ネイビーに合う色で作る【22のお手本コーデ】春夏秋冬の着こなしまで丸わかり!
色合わせ

ネイビーに合う色で作る【22のお手本コーデ】春夏秋冬の着こなしまで丸わかり!

2022/05/26

品の良さや洗練された雰囲気を併せ持つ「ネイビー(紺色)」は、コーデを組むうえで合わせやすい色のひとつ。しかし、万能がゆえにマンネリしてしまう……という方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、ネイビーに合う色別のコーデから、ネイビーに合う色で作る季節別コーデまでたっぷりお届けします。

【黒】ダーク合わせで知的な印象に

上品なネイビーをキリッと大人っぽく引き締めてくれる黒。いずれもダークカラーなので、異素材のものを組み合わせたり、ほどよく肌見せしたりすると◎。

▼ネイビーオールインワン×黒チェーンバッグ

ネイビーオールインワン×黒チェーンバッグコーデ

ネイビーの襟付きオールインワンに黒のポシェットとサンダルを合わせたシンプルスタイル。手首や足首を出して抜け感を意識しつつ、ゴールドのチェーンで華やかさをプラスすると軽快な印象にまとまります。

▼デニムワンピース×黒ハイネックトップス

デニムワンピース×黒ハイネックトップスコーデ

存在感たっぷりなデニムワンピースは、黒のハイネックトップスで落ち着かせて大人っぽく。手首や足首を出して重たさを払拭しつつ、小ぶりなチェーンバッグでメリハリをプラス。

【白】切れ味の良いスマートな着こなしに

ネイビーの持つ清潔感を、より後押ししてくれる白。パキッとした色合わせなので、メリハリの効いた着こなしが叶うのがうれしいポイントです。

▼ネイビーセットアップ×白ニット

ネイビーセットアップ×白ニットコーデ

ノーカラージャケットとセンタープレスパンツの端正なセットアップを、白のニットと合わせて清潔感たっぷりに着こなしたコーデ。ジャケットはあえて肩掛けすることで真面目な雰囲気を払拭できて◎。

▼ネイビーのジレ風トップス×白パンツ

ネイビーのジレ風トップス×白パンツコーデ

ネイビーのジレ風トップスに、クリーンな白のワイドパンツを合わせてパッと着映えるコーデをメイク。甘くなりがちなボウタイトップスも、白をキリッと効かせることで大人っぽく着こなせます。ボーダー柄のインナーを覗かせることで単調さも払拭できて◎。

【ベージュ・ブラウン】親しみやすい柔らかさを演出

クールなイメージのネイビーも、暖色であるベージュやブラウンを合わせることでやわらかい印象にチェンジ。とくに秋冬コーデにおすすめの組み合わせです。

▼ネイビーニット×コーデュロイハーフパンツ

ネイビーニット×コーデュロイハーフパンツコーデ

ともすれば子どもっぽく見えてしまうコーデュロイのハーフパンツも、シンプルなネイビーのニットを合わせるだけで大人っぽい装いにシフト。また、黒のロングブーツやハンドバッグなど、重厚感のあるアイテムを散りばめることでより品良くまとまります。

▼ネイビーパンツ×ベージュコート

ネイビーパンツ×ベージュコートコーデ

きれいめなネイビーのパンツは、まろやかなベージュのノーカラーコートで親しみやすさをプラス。バッグや靴など小物もブラウン系でまとめて統一感を出しつつ、ボーダーのトップスでメリハリを効かせて。

【グレー】気張らない大人っぽさをアピール

ネイビーとグレーはどちらも寒色なので相性が良く、合わせることでこなれ感のある大人な着こなしが叶います。デイリーコーデにはもちろん、オフィスカジュアルにもおすすめの組み合わせです。

▼ネイビーセットアップ×グレートップス

ネイビーセットアップ×グレートップスコーデ

ゆったりシルエットでこなれ感たっぷりなネイビーのセットアップに、グレーのトップスを合わせてエフォートレスな装いをメイク。だらしなく見えないよう、かっちりしたバッグや大ぶりのネックレスできちんと感をひとさじ加えて。ピンクのコンバースもアクセントになって◎!

▼ネイビープリーツスカート×グレートップス

ネイビープリーツスカート×グレートップスコーデ

ネイビーのプリーツスカートに、グレーのニットトップスやベレー帽を合わせた大人可愛いコーデ。一見甘めのアイテム合わせでも、落ち着いた色のネイビーとグレーなら甘くなりすぎず、大人っぽくまとまります。足元はスニーカーで外して親しみやすさをひとさじ。

【カーキ・緑】ハンサムな配色で大人っぽく

ネイビーにカーキや緑を合わせると、上品でどこかハンサムな雰囲気に。とてもなじみやすい2色なので、初心者さんにもおすすめの組み合わせです。

▼ネイビージャケット×ベイカーパンツ

ネイビージャケット×ベイカーパンツ

かっちりしたネイビーのジャケットは、カジュアルなベイカーパンツと合わせて親しみやすく。ボーダーのトップスをちらりと覗かせることで立体感が生まれ、ワンランク上の着こなしが叶います。小物はクリーンなベージュで揃えてコーデのトーンを上げて。

▼ネイビージャケット×緑プリーツスカート

ネイビージャケット×緑プリーツスカートコーデ

ネイビーのジャケットに、グリーンのプリーツスカートを合わせた洗練度の高いコーデ。インナーはあえてカジュアルなプリントTシャツをセレクトすることで緊張感が和らぎ、親しみやすさが生まれます。

【ブルー】同系色で洗練度アップ

ネイビーに同系色のブルーを合わせると、統一感のある洗練された着こなしに。明るいブルーなら清潔感たっぷりに、濃いブルーなら大人っぽくまとまります。

▼ネイビーカーディガン×ライトブルーフレアスカート

ネイビーカーディガン×ライトブルーフレアスカートコーデ

ネイビー×ライトブルーのパイピングカーディガンに、ラインと同じライトブルーのフレアスカートをON。カーディガンがコンパクトな分、ボリュームのあるスカートを合わせるとメリハリのある着こなしが叶います。バッグや靴は黒で揃えて上手に引き算して。

▼ネイビージャケット×ブルーチェックスカート

ネイビージャケット×ブルーチェックスカートコーデ

ともすれば甘くなりすぎてしまうブルーのチェック柄スカートも、シンプルなネイビーのジャケットと合わせれば上品な雰囲気に。また、インナーにセレクトしたロゴTシャツがほどよく力を抜いてくれて◎。

【イエロー】コントラストで着映えるコーデに

実はネイビーとイエローは好相性。大人っぽく洗練されたネイビーも、アクティブなイメージのイエローが加わることで親しみやすさがアップします。また、コントラストが生まれて着映え効果も抜群に!

▼ネイビーフレアデニム×イエローカーディガン

ネイビーフレアデニム×イエローカーディガンコーデ

辛口なスリット入りデニムも、マイルドなイエローのカーディガンと合わせれば親しみやすい雰囲気に。カーディガンの裾を前だけインしたり、袖をまくったりすることでシンプルな組み合わせでもワンランク上の着こなしが叶います。

▼ネイビーニット×イエロータイトスカート

ネイビーニット×イエロータイトスカートコーデ

温かみのあるネイビーのモヘアニットは、パキッとしたイエローのタイトスカートと合わせてメリハリを効かせて。チェーンバッグやレザーブーツなど、かっちりしたアイテムを散りばめることでほっこり感も払拭できます。

《季節別》ネイビーに合う色で作るおすすめコーデ

ネイビーは、一年中取り入れられる万能カラー。ここからは、季節別のおすすめコーデをご紹介していきます。

春コーデ

▼ネイビーカーディガン×白フレアスカート

ネイビーカーディガン×白フレアスカートコーデ

糖度高めで存在感抜群のフレアスカートは、ネイビーのVネックカーディガンでほどよく引き算するのが正解。辛口な黒小物を合わせて、大人の甘辛コーデに仕上げて。

▼ネイビージャケット×ワイドデニム

ネイビージャケット×ワイドデニムコーデ

ネイビーのジャケットにボーダーTシャツ、ワイドデニムを合わせて大人のマリンルックをメイク。ジャケットはあえて肩掛けすることで堅苦しく見えず◎。バッグと靴は鮮やかなライトブルーで揃えて爽やかさを加速させて。

夏コーデ

▼ネイビーニットタンクトップ×白パンツ

ネイビーニットタンクトップ×白パンツコーデ

コンパクトなネイビーのニットタンクトップに、クリーンな白のセンタープレスパンツを合わせたエフォートレスなスタイル。単調なイメージを払拭するべく、大きめのショルダーバッグをプラスして。

▼ネイビーサマーニット×ベージュAラインスカート

ネイビーサマーニット×ベージュAラインスカートコーデ

落ち感のあるサマーニットに、ハリのあるベージュのAラインスカートを合わせて上品なカジュアルコーデをメイク。足元もコンバースでしっかり力を抜きつつ、チェーンバッグで華やぎを添えて。

秋コーデ

▼ネイビースウェット×グレーアンクルパンツ

ネイビースウェット×グレーアンクルパンツコーデ

野暮見えしがちなネイビーのロゴ入りスウェットも、センタープレスが入ったグレーのパンツと合わせることで都会的な着こなしにシフト。足元に白を取り入れることで軽快な印象にまとまります。

▼ネイビーカーディガン×黒プリーツスカート

ネイビーカーディガン×黒プリーツスカートコーデ

ファーコートのような存在感を放つネイビーのカーディガンを、黒のプリーツスカートできれいめに着こなしたコーデ。インナーにカジュアルなボーダーTシャツを迎えることで、ダークな色合わせでもスッキリまとまります。

冬コーデ

▼ネイビーコート×ブラウンカーディガン

ネイビーコート×ブラウンカーディガンコーデ

単調に見えがちなネイビーのロングコート×デニムの組み合わせも、ブラウンのアイテムを散りばめるだけでワンランク上の着こなしに。カーディガンはマフラーのように巻き付けて今っぽさをアピールして。

▼ネイビーコート×グリーンニット

ネイビーコート×グリーンニットコーデ

子どもっぽく見えがちなグリーンのニットも、端正なネイビーのロングコートと合わせるだけで大人っぽく着こなせます。まろやかなベージュのワイドパンツでコーデのトーンを上げつつ、白のソックスで知的さもプラス。

ネイビーに合う色に関するQ&A

最後に、ネイビーに合う色に関する疑問をQ&A形式でご紹介。よくある疑問をまとめてご紹介していくので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

Q1. ネイビーと黒って合わせていいの?

A. 実は黒とネイビーは相性抜群なんです!

「黒とネイビーは合わない」なんて思われがちですが、ネイビーが持つ品の良さをキープしつつ、ピリッと大人っぽく引き締めてくれる良い組み合わせなんです。ただし、ダークカラー同士で重たく見えがちなので、ほどよく肌見せして抜け感を出したり、異素材のアイテムを合わせて立体感を出したりすると◎。 

Q2. ネイビーと相性の悪い色は?

A. とくにありません。 

ネイビーは主張の強い色ではないため、どんな色ともマッチするのが魅力。黒や白などのベーシックカラーと合わせれば大人っぽく、イエローやグリーンなど鮮やかカラーと合わせればオシャレ上級者風の着こなしを楽しめますよ。 

《おしゃれな服の色合わせ》攻略法を伝授

ネイビーに合う色をマスターしたあなた! せっかくなら、その他の色合わせも研究して、色使いの達人になりませんか? 以下の記事では、誰でもマネできる「服の配色テクニック」をご紹介しています。ファッションセンスを格上げするためにも覚えておいて損はなし! 気になる方はぜひ、CHECKしてみてくださいね。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW