人間関係

空気読めてる?ムードメーカー的存在【空気が読める人の特徴】

2022/07/14

自分では空気を読めていると思っていても、周りの人からは読めていない人だと認識されていることも…。今回は空気が読める人の特徴をご紹介します。本当に空気を読めているか確認してみてくださいね。

(1)周りがよく見えている

空気が読める人は視野を広くみる傾向があります。相手の動きや言葉をよくみているので、自分が必要なときとそうではないときの判断がすぐにつけられます。

周りの人がどんな雰囲気なのかしっかり観察して、変に目立つことなく集団行動に溶け込むことができるのが特徴です。

(2)自己中ではない

自己中ではないということが、空気を読める人の大前提。人が話している最中に遮って自分の話をしたり、相手の話をつまらなさそうに聞く人は自己中の可能性が高いです。

逆にしっかりと聞いて適度に相槌を打ちながら話が終わるまで待つ人は、空気が読めているでしょう。

(3)人と関わる経験が豊富

空気の読み方は経験や意識で習得することができると言われています。

人と関わる経験が豊富な人は「この人が何を求めているのか」「どんなことを考えているのか」など相手のことを常に意識しながら動くため、空気を読むスキルも高いそうです。

空気が読める人になりたいなら手っ取り早く人と関わって、順応力やコミュニケーション能力を身に付けましょう。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW