人間関係

あなたも当てはまるかも!?「残念な上司」の特徴3つ

2022/06/29

あなたは、職場の上司との関係性は良好ですか? 上司次第で仕事へのモチベーションが変わると言っても過言ではないほど、上司の存在は大きいものです。今回は、職場で嫌われている「残念な上司」の特徴を3つ紹介します。

(1)価値観を押し付ける

人の意見は十人十色です。上司とはいえ、「これをやっていれば大丈夫」「こうするべき」などと、全てにおいて価値観を押し付けられては嫌気がさしてしまいます。

部下にも、その人なりの意図や考えがあるはずです。まずは部下の意見をしっかりと聞いた上で、助言や指示をしてほしいものです。

(2)都合が悪くなると知らないふりをする

上司というものは、部下が起こした問題などの責任を負う立場であるはずです。しかし中には、都合が悪くなると知らないふりをしたり、部下のせいにするような残念な上司もいます。

このような上司のもとで働きたいと思う人はいませんし、職場でも嫌われる存在となってしまうでしょう。

(3)職場の人の悪口を言う

愚痴や悪口を部下に言うような上司も、残念な上司だと思われる特徴です。別の部下の悪口を聞かされたり、会社への愚痴を漏らすような上司には、不信感を抱きます。

「自分の悪口も言われているだろうな」と不安になりますし、ネガティブなことばかり言われては、仕事へのやる気も失われてしまいます。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW