FASHION

気温21度の服装は?パーカーやトレーナーはOK?【春夏秋お手本コーデ24選】

2021/06/08

「今日の気温は21度。さて、何を着ていく?」天気予報を見て「21度」と言われても、正直何を着ればいいのか迷って人も多いのでは? また、同じ「21度」でも季節によってコーデを変えてファッションを楽しみたい。今回はそんなワガママ、全部叶えちゃいます! 季節に合わせておしゃれで過ごしやすい装いをぜひ参考にしてみて。

気温21度っていつ頃?

 最高気温が21度に達する時期は、だいたい3月~5月の春と10月11月の秋頃。日中はあたたかく日によっては半袖でも過ごせますが、夜から明け方にかけては15度前後になるので、まだまだ長袖が手放せません

 一方で最低気温が21度に達する時期は、6月7月の夏と9月の秋頃。半袖や薄手の長袖が大活躍の時期ですが、せっかくなら夏と秋とでコーデを変えて楽しみたいですよね。同じ気温ながら季節でファッションを変えるのは、一見難しそうですが実はポイントを押さえれば即マネできちゃうんです!

【最高気温21度】服装のポイント

まずは最高気温21度の日の服装のポイントからチェック! 同じ春とはいえども、冬の寒さが残る3月と夏に向けて暖かくなり始める5月とでは服装が異なります。一方で、秋は季節感を前面に出したスタイリングが◎。お気に入りの長袖トップスを一枚で着られる時期です♪

  • 【春】同じ春でも3月と5月では服装は異なる
  • 【秋】長袖トップスが基本。シーズンムード全開に!

【春】同じ春でも3月と5月では服装は異なる

▼3月

気温21度の日に適した3月のコーデ

暦の上では春だけれどまだ冬の寒さが残る3月。最高気温が21度まで達する日でも、最低気温の差が10度以上になることもしばしば。そんな時期に全身春服で固めると、体が冷えることもあるので要注意! 長袖トップス×ライトアウターの組み合わせに「春カラー」や「春アイテム」を1点だけ投入するくらいがベスト。

▼5月

気温21度の日に適した5月のコーデ

徐々に夏の訪れを感じ始める5月。3月とは違い、最高気温と最低気温との差はあまりない日が多いですそんな寒暖差の激しくない時期の最高気温21度の日は、春服をフル活用できるチャンス! お気に入りのブラウスやシャツを一枚で着たり、半袖に薄手の羽織りものを合わせたりして、春コーデを思いっきり楽しんで♪

【秋】長袖トップスが基本。シーズンムード全開に!

気温21度の日に適した5月のコーデ

秋の最高気温21度の日は、長袖トップス一枚が基本。チェック柄やパイソン柄などの秋にぴったりの柄やマスタードやボルドーなどのこっくりカラーを取り入れて、本格的に秋ファッションを楽しみたいところ。最低気温がぐっと下がる日であれば、冷え対策用にライトアウターを用意しておくと安心です。

【最高気温21度】お手本の服装《春・秋》

服装のポイントをチェックしたら、次は季節別のお手本コーデをみていきましょう! 色や柄、素材などで季節感を演出したおしゃれさん達のコーデ集を厳選してお届けします♪

▼春カラーの定番、ピンクは欠かせない

最高気温21度の日の春コーデ

大人女子ならピンクの取り入れた方にこだわって色っぽく着こなして。ピンクのタックパンツは、カジュアルなデニムジャケットと合わせても、十分女っぽい上品なスタイリングに仕上がります。冬に小物を黒で統一してた人も、春なら白やベージュにチェンジ!

▼ボーダー柄×サロペットのトラッドスタイル

最高気温21度に適した春コーデ

子どもっぽくなりがちなボーダー柄は、ラインの幅が細いものを選ぶのが正解。サロペット×キャスケットでトラッドな少年風に。ベージュのバッグとフラットシューズで優しげなニュアンスを加えて女らしさをひとさじ。

▼清廉潔白な白ワンピースを小物で盛り上げる

最高気温21度の日に適した春コーデ

最高気温21度の日に一枚で過ごしやすい、五分袖のワンピース♪ 清楚な白をチョイスし、キャスケットやかごバッグなどおしゃれな小物で盛り上げた可憐な春のワンピースコーデ。敢えて足元をスポーツサンダルでスポーティーに外すのがおしゃれに仕上げるコツ。

▼パステルカラーを大人っぽく着こなす

最高気温21度の日に適した春コーデ

パステルカラーは着こなしを明るくしてくれるだけでなく顔映えも狙えちゃいます。今が旬のミントグリーンなら、どんなアイテムとも相性がいいので明るい色初心者さんにもおすすめ。 白のきれいめアイテムと合わせて清涼感たっぷりなスタイリングに。

▼リネンジャケットをさらりと羽織る

最高気温21度の日に適した春コーデ

昼と夜や室内と外での気温調節が欠かせないこの時期は、一枚さらっと羽織れるものがあると便利。軽い着心地&体感温度が上がるリネンジャケットは、気温変動が激しい日にぴったり。ショート丈なので、同時にスタイルアップも狙えちゃう優秀アイテム♪

▼ドット柄のバルーン袖ワンピース

最高気温21度の日に適した秋コーデ

Aラインが女らしいワンピースコーデ。ボリューミーなところが可愛いバルーンスリーブや大きなドット柄がコーデにリズムを作ってくれます。黒の小物でまとめることでコーデに統一感が生まれるだけでなく、キュートになりがちなポップな大柄のワンピースをグッと大人な装いに転換。

▼ニットベストを使って奥行きを出す

最高気温21度の日に適した秋コーデ

いつものコーデワンランクアップ上にしてくれる存在感大のニットベスト。最高気温21度の日は長袖トップスと合わせるくらいがちょうどいい。シャツワンピース×レギンスの素朴なモノトーンコーデにやわらかいアクセントが加わり、おしゃれ指数がぐぐっと上昇。

▼カーキのジャケットでスパイスをひとさじ

最高気温21度の日に適した秋コーデ

一点投入すればスパイスが効いたスタイリングに昇華する、辛口スタイル派必須のカーキ。ジャケットとして取り入れて、白Tシャツ×黒タイトスカートのミニマムなスタイリングにミリタリーなニュアンスをプラス。一捻り効かせたおしゃれムード全開な着こなしが完成。

▼シアーニットの透け感がヤボったさを回避!

最高気温21度の日に適した秋コーデ

秋らしい茶色でまとめようと躍起になると、どこかあか抜けない着こなしに。そこで、透け感たっぷりのシアーニットを投入して、ヤボったさを一蹴! コンパクトなチェーンバッグを肩掛けして、都会派カジュアルコーデへとアップデート。

【最低気温21度】服装のポイント

次に最低気温21度の日の服装のポイントをチェック! 最高気温21度の日とは違い、日中はぐんと気温が上がることが多いため、涼しげな半袖トップスや薄手のトップスが◎。季節に応じてアイテムの素材や色合いを考えて、季節に合ったスタイリングにしましょう♪

  • 【初夏】アイテムだけではなく、色合いや素材も夏らしく
  • 【秋】夏の装いをベースに色や柄で秋要素をプラス

【初夏】アイテムだけではなく、色合いや素材も夏らしく

最低気温21度の日に適した初夏コーデ

最低気温が21度の初夏は、そろそろ夏らしい服装が着たくなる時期。コーデを涼しげにするためにただ半袖にするだけじゃ芸がありません。素材や色合いも意識して、ワンランク上の初夏のスタイリングを楽しんで!

【秋】夏の装いをベースに色や柄で秋要素をプラス

最低気温21度の日に適した秋コーデ

暑さが残りつつも秋の足音が聞こえる、最低気温21度の秋頃。夏・秋どっちも欲張りにコーデに取り入れちゃいましょう! 素材や色などまずは簡単なところから夏のスタイリングを基本に色や柄で秋要素をプラスするのが吉。

【最低気温21度】お手本の服装《初夏・秋》

服装のポイントをチェックしたら、次は季節別のお手本コーデをみていきましょう! 色や柄、素材などで季節感を演出したおしゃれさん達のコーデ集を厳選してお届けします♪

初夏

▼エネルギッシュなカラーを身にまとって

最低気温21度の日に適した初夏コーデ

エネルギッシュなイエローパンツが夏っぽさを感じさせるコーデ。チュニック丈の白のブラウスと合わせれば、パワフルなイエローがさらに際立つ。パイソン柄のバッグで辛口なスパイスを加えつつ、白のサンダルで爽やかさも欲張りにプラスして。

▼ストライプ柄は寒色の色で爽やかに着こなす

最低気温21度の日に適した初夏コーデ

縦ラインがスタイルアップを叶えてくれるストライプ柄。夏は寒色系の色を爽やかに着こなしたい! ロング丈のワンピースに投入すれば脚長効果が絶大です。柄物は他のアイテムを白やベージュなどのベーシックカラーで統一すれば、上手くコーデがまとまります。

▼シーズンムード満点のリネン素材がつかえる

最低気温21度の日に適した初夏コーデ

リネン素材は涼しく着られるだけでなく一気にシーズンムードを出すことができるので、一着はもっていたいところ。リラックスながらも、季節感満載の旬顔スタイルに! 全体を淡いトーンでまとめたナチュラルなカジュアルコーデ。

▼総レーススカートが大人レディに♪

最低気温21度の日に適した初夏コーデ

シンプルな白Tシャツに総レーススカートを合わせてレディな着こなしに昇華。定番の白Tシャツはカジュアルスタイルに舵を切ってしまいがちなので、たまには甘さたっぷりのボトムスを選んでスタイリングの幅の広さをアピールするのも◎。

▼見た目は秋らしく、体感は涼やかに

最低気温21度の日に適した秋コーデ

秋コーデに仕上げたいけれど暑苦しいのは避けたい……! そんな欲張りな大人女子にイチ押しなのが、ニットベスト。この時期はTシャツやノースリーブトップスの上から重ねるとおしゃれなレイヤードスタイルに。足元はスポーツサンダルで軽快にまとめて。

▼シアー素材のティアードトップス

最低気温21度の日に適した秋コーデ

透け感たっぷりのシアーブラウスなら、長袖でも涼やか。トレンド最前線の素材とデザインの掛け合わせは、ヤボったく見えがちな渋色を都会風カジュアルスタイルへとブラッシュアップしてくれます。シンプルなデニムパンツでトップスの魅力を引き立てて。

▼秋らしさを連想させるこっくりとした配色

最低気温21度の日に適した秋コーデ

秋が近づくと着たくなる茶系のこっくりした色は、どんな色とも相性抜群の優秀カラー。デザインが特徴的なワンショルダーのサロペットスカートがコーデに立体感を生んでくれます。色合いに工夫を凝らすと、半袖を着ながらも秋っぽい着こなしを楽しめます♪

▼花柄スカートは落ち着いた色合いがマッチする

最低気温21度の日に適した秋コーデ

白や淡い色の花柄スカートを着たい春と違って、秋には落ち着いた色合いの花柄スカートをコーデに取り入れると◎。ロング丈でモノトーン配色にも関わらずコーデが軽やかなのは、スカートとショートブーツの間から垣間見える肌見せでひっそり引き算をしているから。

《番外編》パーカーやトレーナーは気温21度のとき使える?

季節の変わり目の時期に重宝するパーカーやトレーナー気温21度の服装に適しているのか気になる人も多いのでは? そこで最後に、気温21度の日にパーカーやトレーナーを活用するポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

  • 【最高気温21度】日中は少し暑い。夕方過ぎからのお出かけは◎
  • 【最低気温21度】NG。半袖のスウェットトップスならOK!

【最高気温21度】日中は少し暑い。夕方過ぎからのお出かけは◎

最高気温21度の日のポイント

最高気温21度の日の日中は、パーカーやトレーナーだと汗ばむ可能性大徐々に気温が下がっていく夕方過ぎのお出かけならパーカーやトレーナー一枚で快適に過ごせます♪

【最低気温21度】NG。半袖のスウェットトップスならOK!

最低気温21度の日のポイント

最低気温21度の日にパーカーやトレーナーを着るのはなるべく避けて。体感温度が下がる雨の日でさえも、暑苦しく感じやすいです。スウェット素材のトップスを着たいのであれば、半袖のものをチョイスして!

『気温別の服装』関連記事をあわせてチェック!

気温別の服装に関する記事をもっと読みたい! という方は、以下のおすすめ記事も是非チェックしてみてください。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW