【器が小さい男性】の特徴と上手に付き合うための対処法
恋愛心理学

【器が小さい男性】の特徴と上手に付き合うための対処法

2022/04/15

小さなことですぐ怒る「器が小さい男性」が身近にいる人も多いはず。器が小さい人と上手に付き合っていきたいなら、特徴や心理を把握しておきましょう。対処法も要チェックです。

(1)器が小さいと思われる人の特徴

器が小さい人は、周囲の人に気を配るより自分のことを考えがちです。『得か損か』が行動の基準になっており、自分だけ嫌なことから逃れようとするケースも珍しくありません。

責任感に欠けるのも器の小さな人の特徴です。トラブルが起こったときも「自分は悪くない」と言い訳をするのに必死で、誰かに責任をなすり付けてしまう人も多いでしょう。

(2)器が小さい人の心理

器が小さい人は、自分に自信がないことが多いようです。自分自身を評価できていないからこそ、他人からどう見られているかが気になってしまいます。

また、器が小さい人は、自分さえよければいいという自己中心的な考えを持っています。自分の得になる行動を取るため、周囲の人が迷惑をこうむってもお構いなしです。

(3)器が小さい男性への対処法

shutterstock.com

相手が上司の場合は、無難に対処しないと働きづらくなるかもしれません。ささいなことでも感謝したりオーバーなくらいに持ち上げたりして、いい気分になってもらうのがよいでしょう。

彼氏や旦那が器の小さい男性なら、一時しのぎの対応ではストレスがたまる一方です。考え方や振る舞いなど、直してほしいところは冷静にしっかり話し合いましょう。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW