キャッシュレス決済どれがいい?おすすめ15選を徹底比較!還元率の高いサービスを紹介
LIFE STYLE

キャッシュレス決済どれがいい?おすすめ15選を徹底比較!還元率の高いサービスを紹介

2021/10/07

おすすめのキャッシュレス決済を徹底比較してご紹介! ライフスタイルのミニマル化により、現金を持たないキャッシュレス派が増える昨今。いざ始めてみたいと思っても、どれがいいの? と迷ってしまう人も少なくないはず。そこで、これからキャッシュレス決済を始めたいという方におすすめのキャッシュレス決済サービスを、スマホ決済・電子マネー・クレジットカード別にご紹介します。“ポイ活”に興味がある方も必見です。

  1. キャッシュレス決済とは?
  2. キャッシュレス決済を選ぶ際の3ポイント
  3. おすすめのキャッシュレス決済【スマホ決済アプリ5選】
  4. おすすめのキャッシュレス決済【電子マネー5選】
  5. おすすめのキャッシュレス決済【クレジットカード3選】
  6. キャッシュレス決済おすすめ比較一覧表
  7. キャッシュレス決済に関するQ&A

キャッシュレス決済とは?

まずは、キャッシュレス決済について分かりやすく解説していきます。外出時の持ちものをコンパクトにまとめたい方や、非接触型決済に関心がある方も、ぜひ参考にしてみてください。

  • 現金不要!カードやスマホで決済が可能
  • 決済サービス独自のポイント還元がある!
  • 決済履歴がデータ化されお金が管理しやすい!

現金不要!カードやスマホで決済が可能

キャッシュレス決済とは、現金を使わずカードやスマホなどで支払う決済方法のことをいいます。店頭に設置された専用端末やQRコードなどを使い、カードやスマホで決済ができる便利な決済方法です。

決済サービス独自のポイント還元がある!

決済サービス先によって、利用分に応じた独自のポイント還元システムがあるところも特徴的です。貯まったポイントは支払いに充当できたり、他のポイントに変換できたりする決済サービスもあるので、ぜひ活用してみてください。

決済履歴がデータ化されお金が管理しやすい!

キャッシュレス決済はデータ化された決済履歴をウェブやアプリ上で確認できるため、支出の管理がしやすくなります。家計簿などの帳簿類が楽に管理できるのは、忙しい現代人にも嬉しいポイントです。

キャッシュレス決済を選ぶ際の3ポイント

キャッシュレス決済は種類も多く、運営している会社や利用できる店舗、お得なキャンペーンなどもさまざまで、どれを選べばよいか分からないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、キャッシュレス決済を選ぶ際に押さえておきたい3つのポイントを解説します。

  1. キャッシュレス決済の〈種類〉で選ぶ
  2. キャッシュレス決済の〈支払い方法〉で選ぶ
  3. キャッシュレス決済の〈ポイント還元率〉で選ぶ

1. キャッシュレス決済の〈種類〉で選ぶ

種類 特徴
スマホ決済
(QRコード・バーコード)
近年拡大し続けているキャッシュレス決済。
スマホ専用のアプリで、QRコードを読み取る、
またはバーコードを提示して支払う。
スマホひとつで完結する手軽さが魅力。
電子マネー 昨今主流となっているキャッシュレス決済。
電子データ化した現金を、カードやスマホで支払う。
交通系・流通系・クレジットカード系に分類されている。
タッチ式が多くスピーディーな決済が可能。
クレジットカード 最も普及しているキャッシュレス決済。
店頭での利用時にカード会社が立て替え、
月次に利用分を合算し後からまとめて払う。
利用可能な店舗が多く、現金が足りないときに便利。
デビットカード シンプルなシステムのキャッシュレス決済。
会計の際、紐づけた銀行口座から利用代金が即時に引き落とされる。
口座残高から支払うので使いすぎを防ぐことができる。

キャッシュレス決済には4つの種類があります。それぞれにメリットがあるので、使いやすさやライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

2. キャッシュレス決済の〈支払い方法〉で選ぶ

支払い方法 特徴
プリペイド型
(前払い)
事前に現金をチャージ(入金)して支払う方法。
残高分のみ使用できるため、
使いすぎを防ぐことができる。
ポストペイ型
(後払い)
連携させたクレジットカードで支払う方法。
利用分を後からまとめて支払うため、
残高不足を気にせずに利用できる。
デビット型
(即時払い)
連携させたデビットカードで支払う方法。
支払いと同時に銀行口座から引き落とされるため、
使いすぎを防ぐことができる。

キャッシュレス決済の支払い方法は3種類あります。プリペイド型とポストペイ型のどちらも利用できるタイプや、上記の3種類すべてを備えたキャッシュレス決済もあるので、自分に合う支払い方法で選ぶのがおすすめです。

3. キャッシュレス決済の〈ポイント還元率〉で選ぶ

ポイントの種類 特徴
通常ポイント 決済サービスを利用することで加算されるポイント。
期間限定ポイント イベントやキャンペーンの開催時などに、条件を
満たすことで通常ポイントに加算されるポイント。
クレジットカードのポイント QRコード・バーコード・電子マネーとクレジットカードを
紐づけて利用することで、通常ポイントに加算されるポイント。

キャッシュレス決済で還元されるポイントは主に3種類です。なかでも注目したいのが、紐づけたクレジットカードの利用やチャージでもらえるクレジットカード会社のポイントです。二重取りができる場合もあるので、ポイントをお得に貯めたい方はキャッシュレス決済サービスと相性のよいクレジットカードを連携するのがおすすめです。

おすすめのキャッシュレス決済【スマホ決済アプリ5選】

ここからは、キャッシュレス決済におすすめの決済サービスをご紹介していきます。まずは近年で利用者が増加し続けている人気のスマホ決済アプリを厳選しました。スマホ決済は、スマホひとつで手軽に利用できるうえ、ポイントが貯まりやすいのも魅力です。どのキャッシュレス決済を選んだらよいか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

スマホ決済アプリ 1.『PayPay』

PayPayのイメージ画像

ーおすすめポイントー
・登録ユーザー数4,100万人突破! 人気のスマホ決済
・利用できるお店は全国で340万カ所以上
・ポイント付与率がUPするキャンペーンを常時開催

ソフトバンクとYahoo!が運営する『PayPay』は、電子マネータイプのキャッシュレス決済です。コンビニやスーパーなどの実店舗はもちろん、Uber Eatsやレコチョクなどのネットサービスに加えて、公共料金や税金の支払いまで幅広いサービスで利用できる人気の高いスマホ決済です。
基本のポイントバックは、加盟店やYahoo!JAPAN対象サービスでの利用なら200円で1ポイントですが、さらに付与率がUPするさまざまなキャンペーンを常時開催。加盟店も多いのでいつもの買いものでサクッとポイントを貯めたい方はもちろん、PayPay経済圏を活用されているソフトバンクやYahoo!ユーザーの方にもおすすめのキャッシュレス決済です。

キャッシュレス決済の種類 スマホ決済(QRコード・バーコード)
支払い方法 プリペイド型/ポストペイ型
加算ポイント PayPayボーナス
ポイント還元率 0.5%

▼「Yahoo!カード」なら7,000円相当(※)のPayPayボーナスがもらえる!

Yahoo!カードのカード画像

「Yahoo!カード」は通常の買いものでも1%のTポイントが還元されますが、今なら新規入会&3回の利用で、最大7,000円相当(※)のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンを実施中です! 現在『PayPay』へ残高チャージができるクレジットカードは「Yahoo!カード」のみとなるので、『PayPay』と連携させるなら「Yahoo!カード」がおすすめです。

※ 新規入会で2,000円相当、さらに申込月を含む2カ月目の末日までに3回ご利用された方に5,000円相当を付与します。PayPayでのご利用等、一部特典の対象外となる場合があります。

スマホ決済アプリ 2.『楽天ペイ』

スマホから楽天ペイで決済をしている画像

ーおすすめポイントー
・楽天ユーザーにおすすめのキャッシュレス決済
・「おすすめしたいキャッシュレス決済」2年連続1位(※1)
・Suicaのチャージ(※2)や利用、発行(※3)も可能

『楽天ペイ』は楽天銀行などの楽天サービスを経由してチャージし、利用するキャッシュレス決済サービスです。利用可能店舗数が多いうえに、ポイントの還元率は1%と普段の買いものでもポイントが貯まりやすく、楽天経済圏でポイントをまとめている方にもおすすめのスマホ決済です。
貯まった楽天ポイントは『楽天ペイ』へチャージして再び電子マネーとして使えるほか、全国の交通機関で利用できる『Suica』へチャージ(※2)することもできるので、楽天ユーザーはもちろん『Suica』を利用している方にもおすすめです。

キャッシュレス決済の種類 スマホ決済(QRコード・バーコード)
支払い方法 プリペイド型/ポストペイ型
加算ポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1%~1.5%(※4)

※1 出典:2020年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査のキャッシュレス決済業種(業種指数化対象企業5社)「推奨意向」指標
※2 楽天ペイからSuicaにチャージできるのは楽天ポイント(通常ポイント)および楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)となります。
※3 「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid端末のみ対応となります。
※4 1.5%の内訳:楽天カードでの楽天キャッシュチャージ時に楽天カードから0.5%還元、チャージ残高(楽天キャッシュ)でのお支払い時に楽天ペイから1%還元、合計で1.5%還元。

▼「楽天カード」からのチャージ&利用で還元率UP!

楽天カードのカード画像

『楽天ペイ』のコード・QR払いなら、楽天カードからチャージして支払うことで、いつでも1.5%(※)のポイントが受け取れます。さらに交通系ICカード『Suica』との連携&チャージでも0.5%のポイントバックが受けられるのも魅力的。新規入会&利用で楽天ポイントがもらえるキャンペーンも頻繁に行っているので、『楽天ペイ』と併せてぜひ検討してみてください。

※ 1.5%の内訳:楽天カードでの楽天キャッシュチャージ時に楽天カードから0.5%還元、チャージ残高(楽天キャッシュ)でのお支払い時に楽天ペイから1%還元、合計で1.5%還元。

スマホ決済アプリ 3.『LINE Pay』

スマホからLINE Payで決済をしている画像

ーおすすめポイントー
・「LINE」ユーザーなら登録が簡単
・『PayPay』の加盟店でも支払いができる
・「LINE」上の友だちと送金や割り勘も可能

『LINE Pay』はコミュニケーションアプリ「LINE」が提供するキャッシュレス決済サービスです。すでに「LINE」を利用している方なら簡単に登録ができるうえ、トークルーム上で送金や割り勘払いができる手軽さもポイントです。
事前チャージが必要なプリペイド型ですが、対象のクレジットカードを登録すれば、支払う分だけ即時にチャージと決済ができるチャージ&ペイ(※)機能を搭載。これにより事前チャージの手間を省いたスムーズな決済が可能になりました。また『PayPay』の加盟店でも支払いができるようになり、利用可能店舗数も一気に拡大。使い慣れたアプリで気軽にキャッシュレス決済を始めたい方におすすめです。

キャッシュレス決済の種類
スマホ決済(QRコード・バーコード)
支払い方法 プリペイド型/ポストペイ型
加算ポイント LINEポイント
ポイント還元率 0.5% チャージ&ペイ(※)のみ加算

※ 「Visa LINE Payクレジットカード」もしくは三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードをLINE Payアカウントに登録することで、事前に銀行口座やコンビニなどから残高をチャージしなくても、LINE Payでのお支払いが可能になる機能。

▼「Visa LINE Payクレジットカード」ならポイントが貯まる!

Visa LINE Payクレジットカードのカード画像

『LINE Pay』の登録対象となっている「Visa LINE Payクレジットカード」なら、チャージ&ペイ(※1)の利用で0.5%VISA加盟店での利用で2%(※2)がLINEポイントとして還元されます。初年度は年会費無料、さらに翌年以降も年1回以上の利用で無料となるので、コンスタントに利用する方ならお得です。カード表面に番号の印字がないのでセキュリティが気になる方にもおすすめです。

※1 「Visa LINE Payクレジットカード」もしくは三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードをLINE Payアカウントに登録することで、事前に銀行口座やコンビニなどから残高をチャージしなくても、LINE Payでのお支払いが可能になる機能。
※2 2022年4月30日までのカードショッピングについて2%還元。一部の支払いを除きます。ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。

スマホ決済アプリ 4.『d払い』

スマホからd払いで決済をしている画像

ーおすすめポイントー
・月々のケータイ代と合算して支払うことができる
・“dポイントカード”の提示でポイントの二重取りが可能
・ポイント還元率がUPするキャンペーンを常時開催

「NTTドコモ」が提供するスマホ決済サービス『d払い』は、ドコモユーザーの方にとくにおすすめのキャッシュレス決済です。月々のケータイ代と合算して支払うことができるうえ、利用できる店舗数が多いので日々の買いものでもdポイントが還元されます。
また基本の還元率は街のお店での利用で0.5%、ネットショップでの利用で1%ですが、支払い時に“dポイントカード”を提示することでポイントの二重取りが可能です。ポイントの還元率がUPするさまざまなキャンペーンも常時開催しているので、ドコモユーザーの方以外も楽しみながらポイントを貯められるところも魅力です。

キャッシュレス決済の種類 スマホ決済(QRコード・バーコード)
支払い方法 プリペイド型/ポストペイ型
加算ポイント dポイント
ポイント還元率 0.5~1%

▼「dカード」の設定&利用でポイント三重取り!

dカードのカード画像

『d払い』の支払い方法を「dカード」に設定して利用することでまず1%がポイントで還元、加えて『d払い』加盟店での利用で0.5%、さらに“dポイントカード”の提示でも加算されるので、最大でポイントの三重取りが可能です。年会費は永年無料なので長期的に利用したい方にもおすすめです。

スマホ決済アプリ 5.『au PAY』

au PAYアプリの画面が表示されたスマホ

ーおすすめポイントー
・提携店舗なら“Pontaカード”の提示&買いものでポイント二重取り
・残高不足の際に便利なオートチャージ機能が充実
・公共料金の請求書を使って自宅に居ながら支払いが可能

『au PAY』は、auユーザーの方もauユーザーでない方も手軽に利用できるキャッシュレス決済です。『au PAY』加盟店での利用でPontaポイントが200円につき1ポイント、さらにPonta提携店舗で“Pontaカード”を提示して買いものをするとポイントが二重で受け取れる嬉しい仕組みも魅力です。
au経由のサービスを利用すれば、決済時に不足分のみ自動でチャージされる“リアルタイムチャージ”や、決済時に設定額未満になった金額が自動でチャージされる“一定額チャージ”など、便利なサービスも利用できます。『au PAY』加盟店かつPonta提携店舗の利用頻度が高い方はとくにおすすめの決済サービスです。

キャッシュレス決済の種類 スマホ決済(QRコード・バーコード)
支払い方法 プリペイド型/ポストペイ型
加算ポイント Pontaポイント
ポイント還元率 0.5%

▼「au PAY カード」Pontaポイントがより貯まる!

au PAY カードのカード画像

「au PAY カードなら、『au PAY』への残高チャージ&利用でポイント還元率が1.5%にUPするうえ、普段の支払い時も利用額の1%が還元されます。さらにさまざまなポイントバックを受けられるお得な特典プログラムもあるので、Pontaポイントをお得に貯めたい方にとくにおすすめのカードです。

おすすめのキャッシュレス決済【電子マネー5選】

ここではキャッシュレス決済のなかからおすすめの電子マネーをご紹介します。電車やバスなどの交通機関を利用されている方ならすでに持っている方も多いのではないでしょうか。また近年はスーパーやコンビニが発行する電子マネーも加わり、決済サービスも充実しています。タッチ式の決済手段が多いのでスピーディに支払いを済ませたい方にもおすすめです。

電子マネー 1.『Suica』

Suicaのカード画像

ーおすすめポイントー
・買いものの支払いだけでなく交通機関も利用できる
・面倒な手続き不要で即時発行が可能
・カードとモバイル、2種類の仕様から選べる

「JR東日本」が発行するキャッシュレス決済『Suica』は、街のお店やネットショッピング、さらに電車やバスなどの交通機関など幅広いシーンで利用できる電子マネーです。事前にJRE POINTへWEB登録をすれば、加盟店での買いものや「JR東日本」の鉄道利用でJRE POINTが貯まるので、通勤や通学時の利用にもおすすめです。
また、カードタイプは駅の多機能券売機やみどりの窓口で、モバイルタイプならスマートフォンにアプリをダウンロードするだけで、即時発行&利用ができるところも嬉しいポイント。北海道から沖縄まで全国100万店以上で利用可能と使い勝手もよいので、電子マネーが初めての方にもおすすめです。

キャッシュレス決済の種類 電子マネー
支払い方法 プリペイド型
加算ポイント JRE POINT(要WEB登録)
ポイント還元率 0.5~2%

▼「イオンSuicaカード」ならWAONポイントからもチャージ可能!

イオンSuicaカードのカード画像

『モバイルSuica』に対応した「イオンSuicaカード」は通常のカードショッピングで0.5%のWAONポイントが受け取れるうえ、イオングループの対象店舗ならいつでもポイントが基本の2倍に。貯まったWAONポイントは『Suica』への残高チャージも可能です。イオングループの利用頻度が高い方におすすめのクレジットカードです。

電子マネー 2.『QUICPay』

スマホからQUICPayで決済をしている画像

ーおすすめポイントー
・使い方に合わせて3つの支払い方法から選べる
・全国133万カ所(2020年12月末時点)以上の場所で利用可能
・対応しているカード発行会社は175社以上!

クレジットカード会社「JCB」が提供する『QUIC Pay』は、対応するクレジットカード・プリペイドカード・デビットカードのいずれかと連携させて利用することができる電子マネーです。175社以上のカード発行会社に対応しているうえ、利用可能店舗数は全国で133万カ所(2020年12月末時点)以上と、幅広いシーンで使えるキャッシュレス決済です。
『QUICPay』独自のポイント還元はないですが、連携するカード会社に応じたポイントが付与されるので、日頃から利用している、またはポイント還元率の高いクレジットカードと連携させるのがおすすめです。

キャッシュレス決済の種類 電子マネー
支払い方法 プリペイド型/ポストペイ型/デビット型
加算ポイント
ポイント還元率

▼「JCBカード W」ならパートナー店での利用でポイント最大11倍!

JCBカード Wのカード画像

『JCBカード W』は『QUICPay』と同じく「JCB」が発行するクレジットカードです。スターバックス(※1)やAmazon、セブンイレブン(※2)などのパートナー店で利用すると、最大11倍のポイントが還元されます。さらに貯まったポイントは1ポイント=3円で、カードの支払いに充当することも可能です。申し込み者の対象年齢は39歳以下と限定されますが、気になる方はぜひご検討ください。

※1 スターバックス カードへのオンライン入金のみ対象となります。
※2 一部対象とならない店舗があります。法人会員の方は対象となりません。

電子マネー 3.『楽天Edy』

楽天Edyカードのカード画像

ーおすすめポイントー
・今年20周年を迎える、日本のキャッシュレス決済のパイオニア
・初めての方でも取り入れやすいプリペイドカードタイプの電子マネー
・楽天ポイントが貯まるお得なキャンペーンを毎月開催!

誕生から今年20周年を迎える『楽天Edy』は、「楽天」が提供するキャッシュレス決済です。スタンダードなプリペイドカードタイプなので、電子マネーが初めての方でも気軽に取り入れやすく、幅広い年代の方におすすめです。おサイフケータイやiPhoneの専用アプリもあるので、スマートフォンでの利用も可能です。
『楽天Edy』加盟店で利用すると0.5%が楽天ポイントとして還元されるほか、“Edyスタンプラリー”や“ポイント山分けキャンペーン”といったさまざまなキャンペーンを毎月開催しているところも魅力です。日頃から楽天経済圏でポイントをまとめている方はぜひ試してみてください。

キャッシュレス決済の種類 電子マネー
支払い方法 プリペイド型
加算ポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 0.5%

▼「楽天カード」なら一気にポイントが貯まりやすい!

楽天カードのカード画像

テレビCMなどでおなじみの「楽天カード」なら、『楽天Edy』へのチャージで0.5%が還元されるので、『楽天Edy』の利用でもらえるポイントと合算して還元率が1%にUPします。また通常のカード払いでも1%のポイント付与があります。ほかにもポイントUPのサービスが充実しているので、日々の支払いをこれ一枚にまとめれば、一気にポイントを貯めることが可能です。

電子マネー 4.『WAON』

WAONのカード画像

ーおすすめポイントー
・イオングループを頻繁に利用する方におすすめ
・会員登録&対象店舗利用でいつでもポイントが2倍(※)
・ポイントUPや割引キャンペーンを毎月特定の日程で開催!

「イオン」が提供するキャッシュレス決済『WAON』は、全国約84.8万カ所(2021年7月現在)で利用できる電子マネーです。通常のポイントバックは200円(税込み)につき1ポイントですが、“電子マネーWAON会員(所有者情報登録)”に登録すれば、イオングループ対象店舗での利用でいつでもポイントが2倍(※)になる嬉しい特典もご用意。
また対象店舗の買いもので、ポイントが5倍になる“ありが10デー”や、5%OFFになる“お客さま感謝デー”など、お得なイベントを毎月開催しているところも大きな魅力です。イオングループを頻繁に利用する方にはとくにおすすめのキャッシュレス決済です。

※ 各種JMB WAON、WAON POINTカード、イオンネットスーパーおよびオンラインショップは対象外となります。実施していない店舗および専門店、特典の対象外の商品・サービスがございます。他のポイントキャンペーン、ポイント倍付企画との併用はできません。

キャッシュレス決済の種類 電子マネー
支払い方法 プリペイド型
加算ポイント WAONポイント
ポイント還元率 0.5%

▼「イオンカード」なら豊富なバリエーションから選べる!

イオンカードのカード画像

「イオン」が提供しているクレジットカードは豊富なバリエーションから自分に合った一枚を選べます。なかでも、イオン銀行のキャッシュカードと電子マネー『WAON』を備えた「イオンカードセレクト」は、『WAON』へのオートチャージと利用でポイントの二重取りができる(※)、大変お得なカードです。年会費も無料なので、イオンユーザーの方はぜひ検討してみてください。

※ 事前にオートチャージの設定が必要です。WAONポイントは、月間オートチャージご利用合計金額に対し、200円ごとに1ポイントをプレゼントいたします。ポイントは翌月17日以降にイオンなどに設置されているWAONステーションまたはイオン銀行ATMでお受取りください。

電子マネー 5.『nanaco』

nanacoカードのカード画像

ーおすすめポイントー
・「セブン&アイグループ」での利用でポイントが貯まりやすい
・利用可能店舗数は全国で80万店以上(2021年6月時点)
・カードやモバイルアプリ(※)、さらにキーホルダータイプもある

「セブン&アイグループ」が提供するキャッシュレス決済『nanaco』は、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど全国で80万店以上(2021年6月時点)のお店で利用できる電子マネーです。定番のカードやモバイルアプリに加えて、携帯に便利なキーホルダータイプもあり、自分に合った仕様を選べるところもポイントです。
通常のポイント還元率は0.5%ですが、ボーナスポイント対象商品やポイントUPキャンペーンなどを定期的に開催。普段の買いものでポイントが貯まりやすいので「セブン&アイグループ」の利用頻度が高い方におすすめのキャッシュレス決済です。事前にチャージして支払うプリペイド型なので、使いすぎが気になる方にもおすすめです。

※ iPhoneには対応しておりません。

キャッシュレス決済の種類 電子マネー
支払い方法 プリペイド型
加算ポイント nanacoポイント
ポイント還元率 0.5%

▼「セブンカード・プラス」ならチャージでもポイント加算!

セブンカード・プラスのカード画像

クレジットカードに電子マネー『nanaco』の機能が付帯する「セブンカード・プラス」。『nanaco』へのチャージで0.5%のポイントが付与されるので、nanacoポイントをより効率よく貯めたい方におすすめのクレジットカードです。通常のカード払いでも0.5%のポイントが還元されるうえ年会費は永年無料なので、お得にポイントを貯めたい方はこちらも併せて検討してみてください。

おすすめのキャッシュレス決済【クレジットカード3選】

最後にキャッシュレス決済のなかからおすすめのクレジットカードをご紹介します。クレジットカードは単体での利用もちろん、さまざまなキャッシュレス決済と紐づけできる利便性の高さが魅力です。また今回ご紹介するクレジットカードは、ほかの決済サービス同様に独自のポイントシステムがあるので、そちらもぜひチェックしてみてください。

クレジットカード 1.『三井住友カード(NL)』

三井住友カード(NL)のカード画像

ーおすすめポイントー
・ナンバーレス仕様だからカード番号が盗み見されない!
・人数制限なし! 家族カードも年会費永年無料
・お得なポイントUPサービスが充実している

『三井住友カード(NL)』は表面にカード番号が印字されない、ナンバーレスタイプのクレジットカードです。すべてのカードに“Visaのタッチ決済”または“Mastercardコンタクトレス決済”を備えているので、安心かつ手軽にキャッシュレス決済を始めたい方におすすめの一枚です。
基本のポイント還元率は0.5%ですが、“Visaのタッチ決済”や“Mastercardコンタクトレス決済”の利用で+2.5%(※2)、さらにセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドでの利用で+2%(※3)のポイントが付与される還元率の高さも魅力です。カード会員本人だけでなくご家族分年会費も永年無料なので、家族カードをお探しの方にもおすすめです。

※1 一部Visaのタッチ決済/Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※2 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

キャッシュレス決済の種類 クレジットカード
支払い方法 ポストペイ型
加算ポイント Vポイント
ポイント還元率
0.5%

クレジットカード 2.『楽天カード』

楽天カードのカード画像

ーおすすめポイントー
・楽天経済圏で“ポイ活”をしたい方におすすめ
・加盟店で提示すればポイントカードとしても利用可能
・楽天市場で利用すると+2倍!

『楽天カード』は「楽天グループ」が運営しているクレジットカードです。独自のポイントUPシステムにより“楽天経済圏”を活用して効率のよい“ポイ活”ができるため、楽天銀行や楽天市場など「楽天」の提供するサービスを利用している方にはとくにおすすめです。
通常のカード払いで1%(※)のポイントが還元されるうえ、楽天市場で買いものをすると還元率が+2倍にUP! よりお得にポイントが貯められるので、普段の買いもので荷物になりがちな日用品や、意外と出費がかさむお中元やお歳暮などの購入に活用するのもおすすめです。楽天市場を利用していない方でも、毎月発生する食費・光熱費・通信費などの固定費を『楽天カード』にまとめるだけでも無理なく“ポイ活”することが可能です。

キャッシュレス決済の種類 クレジットカード
支払い方法 ポストペイ型
加算ポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1%(※)

※ 一部ポイント還元の対象外となる場合がございます。

クレジットカード 3.『イオンカード』

イオンカードのカード画像

ーおすすめポイントー
・豊富なバリエーションから自分に合った一枚を選べる
・イオングループ対象店舗で利用するといつでもポイントが2倍
・毎月20日&30日にイオングループ対象店舗で利用すると5%OFF

「イオン」が発行・運営している『イオンカード』は、イオン銀行のキャッシュカードや電子マネーの『WAON』、交通系ICの『Suica』を搭載したタイプなど、豊富なバリエーションから自分のライフスタイルに合った一枚を選ぶことができるクレジットカードです。
基本のポイントバックはカード払いの利用で0.5%ですが、全国のイオングループ対象店舗で利用すればいつでも基本のポイントが2倍にUPします。また毎月20日・30日には“お客さま感謝デー”と題し、支払代金が5%OFFになるお得なイベントも開催しています。イオン、マックスバリュなどイオングループの利用頻度が高い方にとくにおすすめのクレジットカードです。

キャッシュレス決済の種類 クレジットカード
支払い方法 ポストペイ型
加算ポイント WAONポイント
ポイント還元率 0.5%

キャッシュレス決済おすすめ比較一覧表

ここではおすすめのキャッシュレス決済を一覧表で用意しました。加算されるポイントや還元率、また決済サービスと相性のよいクレジットカードなど、比較する際の参考にしてみてください。

おすすめのスマホ決済比較一覧表

キャッシュレス決済 支払い方法 加算ポイント 還元率 おすすめのクレジットカード
PayPay(android)
PayPay(ios)
・プリペイド型
・ポストペイ型
PayPayボーナス 0.5% Yahoo!カード
楽天ペイ ・プリペイド型
・ポストペイ型
楽天ポイント 1%~1.5% 楽天カード
LINE Pay ・プリペイド型
・ポストペイ型
LINEポイント 0.5%
(チャージ&ペイのみ)
Visa LINE Payクレジットカード
d払い ・プリペイド型
・ポストペイ型
dポイント 0.5~1% dカード
au PAY ・プリペイド型
・ポストペイ型
Pontaポイント 0.5% au PAY カード

幅広いシーンで利用するなら利用可能店舗数が多い『PayPay』、効率のよい“ポイ活”を目指すなら利用する経済圏をまとめやすい『楽天ペイ』がおすすめです。

おすすめの電子マネー比較一覧表

キャッシュレス決済 支払い方法 加算ポイント 還元率 おすすめのクレジットカード
Suica プリペイド型 JRE POINT
(要WEB登録)
0.5~2% イオンSuicaカード
QUICPay ・プリペイド型
・ポストペイ型
・デビット型
JCBカード W
楽天Edy プリペイド型 楽天ポイント 0.5% 楽天カード
WAON プリペイド型 WAONポイント
0.5% イオンカード
nanaco プリペイド型 nanacoポイント 0.5% セブンカード・プラス

電子マネーは流通系や交通系が多いので、使える場所や利用頻度の高さなど自身のライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

おすすめのクレジットカード比較一覧表

キャッシュレス決済 支払い方法 加算ポイント 還元率 年会費
三井住友カード(NL) ポストペイ型 Vポイント 0.5% 永年無料
(家族カードも同様)
楽天カード ポストペイ型 楽天ポイント 1% 永年無料
(家族カードも同様)
イオンカード ポストペイ型 WAONポイント 0.5% 無料

クレジットカードを選ぶ際は、カード会社独自のポイントシステムに加えて、年会費や家族カードが無料で追加できるかなど、付帯サービスも忘れずに確認しておきましょう。

キャッシュレス決済に関するQ&A

最後に、キャッシュレス決済に関するQ&Aをご紹介します。よくある疑問をまとめたので、気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。

Q1. 初心者におすすめのキャッシュレス決済の選び方は?

A. 取り入れやすさや使いやすさで選ぶのがおすすめです。
いつも現金払いをされている方が、必要最低限の現金しか持たない生活にシフトするのは、不安に感じることもあるかもしれません。そこでまず基準にするとよいのが、普段の生活に取り入れやすいか? 現金の代わりとして使いやすいか? という点です。
それでも迷ってしまうという方は、手軽さならスマホ決済、使いすぎを防ぐなら電子マネー、利用シーンの幅広さならクレジットカード、など特徴に合わせて選んでもよいでしょう。

Q2. キャッシュレス決済を店舗に導入するならどれがおすすめ?

A. さまざまな種類の決済手段が行える、決済代行サービスがおすすめです。
キャッシュレス決済にはさまざまな種類があるため、すべてに対応するのは費用も手間も掛かってしまいます。そこでおすすめしたいのが、『エアペイ』や『STORES』などの決済代行サービスです。
決済代行サービスのメリットは、通常必要とする決済サービスごとの端末設置をなくし、決済代行サービスが用意した端末のみで、QRコード・電子マネー・クレジットカード各社の決済サービスを行えるという点です。幅広い決済サービスを取り入れたい店舗におすすめです。

Q3. キャッシュレス決済のデメリットは?

A. 現金を電子データ化しているため、機材トラブルや災害に弱い点です。
キャッシュレス決済は現金を電子データ化して利用するため、端末側のトラブルや故障、災害時の停電などに利用できない恐れがあります。またスマホ決済の場合は、スマートフォン側の通信障害や充電切れのケースなども想定しておく必要があります。
心配な方は万が一に備え、サブで利用するキャッシュレス決済や必要最低限の現金を持ち歩くようにしましょう。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW