気温19度の服装は?「春・秋」季節の変わり目の着こなし術【39選】

気温19度っていつ頃?

気温19度っていつ頃?のイメージ画像

 東京で最高気温19度になるのは春だと4月頃、秋だと10月から11月上旬頃。また最低気温19度ぐらいになるのは、春から夏に向けての季節の変わり目に当たる5~6月頃と、夏の暑さが残る9月頃
 この時期は、天気の変化も大きく、日によって寒暖差も大きいので服装選びに迷いがち。お手本コーデをチェックしながらベストな服装選びをマスターしましょう。

【春】の気温19度の服装

まずは春の気温19度の日におすすめの服装を最高気温・最低気温別にお届けします! 同じ気温19度でも、最高気温と最低気温とではコーデは様変わり。ぜひ参考にして、快適な服装を目指しましょう。

【最高気温19度】ライトアウターの出番

最高気温19度は、ちょうど4月の陽気。この時期は最低気温が10度前後になることも多く、夜はかなり寒く感じることも。春アウターを上手に使って体温調整を心がけてみて。

▼フレンチシックにまとめて爽やかに♪

春の最高気温19度におすすめのコーデ

ロング丈のライトコートは、最高気温19度の日にぴったりな春アウター。夜の冷え込みにも対応できるので、お気に入りを一枚もっていると便利。ステンカラーコート×ワイドパンツのシンプルコーデに真っ白のスニーカーを合わせて、フレンチシックスタイルに♪

▼甘さ控えめな大人フェミニンコーデ

春の最高気温19度のおすすめのコーデ

ふんわり柔らかなベージュのトレンチコート。Tシャツ×デニムの定番コーデに羽織れば、甘さ控えめな大人フェミニンの完成。全体がぼやけないように、引き締めカラーの黒をプラスしてメリハリをつけて。

▼襟を抜いた着こなし方が今っぽい

春の最高気温19度のお手本コーデ

大人の余裕を感じさせるブラウンのトレンチコートは、襟を抜いてゆるく着るとさらに抜け感が加わりGOOD。ロゴTシャツにさらっと羽織ったら、ブラウンとなじみがいい優しげなピンクのスカートをアクセントにして。

▼ミントグリーンのパンツできれいめな印象にシフト

春の最高気温19度のおすすめコーデ

デニムジャケットも、この時期最適なライトアウターのひとつ。デニムジャケット×Tシャツのカジュアルコーデに、ミントグリーンのパンツを合わせてきれいめな印象にブラッシュアップ! パイソン柄サンダルでエッジを効かせると◎。

▼ポップなスカートを穿いて大人かわいいスタイルに

春の最高気温19度のおすすめコーデ

デニムジャケットにドット柄のフレアスカートを合わせた大人かわいいスタイル♪ 白のスニーカーがTシャツとリンクして、爽やかさが倍増。ボリュームたっぷりなポップなボトムスも、ショート丈のライトアウターならバランスアップも間違いなし!

▼シンプルなモノトーンコーデで潔く

春の最高気温19度のおすすめコーデ

最高気温19度の日は、晴れた日中のみのお出かけだったら、アウターいらずの長袖一枚で過ごせます。清潔感あふれる白のVネックニットにワイドパンツを合わせた大人シンプルなスタイルがGOOD!

▼パーカー×プリーツスカートで甘辛MIXに

春の最高気温19度のおすすめコーデ

ほどよい厚みのパーカーやスウェットが、この時期の快適な服装をアシストしてくれる。女性らしいロングプリーツスカートを合わせて甘辛MIXにしたら、小ぶりのレザーバッグでスパイスを加えて。

【最低気温19度】晴れた日は半袖を解禁

最低気温19度の日は、ちょうど春から夏への転換期にあたる5~6月頃。最高気温が25度の夏日を超えることもあるので、日中はかなり暖かく汗ばむことも。晴れた日なら半袖でも過ごせますが、ちょうど梅雨にあたるので羽織りもあると安心です。

▼洗練された女らしいカジュアルスタイル

春の最低気温19度のおすすめコーデ

この時期の昼間は、夏日になることもあるので半袖でも過ごせます。夏を感じさせる鮮やかなピンクのトップスにデニムパンツを合わせて、女らしさ抜群のカジュアルスタイルに。バッグと靴でクリーンな白をプラスして、洗練された着こなしにシフトして。

▼定番Tシャツコーデは、ボトムス選びが鍵

春の最低気温19度のおすすめコーデ

定番のTシャツをおしゃれに仕上げるには、ボトムス選びが肝心です。ゆるっとしたワイドパンツの淡いイエローカラーが、夏の先取りコーデにぴったり♪ カラフルなトートバッグを持って、おしゃれ指数をぐぐっと高めて。

▼まろやかな暖色カラーでまとめて大人の女性らしさを演出

春の最低気温19度のおすすめコーデ

夜までお出かけするときや雨でいつもよりひんやりするときなどは、薄手のカーディガンが一枚あると体温調節しやすくて◎。軽く羽織れるショート丈なら荷物にならないので楽ちんです。全体をまろやかな暖色カラーでまとめた柔和な大人女子コーデ。

▼ブラウンのカーディガンで柔らかく引き締める

春の最低気温19度のおすすめコーデ

透明感のあるパープルのワンピースは、ブラウンのカーディガンを肩掛けして柔らかく引き締めて。シンプルコーデのときは、小物でシーズンムードを盛り上げるのが正解。日差しが強くなる時期でもあるので、サングラスで日焼け対策するのもおすすめ。

▼こなれ感抜群のボーダーコーデ

春の最低気温19度のおすすめコーデ

長袖~七分袖の薄手カットソーなら、日中も夜も快適に過ごせて着心地も抜群。永遠の定番、ボーダー柄のカットソーとデニムの色のトーンを合わせるとこなれ感満点! 地味にならないように白のバッグと靴を合わせて、クリーンな印象に。

▼無地のカットソーはシルエットが命!

春の最低気温19度のおすすめコーデ

無地の白のカットソーは全体のシルエットを意識すると、無難とは無縁の都会風な着こなしが完成します。少しゆったりとしたサイズを選んでナチュラルなワッシャースカートパンツと合わせて、今が旬のゆる×ゆるスタイルに。

【秋】の気温19度の服装

次に秋の気温19度の日におすすめの服装を最高気温・最低気温別にお届けします! 秋から冬への季節の変わり目なので、晴れたと思ったら秋雨が降ったりと、この時期も服装選びに苦労するもの。お手本コーデを見ながら、ベストな服装が選べるようにしてみて。

【最高気温19度】寒暖差に要注意!

秋の季節に最高気温が19度になるのは、10月~11月上旬にかけて。この時期は、夜になると気温10度前後まで下がる日もあるので、寒暖差対策は必須。天気予報を見ながら、アウターを取り入れるかどうか検討して。

▼もち運びやすいニットカーディガンが使いやすい

秋の最高気温19度のおすすめコーデ

10月初めの寒暖差が少ない時期は、軽い羽織りをプラスして上手に体温調節を。ニットカーディガンはコンパクトにできるので持ち運びにも便利。レオパード柄のミニバッグを持ってさりげなく秋らしさを取り入れて。

▼重厚感のあるライダースで秋らしい着こなしをアシスト!

秋の最高気温19度のおすすめコーデ

秋が深まってくると、だんだん寒暖差も大きくなってきて夜は冷え込むことも。ウールコートはまだ早い、そんな時期におすすめなのがライダースジャケット。ほどよい重厚感で、秋らしい着こなしをアシスト!

▼デニムジャケットは秋にも大活躍間違いなし

秋の最高気温19度のおすすめコーデ

デニムジャケットも、この時期欠かせないライトアウターです。きれいめなブラックコーデにデニムジャケットを羽織って、大人カジュアルに仕上げてみて。ハンドバッグでまろやかなブラウンを足して、女らしさをひとさじ。

▼ペイズリー柄のストールのおかげでコーデの深みが倍増

秋の最高気温19度のおすすめコーデ

最高気温19度の時期は、冬に向かって天気がコロコロ変わりやすい困った季節。そんなとき秋らしい大判ストールがあると温度調節しやすくて便利。ダンボールニットのセットアップにペイズリー柄のストールをプラスすれば、コーデの深みもアップしておしゃれ見え!

▼定番のワンツーコーデに奥行きをON!

秋の最高気温19度のおすすめコーデ

ベージュのチェックストールなら、ふんわり柔らかな雰囲気をプラスしてくれる。定番のワンツーコーデに奥行きをONできるので、お気に入りのストールを何枚かワードローブにストックしておくとコーデの幅が広がるはず!

【最低気温19度】夏服で秋らしさを演出

最低気温19度になるのは、9月の残暑が残る時期。日中の最高気温が25度を超えることもしばしばあり、夏っぽい暑さが残る日も。まだまだ本格的な秋冬アイテムを投入するのは早いので、秋らしい色や柄、小物を使って季節先取りコーデを作ってみて

▼秋らしさ満点のカーキのベイカーパンツ

秋の最低気温19度のおすすめコーデ

この時期は、「形は夏だけれど色は秋」なアイテムを取り入れると、季節先取りのおしゃれコーデが楽しめる。黒のTシャツにカーキのベイカーパンツを合わせてカジュアルコーデを秋仕様に。黒小物でシックな印象をプラスして。

▼黒×ブラウンの上品配色の初秋コーデ

秋の最低気温19度のおすすめコーデ

ボトムスをこっくりした秋カラーにすると、より季節感が高まって気分もアップ! 黒×ブラウンの上品配色とフレアスカートでレディに仕上げたら、黒のレザーアイテムでリュクスな雰囲気をまとって。

▼ギンガムチェック柄で秋の気分を盛り上げて

秋の最低気温19度のおすすめコーデ

秋の気分を盛り上げるギンガムチェック柄のタイトスカートを投入すると、着こなしが一気に秋仕様にシフト。黒のタイトなトップスでクラシカルに決めたら、ラウンド柄のチェーンバッグで可愛らしさを加えて。

▼秋らしさを演出できるスエード素材

秋の最低気温19度のおすすめコーデ

あたたかみのあるスエード素材は、秋らしさを演出するのにぴったり! ロング丈ならこなれ感もプラスできるので、大人女子にぴったりな雰囲気が作れる。ショートブーツやレオパード柄のバッグをプラスして、奥行きのある秋コーデに。

▼カーキ×黒の配色が大人かっこいい!

秋の最低気温19度のおすすめコーデ

気温があまり上がらない日は、長袖一枚で快適に過ごせるはず。大人かっこいいカーキのシャツを黒のテーパードパンツにウエストインしたスタイルは、この時期にぴったりなおしゃれコーデ。

▼ドレッシーな上半身をデニムでカジュアルダウン

秋の最低気温19度のおすすめコーデ

それなりに気温が上がる日は五分丈のトップスがおすすめ。クラシカルなパフスリーブブラウスは、黒で取り入れると甘くなりすぎず大人っぽく決まる。そこにパールのネックレスを添えてドレッシーに仕上げたのを、デニムでカジュアルダウンさせるのが大人女子流。

▼ロングブーツで露出を抑える

秋の最低気温19度のおすすめコーデ

レトロな雰囲気が漂うチェック柄のミニワンピース。ミニ丈のワンピースは一枚だと幼く見えがちなので、ロングブーツ×黒のストッキングで足の露出を抑えて大人っぽく仕上げるのが正解。大人のかわいさを演出したバランスが秀逸。

【冬】の最高気温19度のとき、服装はどうする?

冬の季節でも最高気温19度に達する日がごく稀にあります。日中はウールコートやダウンコートだと暑すぎますが、逆にライトコートだけだと夜間の冷えが心配。そんなときはライトコートを重ね着するのがベスト。温度調節がしやすく、一日中快適に過ごせます♪

ニットカーディガン×デニムジャケット×Tシャツ

冬の最高気温19度のおすすめコーデ

デニムジャケット×Tシャツの上にローゲージのニットカーディガンを羽織って温感をプラス。ライトアウター同士の重ね着はどうしても厚みが出てしまうので、ボトムスはコンパクトにまとめると、ヤボったく見えません。

ニットカーディガン×デニムジャケット×パーカー

冬の最高気温19度のおすすめコーデ

最低気温が低い日は、一番下のトップスも厚手のものにチェンジ。ロング丈のニットカーディガンなら腰回りの冷え対策も万全です。温感がアップするだけではなく、コーデに奥行きも出るレイヤードスタイルは、まさにいいことずくめのコーデ。

【パーカー】や【ワンピース】は使い勝手抜群!

ワードローブの中に一枚はある「パーカー」や「ワンピース」。気温19度の日はどうやって着こなせばいい……? そこで、ここではパーカーとワンピースのそれぞれを使った、最高気温19度と最低気温19度の日におすすめのコーデをご紹介します

【パーカー】はゆったり着るのが今の気分♪

▼最高気温19度

カジュアルの定番トップスの「パーカー」。ジャストサイズより少し大きめのサイズを選んでゆったり着こなすのが今どき! 日中はパーカー一枚でもOKですが、朝方や夜間はぐっと気温が下がることもあるので、その上からライトアウターを羽織ると安心。

▼最低気温19度

最低気温19度のおすすめのパーカーコーデ

最低気温19度の日は、パーカー一枚で充分! 上からアウターを羽織らないときは、一回り大きいサイズを選んでダボっと着こなすのもGOOD。巷のおしゃれさんの中では、あえてメンズサイズのパーカーを着るのも流行っているんだとか。

【ワンピース】は素材で変化させて

▼最高気温19度

最高気温19度のおすすめのワンピースコーデ

厚手でもなく薄手でもないスウェット素材のワンピースは、この時期重宝することまちがいなし! 鮮やかなカラーを選んでスウェット素材のカジュアル感を抑えるのがポイント。そこに白のマウンテンパーカーを羽織れば、爽やかなお出かけコーデが完成。

▼最低気温19度

最低気温19度のおすすめのワンピースコーデ

アウターいらずの最低気温19度の日は、シアーワンピースを着て透明感と涼やかさとまとって。一枚だけだとラフすぎるので、マキシ丈のスカートを下に忍ばせてワンピースの裾からチラ見せさせると◎。全体を茶系で統一したナチュラルスタイル。

【天気】に応じて服装を変えてもっと快適に♪

季節や気温が同じでも、天気によって体感温度は全く違います。季節や気温に加えて、その日の天気に応じたスタイリングをすれば向かうところ敵なし!

最高気温19度×【晴れ】

▼春

最高気温19度×晴れの春コーデ

最高気温19度の晴れの日は、日差しの影響で日中はかなり暖かくなるので、白のカットソー一枚でも快適に過ごせそう。淡いミントグリーンのカーディガンを肩掛けして夏を先取りしつつ、夜の冷え込みに備えると安心。

▼秋(冬)

最高気温19度×晴れの秋(冬)コーデ

晴れの日には寒暖差対策に黒ライダースが使える! レザー素材は水に弱いので、雨やくもりの日は避けたほうが◎。マドラスチェック柄のパンツでシーズンムードを一気に高めて。

最高気温19度×【くもりor雨】

▼春

最高気温19度×くもりor雨の春コーデ

夜の冷え込みに要注意の春の最高気温19度の日。くもりか雨なら、よりいっそう冷え込みます。日中でもひんやり感じるときがあるので、体感に応じて微調整できるようなレイヤードスタイルがおすすめ。

▼秋(冬)

最高気温19度×くもりor雨の秋(冬)コーデ

秋(冬)の最高気温19度の日は、夜になると気温が10度前後になりやすいので、長袖×ライトアウターがちょうどいい。ライトアウターは雨に濡れても安心な素材をチョイスして。

最低気温19度×【晴れ】

▼春

最低気温19度×晴れの春コーデ

最高気温が夏日に達することもある春の最低気温19度の日に、強い日差しが加わると体感温度も一気に急上昇! 日中は半袖一枚でも過ごせますが、紫外線対策も兼ねて薄手の羽織りものを用意しておくとGOOD。かごバッグを持って季節感をプラス。

▼秋(冬)

最低気温19度×晴れの秋(冬)コーデ

残暑を強く感じる晴れの日は、へリンボーンなど秋冬らしい柄を使ったトップスを一枚で着るのがイチ押し。ファーバッグでシーズンムードを盛り上げつつ、華やぎを添えて。

最低気温19度×【くもりor雨】

▼春

最低気温19度×くもりor雨の春コーデ

白のタンクトップに保温性・通気性に優れているコットンガウンを羽織って、いつもよりひんやり感じる雨やくもりの日でも快適に過ごして。レイン対応のバレエシューズを履いて雨対策も万全に♪

▼秋(冬)

最低気温19度×くもりor雨の秋(冬)コーデ

残暑も残るこの時期の雨やくもりの日は、白のTシャツに薄手のカーディガンを羽織るくらいがちょうどいい。もし暑くなってきたら、腕をまくったり、カーディガンを脱いで肩掛けしたりなど、自由自在に温度調節ができます。足元はレインブーツがベスト!

『気温別の服装』関連記事をあわせてチェック!

気温別の服装に関する記事をもっと読みたい! という方は、以下のおすすめ記事も是非チェックしてみてください。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW