンペーンなどを利用すれば、そのもらえるポイントがさらにUPします。よりオトクにポイントをGETしたい方は、以下の方法を実践してみてください。

〈1〉入会特典8,000ポイント以上の時期

楽天カード新規入会と利用で8,000ポイント付与

【新規入会期間】
2021年11月15日(月)10:00~11月22日(月)10:00

楽天カードを発行すると、公式キャンペーンによる入会特典が得られます。貰えるポイントは通常は最大5,000ポイントですが、時期によっては7,000~8,000ポイント貰える時期があるため、ポイントをより多くGETしたい方はこの時期を狙い目に入会してみてください。キャンペーン開催時期は決まっておらず、不定期開催となっています。

〈2〉楽天カード会員に紹介してもらう

楽天カード紹介キャンペーン

【対象期間】
2021年11月1日(月)10:00~2021年12月1日(水)9:59 

既に楽天カード会員の方に紹介してもらうことで、楽天カードを紹介された方には1,000ポイント紹介した方には3,000ポイントが貰える紹介キャンペーンです。新規入会&利用特典と合わせれば通常6,000ポイントが貰えます。特定のページからの申し込みが対象となっているため、周りに楽天カード会員がいる方は、専用URLを送ってもらいましょう。

※ 紹介する側の特典上限は1ヶ月につき9名分までとなります。

〈3〉付帯サービス選択によってさらにポイントGET

付帯サービス選択特典

カード申し込み時に、選択できる付帯サービスを合わせて申し込むと、選択内容によってはさらにポイントがGETできます。サービスや特典の内容は、前述の【楽天カードの作り方】で詳しくご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。また、サービスによって、特典進呈の条件が異なるので、申し込む前に詳細を必ず確認しておきましょう。

楽天カードは2枚作ることも可能!

2021年6月から楽天カードのルールが変更され、2枚目の楽天カードを作れるようになりました。現在楽天カードを持っている方でも、楽天カードまたは楽天PINKカードをもう1枚作ることができます。「1枚でもいいのでは? 」と思う方もいるかもしれませんが、2枚目を持つことのメリットも多くあります。

\ いまなら作成&利用で3,000ポイントGET! /

2枚目の楽天カードを作成&利用でポイントプレゼント

【2枚目作成&利用期間】
2021年11月15日(月)10:00~12月1日(水)9:59

楽天カードを2枚持つことのメリット

  • 利用シーンに合わせて使い分けできる
  • 引き落とし口座を分けられる
  • さらにポイントが貯まる

楽天カードの2枚使用は、例えば共用の口座と個人用の口座で支払いを分けたいという方におすすめです。普段クレジットカードを使い分けている方なら、楽天ポイントが貯まる楽天カードに統一する方がずっとオトクです。また、1枚目の楽天カードを作る際に審査をしているため、審査も比較的早く通りやすい点も、2枚目のクレジットカードにおすすめな理由です。

2枚の楽天カードの使い分け方法の例

〈1〉利用シーンに合わせて使い分け

利用シーンに合わせた楽天カードの使い分け方法の例

2枚の楽天カードの使い分けの例については、上の画像を参考にしてみてください。ご利用明細が分かれるので、利用シーンごとに費用を管理することで節約のヒントにしたり、明細を見やすくすることにも繋がります。

〈2〉引き落とし口座を分けられる

引き落とし口座の分け方の例

家族共用(生活費用)の口座と個人用(趣味・ショッピング用)などの口座ごとに分けて支払いたいという方にもおすすめです。ただし、2枚目の楽天カードを使えるのは本人に限るので、事前にご注意ください。

2枚目の楽天カードの作り方

2枚目の楽天カードの作り方
  1. 国際ブランド・カードデザインの選択
  2. 暗証番号を入力する
  3. 楽天Edyの有無を選択する

2枚目の楽天カードを作る際には、新たに個人情報を入力する必要がなく、身分証の確認もありません。1枚目の楽天カードを作る際に、既に審査をしているため、入力項目が少なく、審査が比較的早く通りやすいです。

楽天カードの作り方に関するQ&A

ここでは、楽天カードの作り方に関するポイントや注意点を、Q&A形式でご紹介していきます。よくある疑問をまとめて紹介しているので、気になった方はチェックしてみてください。

Q1. 楽天カードは店舗で発行できる?

A. 店舗では発行できません!
楽天カードは、店舗・電話・書類などでの申し込みはできません。楽天カードの申し込み・発行はインターネット(オンライン)上からの受付のみとなっています。インターネットからの申し込みなので、24時間365日いつでも申し込むことができます。 

Q2. 楽天カードは未成年・学生でも作れる?

A. 18歳以上(高校生は除く)の方であれば誰でも申し込みできます!
楽天カードは、18歳以上の方(高校生は除く)であれば、未成年・学生でも申し込みできます。また、この条件が該当する場合なら、主婦・パート・アルバイトの方でも申し込みすることが可能です。 

Q3. 楽天カードの審査期間はどのくらい?

A. 約2週間~最短3日!
カードお申し込みから発行まで平均的に1週間ほどで届くとされていますが、申し込むタイミングや審査状況によっては、最短3日で届いたという方もいるようです。最短の日数を期待せずに、楽天カードの発行には約1~2週間かかると考えておくのがいいでしょう。 

Q4. 楽天カードの毎月の締め日と支払日はいつ?

A. 月末締め、翌月27日支払日となります。
楽天カードの締め日は毎月末。お支払い日は翌月27日(休日の場合は翌営業日)となっています。 

楽天セール記事もCHECK

楽天市場では、定期的にセールを開催しています! セール開催中は、通常よりも商品が値下げされたり、ポイントがたくさん貯まるキャンペーンをおこなったりしています。以下の記事では、楽天セールについての詳しい説明や、攻略法について徹底解説しているので、合わせてチェックしてみてください。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW