【夢占い】交通事故の夢の意味意味とは?車の状況や持ち主別に解説

交通事故の夢が持つ意味

交通事故の夢には、一体どのような意味が秘められているのでしょうか。まずは、交通事故の夢が持つ基本的な意味から確認していきましょう。

交通事故の夢は、不注意や急ぎすぎに対する警告夢

交通事故の夢を見たあなたは、何かに集中し過ぎるあまり、いつになく浮き足立った状態にあるようです。ふわふわと地に足が付かず、注意力もやや散漫になっているのではないでしょうか。

交通事故の夢は、そんなあなたに対する潜在意識からの警告です。何かを強く追い求めることは決して悪いことではありませんが、周囲が見えなくなるほどに突っ走ってしまえば思いがけないトラブルを引き起こさないとも限りません。

あなたの潜在意識は「もっと周囲へと目を向けて」「焦らないで」と告げています。あなたが思い描く理想の未来を手にするためにも、冷静さを失わずにいることを大切にしましょう。

警告夢を見たときの対処法

『警告夢』は、『予知夢』や『願望夢』などと並ぶ夢の種類の一つで、身近に迫った危機を告げる潜在意識からのメッセージです。

あくまでも「このままじゃいけないよ」という事前の忠告であることから、警告夢を見たからといって「もうすぐ悪いことが起きるんだ」と落ち込む必要はありません。

その夢に隠された意味をひも解き、自分自身を振り返ることで、迫る危機は十分に回避できるでしょう。

【車の状況別】交通事故の夢の意味

交通事故の夢は、そのシチュエーションによっても意味合いが変わります。あなたの見た夢をより詳しく読み解くヒントとして、シーン別の意味を確認していきましょう。

【追突した】場合の交通事故の夢

自分が運転する車が追突事故を起こす夢は、あなたの何気ない言動が原因となって対人関係のトラブルを招く暗示です。

追突した夢を見た際は、周囲の人に対する振る舞いについて見詰め直してみましょう。

親しい関係だからとついぞんざいな扱いをしてしまったり、不用意な言葉を掛けてしまったりといった心当たりはないでしょうか?

この時期は、そんな何気ない言動が深刻な結果を招く可能性が高まっています。『親しき仲にも礼儀あり』を忘れず、思いやりのある言動を心掛ける必要があるでしょう。

【車をぶつけられた場合】の交通事故の夢

車をぶつけられた夢は、あなたが計画していたことや進めていたことに予想外の邪魔が入る暗示です。

具体例としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

・全力で進めていた仕事が上からの指示で白紙になる
・ほかの女性が恋人へとアプローチを始める
・思いがけない出費で長年の夢だった旅行の計画が中止になる 

この夢が意味するのは、『自分ではどうすることもできない理不尽な出来事』です。事前の予測が困難なだけに、未然に防ぐのは簡単ではありません。

「何だかおかしいな」「いつもとは違うな」といった自身の感覚を大切にすることで、被害を最小限に留めることができるでしょう。

【車が暴走して衝突した】場合の交通事故の夢

車が暴走して衝突する夢を見たあなたは、感情が先走って冷静さを失っていたり、判断力を欠いたりと、本来の自分を見失いかけた状態にあるようです。

可能性としては、恋愛や仕事など『何かに盲目的になっている』『先を急ぎ過ぎている』といったシチュエーションにあることが考えられるでしょう。

本気で取り組んでいるものに対して結果を求めたくなるのは自然な感情ではありますが、そのせいでトラブルを招いてしまっては本末転倒です。

結果を求めるからこそ、自分自身を客観視して柔軟な思考を持つことが大切と言えるでしょう。

【交通事故を目撃した】場合の交通事故の夢

自分自身が交通事故の当事者ではなく目撃者となる夢は、過去の過ちに対する後悔の表れと判断できます。

夢の中であなたが目撃した事故の当事者は、実はほかでもない過去のあなた自身です。過去の自分の犯した過ちを、現在のあなたが目撃者として客観的に見詰め直しているのが、この交通事故を目撃する夢と言えるでしょう。

今のあなたは、自分の何が悪かったのか、どうすべきだったのかをしっかりと理解しています。過去をやり直すことはできませんが、その経験を未来へと生かすことで、心の痛みは徐々に和らいていくでしょう。

【車の持ち主別】交通事故の夢の意味

中には「身近な人が交通事故を起こす夢を見て不安になった」という人もいるのではないでしょうか。自分以外の人が交通事故を起こす夢の意味をチェックしていきましょう。

【家族が事故に遭う】場合の交通事故の夢

家族が事故に遭う夢は、あなたの中にその人物に対する何らかの負い目や後ろめたさが存在する暗示です。

「あんなこと言うんじゃなかった」「もっと大切にするべきなのに」と感じながらも行動に移せない葛藤が夢として表れたものがこの『家族が事故に遭う夢』なのです。

夢の中の事故が大きければ大きいほどに、あなたの抱える負い目や後ろめたさも大きいと判断できます。

過去の経緯はどうあれ、自分から行動を起こすことが、あなたの望む幸せな関係性を手に入れる鍵となるでしょう。

【友人が事故に遭う】場合の交通事故の夢

この夢が示唆するのは、友人の身に降りかかる不幸ではなく『あなたの心の奥に隠された友人に対するライバル心や不満・嫉妬などのネガティブな感情』です。

どんなに仲の良い友人だったとしても、お互いに全く不満がない関係を築くのは簡単なことではありません。

むしろ、仲が良いからこそ、自分と相手を比べて心がざわついてしまうのが人間の心理と言えるでしょう。

自分の気持ちを否定せず、素直に受け入れることで、2人の友情はより強固なものとなるはずです。

【嫌いな人が事故に遭う】場合の交通事故の夢

嫌いな人が事故に遭う夢は、「相手に一泡吹かせたい」「あの人が許せない」といったあなたの感情がありのまま表れたものと判断できます。

夢の中で相手が負ったけがのダメージの大きさは、あなたの抱く攻撃性の大きさに比例していると言えるでしょう。

なお、目覚めの気分がスッキリとしていたのなら、夢を通じてあなたのストレスが十分に発散されたと考えられます。

当面は自制心を保てそうですが、それでもなお相手に対する嫌悪感が拭えないようならば、あなた自身の心の健康のためにも何らかの行動を起こす必要があるでしょう。

【車以外の乗り物別】交通事故の夢の意味

「交通事故は交通事故でも、車の事故ではなかった」。そんな夢を見たときはどう考えるのが正解なのでしょうか。車以外の事故の夢が持つ主な意味を紹介します。

【バイク・自転車】場合の交通事故の夢

バイクや自転車で事故に遭う夢は、『行動範囲や活動の幅を広げることで生まれるリスクの暗示』です。

言い換えるとこれは、『挑戦することで生じるリスク』になりますが、とはいえ、挑戦にリスクは付き物です。必要以上に警戒せず、自分らしく進むことでおのずと良い結果を手にできるでしょう。

なお、もともとバイクに乗れない人がバイクで事故に遭う夢を見た場合、そこには強い孤独が潜んでいる可能性が高そうです。

自分から積極的に人と関わる機会を持つことで、心の安定を取り戻すことができるでしょう。

【歩いていて引かれた】場合の交通事故の夢

あなたに何の落ち度もなく、ただ歩いているときにひかれてしまう夢を見たときは、「トラブルに見舞われる前に考え方を改めましょう」という潜在意識からの警告と考えられます。

今のあなたには、考え方や振る舞いに一部改善すべき箇所があるようです。それを放置した場合、人間関係が悪化したり、不意に足元をすくわれたりなど、何らかの問題が生じる可能性が否定できません。

特に、夢の中でひかれたことによって負ったけがが大きなものだった場合、将来的に生じる問題も深刻なものとなる可能性が高そうです。これを機に、自分の内面と正面から向き合ってみるのがおすすめと言えるでしょう。

まとめ

交通事故の夢は、間近に迫るトラブルやアクシデントを示唆する警告夢の一つです。夢の内容を丁寧に振り返り、その意味を理解することで、訪れる危機を未然に回避できるでしょう。

また、自分以外の人が事故に遭う夢は、その人と自分との関係について見詰め直すきっかけとなるものです。

交通事故の夢が秘めた意味を読み解き、よりよい未来へと役立てていきましょう。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW