白レーストップスコーデ【19選】上品さを忘れない大人の着こなし
FASHION

白レーストップスコーデ【19選】上品さを忘れない大人の着こなし

2020/12/17

シーンや季節を問わず使える「白レーストップス」は、一枚でおしゃれにきまる優秀アイテム。今回は、そんな白レーストップスの魅力から季節別のお手本コーデまで一挙ご紹介。ぜひ参考にして、着こなしの幅をもっと広げてみて。

白レーストップスの魅力

デザインが豊富な白レーストップスは、その魅力をきちんと理解した上で着こなしを楽しむのが正解。たくさんの魅力がある中で、こちらでは2つの魅力について詳しくご紹介していきます。

一枚で上品かつ大人っぽくきまる

一枚で上品かつ大人っぽくきまったコーデ画像

白レーストップスの最大の魅力は「女性らしさと大人っぽさを兼ね備えている」ということ。毎日の着こなしで迷ったときでも一枚さらりと着れば、あっという間におしゃれな着こなしが完成しちゃいます。

なりたい雰囲気を叶えてくれる

なりたい雰囲気を叶えてくれるのイメージ画像

白レーストップスは、レースの面積や刺繍のデザインによって雰囲気ががらりとかわります。豊富なデザインのなかから、なりたい雰囲気に合ったアイテムを見つけるのも楽しいですね。

【インナー】には何を合わせる?

透けてしまいがちな白レーストップス。「下着が見えそうで着づらい」「どんなインナーを着たらいいか分からない」という方のために、白レーストップスにぴったりのインナーをご紹介。ぜひ参考にして、

白のインナーでなじませる

白のインナーでなじませたコーデ画像

白ブラウスの透け感を保ちつつ、しっくりとなじんでくれるのが同色のインナー。キャミソールやタンクトップなど、気候に合わせて取り入れてみて。

グレーや黒で全体を引き締め

グレーや黒で全体を引き締めたコーデ画像

やわらかい雰囲気のコーデを引き締めてくれるのが「グレー・黒」のインナー。女性らしさもしっかり残してくれるので、白に続きこちらもおすすめです。

タンクトップ合わせで着崩す

タンクトップ合わせで着崩したコーデ画像

こちらのタンクトップ合わせは、肌なじみのよいベージュを選択して垢抜け。レーストップスが白だから、ベーシックカラーを中心にどんな色のタンクトップとも合わせやすいのが嬉しいポイント。お好みのカラーとて、白ブラウスをもっと魅力的に見せてみて。

【春夏】のコーデ例

暖かくなり、身も心も軽やかにお出かけしたくなる春夏。そんな春夏にぴったりの白レーストップスは、デザインが豊富で着回し力も抜群。ぜひお好みのデザインを見つけて、着こなしの幅を広げてみて。

スクエアネックでデコルテを美しく

スクエアネックでデコルテを美しくしたコーデ画像

デコルテを美しく魅せてくれる、スクエアネックのレースブラウス。くしゅっとした袖の愛らしさとワイドデニムのギャップが効いた、メリハリのあるスタイルに。差し色のイエローのショルダーバッグで、華を添えて。

さりげないレースで可憐に

さりげないレースで可憐にしたコーデ画像

肩部分や袖、裾にレースがあしらわれたブラウスを、ワイドパンツに合わせたナチュラルなモノトーンコーデ。小物も白黒でそろえて、ちょっと特別な日にもふさわしい、乙女心くすぐる装いに。

淡い色でまとめて可憐なスタイルに

肩を覆うように施された優雅なレースが印象的なトップス。大人っぽさと儚さを演出してくれるブルーグレーのフレアスカートを合わせて涼しげな装いにまとめて。夏らしさを盛り上げてくれるカゴバッグも相性抜群。

カジュアルなパンツで甘さを抑えて

ペールトーン合わせでラグジュアリーにしたコーデ画像

胸下から広がっていくようなペプラムラインがかわいらしいレースブラウス。オリーブグリーンのベイカーパンツを合わせれば、大人女子でも違和感のない着こなしに。足元はストラップサンダルで抜け感を出して、軽快な印象にまとめて。

【秋】のコーデ例

秋に白レーストップスを着たいときには、上にカーディガンを羽織ったり、ニット素材を用いたトップスを選んだり、季節感にこだわるのが着こなしの秘訣。お手本コーデを参考にして、秋の装いを盛り上げてみて。

Aラインシルエットをより上品に

Aラインシルエットをより上品にしたコーデ画像

縦ラインが印象的なレースブラウスを、同色のギャザースカートと合わせてワンピースのように着こなした、ナチュラルモノトーンコーデ。丈感をそろえたロングカーディガンでAラインを意識して。「マリメッコ(Marimekko)」のトートバッグで個性もプラスすると◎。

フレアスカート合わせでとことん大人可愛く

フレアスカート合わせでとことん大人可愛くしたコーデ画像

たっぷりレースのエアリーなブラウスに、黒のタンクトップをIN。フレアスカートを黒にすることで、統一感と端正な表情をあわせもつモノトーンコーデが完成。重厚感のあるドレスシューズを白靴下に組み合わせれば、凛々しくモダンな表情に。

カラーパンツを合わせて脱マンネリ

繊細なレースがあしらわれたブラウスにあえてパープルのゆったりしたデニムパンツを合わせて、ささやかな個性を発揮。アウターは、ライトな色合いを邪魔しないベージュを選んで重た見えを回避して。

【アイテム別】のコーデ例

デザインが豊富だからこそ、きれいめからカジュアルな装いまで、さまざまな着こなしを楽しめる白レーストップス。こちらでは袖や首元のデザインに焦点を当て、アイテム別にお手本コーデをご紹介します。

ノースリーブ

▼総レースは一枚で主役級に

総レースは一枚で主役級にしたコーデ画像

トップスで腕見せをしたら、ボトムスで脚は隠す”のが大人女性の肌見せのコツ。フリンジのピアスとパッと目を惹くグリーンの小物で、夏の爽やかな装いに。

▼黒インナーをチラ見せ

黒インナーをチラ見せしたコーデ画像

繊細なレースブラウスの下に黒のハイネックトップスを重ねた、技ありスタイル。ボリュームのあるワイドパンツを合わせ、コンパクトなトップスとコントラストをつけて。仕上げにサンダルとインナーの色をリンクさせたら、統一感あるスタイリングに。

半袖/五分袖

▼デイリー使いしやすいブラウス

レースでもやり過ぎ感がなく、デイリー使いしやすい五分袖のブラウス。カーキのカジュアルなタイトスカートと合わせて好感度の高い着こなしをメイク。シースルーデザインのミュールでさりげなく周りと差をつけて。

ハイネック

▼パンツ合わせのハンサムなオールホワイトコーデ

パンツ合わせのハンサムなオールホワイトコーデの画像

地味になりがちな秋の装いに華やぎを与えてくれる白レースブラウス。透け感のあるデザインが、ほんのりとした色気を演出してくれます。同色のワイドパンツを合わせれば、インパクトのあるオールホワイトコーデに。ベージュのパンプスと巾着バッグを添えて、さりげなくグラデーションさせたのが上級者ポイント。

▼首元のレースを印象的に

首元のレースを印象的にしたコーデ画像

着ぶくれしがちな白も、スタイルアップ効果のあるハイウエストパンツと合わせれば怖くない! ハイネックならアウターとのバランスが取りやすくて◎。アウターを肩掛けすれば、さらにおしゃれ度UP。

【スカート】あわせで女性らしく

白レーストップス×スカートの組み合わせは、乙女心をくすぐる「愛されコーデ」を叶えてくれます。ちょっとしたお出かけから特別な日まで、フェミニンな着こなしを目指してみて。

レザースカートで辛口スタイルに

ガーリーなスタイルに傾きがちな白レーストップスですが、実はレザースカートとの相性が抜群。合わせるだけで甘辛バランスが絶妙なワンランク上のおしゃれコーデへとシフト。足元はブーツであえてボリューミーにまとめるのが今年流。

ビタミンカラーをONして活発な印象に

ビタミンカラーをONして活発な印象にしたコーデ画像

春夏らしさ全開のビタミンイエローと合わせれば、季節感あふれる活発なコーデに。大人っぽさを演出するミドル丈のタイトスカートは、ガーリーな白レースとGOODバランス。

【パンツ】合わせでなりたい雰囲気に

カジュアルにもきれいめにも、なりたい雰囲気に仕上げてくれる白レーストップス×パンツの組み合わせ。同トーンでまとめたり、トレンドカラーで旬らしさを意識したり、気分に合わせてコーデしてみて。

ベージュのパンツできちんと感を

デコルテのレースが女性らしさを後押ししてくれるブラウス。ボリュームたっぷりのバルーン袖が印象的な分、ボトムスはきちんと感漂うセンタープレスパンツで引き算するのが正解。小物も落ち着きのあるベージュで揃えて、ブラウスのフレッシュさを存分に引き出して。

インナーに忍ばせておしゃれ感度を上げて

薄手のレーストップスは、カーディガンのインナーにもお役立ち。カジュアルな印象のカーディガンも、ほどよい色気を伴ったレディな着こなしが可能です。ボトムスやパンプスもアイボリーで合わせて軽やかにまとめて。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW