好きな人に嫌われたかも…嫌われたサインや確認方法からNG行動・挽回方法について解説!
LIFE STYLE

好きな人に嫌われたかも…嫌われたサインや確認方法からNG行動・挽回方法について解説!

2021/11/30

好きな人に嫌われたかも…と不安な気持ちになってしまう人は少なくないはず。そこで今回は、嫌われた場合にありがちなサインや確認方法から、嫌われる人にありがちなNG行動などまで、まとめて紹介していきます。恋愛をしていて、好きな人に嫌われたかどうか確かめたい…という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

好きな人に嫌われたと感じる行動3選

好きな人ができると、つい相手の言動を観察して、自分に好意があるか確認してしまうものです。好きな人の取る態度によっては、「嫌われてしまったのではないか」と不安でいっぱいになることもあるでしょう。

好きな人に嫌われたと感じる行動として、代表的なものを紹介します。

【1】LINEはブロック、SNSはフォロー外し

LINEやSNSは、相手のことを知るために非常に役立つツールです。それをブロックしたり、フォローを外したりするということは、これ以上相手の情報を知りたくない、やり取りできる状態にしておきたくないということです。

メッセージの既読無視・未読無視であれば、うっかり連絡をし忘れていたということも考えられます。しかし、LINEのブロックとSNSのフォロー外しは、意識して操作しなければできないことなので、嫌われている可能性が高いといえるでしょう。

また、あなたに分かるようにブロックやフォロー外しをしている場合は、「あなたのことを嫌っていることを察してほしい」という、相手からの無言のメッセージである可能性もあります。

【2】対応がよそよそしい

よそよそしい対応をされる場合も、嫌われていることを疑う判断材料です。通常であれば、好きで仲良くなりたい相手に対しては、好印象を持ってもらうために優しく接します。

反対に、冷たくよそよそしい態度を取るということは「あなたに好かれたいと思っていない」「これ以上2人の距離を縮めたくない」というアピールです。嫌いな相手から勘違いされて、好意を寄せられたくないと思っています。

ただし、たまたま相手の機嫌が悪く感情的になっていて、冷たい態度を取ってしまうこともあるものです。相手の置かれている環境や、よそよそしい対応をどのくらいの期間取られているのかも踏まえて判断しましょう。

【3】挨拶や会話を無視される

挨拶をしたり、話しかけたりしているにもかかわらず無視される場合は、嫌われている可能性が高いでしょう。

1度だけであれば、たまたま声が聞こえなかった場合や、虫の居所が悪かっただけである場合もあります。しかし、何回話しかけても無視をされるということは、「関わりたくない」「関係を深めたくない」というメッセージなのです。

相手が社会人であれば、なおさら事態は深刻になります。きちんとした社会人であれば、たとえ相手のことが嫌いでも、挨拶程度であれば交わすでしょう。

ビジネスシーンでは、表面上だけでも大人の付き合いをこなすものです。それすらしないということは、高確率で嫌われているといえるでしょう。

好きな人に嫌われたら諦めるのもアリ

好きな人に嫌われた場合は、諦めて新しい出会いを探すのもアリです。そこでここでは、新たな出会いが探せる話題のマッチングアプリを紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)は利用率No.1(※)の真面目な恋愛・恋人探し・出会い探しのための恋活・婚活マッチングアプリ。
理想の条件で検索出来るだけでなく、「音楽」「マンガ」「映画」「カフェ巡り」など様々な趣味のコミュニティから出会いを見つけることも出来ます。普段出会えないような人と出会えるチャンスもあるかも。

※ MMD研究所xスマートアンサー「2019年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」より

Match(マッチドットコム)

Match(マッチドットコム)は「マジメな出会い」を求める大人向け婚活マッチングアプリ。30代以上の大人の独身男女の利用率が高くいのが特徴で、真剣な恋愛を求めている人におすすめのマッチングアプリです。登録・相手の検索は無料なので気軽に試せるのもおすすめポイント!

好きな人に嫌われたかも!確認する方法は?

好きな人から嫌われているかもしれないと感じても、なかなか確信につながらないことがあります。相手の気持ちをはっきり確認したい場合、どのような方法が効果的なのかを見ていきましょう。

LINEの内容をチェック!

好きな人の気持ちを確かめる方法として、LINEでのコミュニケーションが挙げられます。LINEのやり取りはしているものの、その内容が明らかに淡白な場合は要注意です。

自分から積極的に質問したり、話を盛り上げようと話題を提供したりしているにもかかわらず、相手の方は相づちしかしなかったり、質問の回答を一言で終わらせたりはしていないでしょうか?

好きな人とであれば、できるだけ長く、楽しくやり取りしたいと思うものです。明らかに自分と相手のやり取りに温度差があり、「さっさとLINEを終わらせたい」という感情が透けて見えるようであれば、嫌われている可能性があります。

ただし、LINEのやり取りが単純に苦手なタイプの人もいるため、すぐに判断してはいけません。自分以外の人とはどんなやり取りをしているのかも確認しましょう。

周りの友人に聞いてみる

好きな人の気持ちについては、冷静さを欠いた自分があれこれ想像するよりも、周りの友人に聞いてみた方が早い場合もあります。友人は、第三者として客観的に観察していることが多く、よいヒントをもらえるでしょう。

好きな相手があなたを嫌っていることを知っている友人であれば、その事実や原因となった出来事を話してもらえるかもしれません。本人の口からは言えないことも、友人という立場であれば言いやすいものです。

もし、友人が好きな人の気持ちについては把握していないとしても、普段の自分のふるまいや相手の反応などを説明し、率直な意見を聞くことはできます。

2人きりでは会おうとしない

好きな人の気持ちを確かめたいなら、思い切って2人きりで会うシチュエーションを作るように動いてみましょう。

もし、2人きりで会おうとしないのであれば、嫌われている可能性があります。たとえ嫌いとまではいかずとも、脈なしの可能性が高いでしょう。

2人きりになるということは、ほかの人よりも特別な関係になるかもしれないことを意味しています。人によっては、2人きりで会うこと自体をデートだと思うかもしれません。

「本人はもちろんのこと、周囲の友人にも勘違いされたくない」「相手と必要以上に仲良くなりたくない」という場合、2人きりで会うことを断るでしょう。

好きな人に嫌われる女性のNG特徴

人に嫌われてしまう行動はいくつもあります。特に、女性がとある行動を取ってしまうと、男性に嫌われやすくなる確率が高くなるでしょう。男性から一気に恋愛対象外だと判断されてしまう行動の特徴を、三つ挙げました。

下品な話題にもノリノリ

下品な話題に対してノリよく答えてくれる人は、友人としてはいいかもしれませんが、付き合う相手としてはあまり好ましくありません。下ネタで大笑いしたり、お金やゴシップの話題に喜々として食いついたりする人は、恋愛対象から外されます。

特に男性は、付き合う女性に対して清楚さ・上品さ・恥じらいを持っていてほしいと願う人が多いものです。

下品な話題にもついていって周囲を笑わせることが癖になっている人は、好きな人の前では極力控えることをおすすめします。その場は盛り上がっていたとしても、後になって聞いてみると、実は好きな人からは引かれていたというケースはよくあります。

好きな人の前だと態度が変わる

好きな人の前と、興味のない相手の前では露骨に態度が変わる女性も、男性に嫌われてしまうでしょう。

女性から、優しくてかわいらしい態度を取られて、嫌な気持ちになる男性はいません。しかし、それが特定の人の前だけだと知ると、一気に気持ちが冷めてしまうのです。

裏表のある女性は怖い・性格が悪いと判断され、男性から距離を置かれてしまいます。優しくかわいらしい態度も「こびを売っている」「ぶりっ子をしているだけで実は計算高い」と思われ、逆効果になってしまうでしょう。

ネガティブ思考で愚痴ばかり

ネガティブ思考な女性も、男性に嫌われやすいです。暗く後ろ向きな発言ばかりする人と一緒にいても気持ちが沈むため、仲良くなりたいとは思えません。

「どうせ」「でも」「だって」と、否定する言葉が口癖になっている人は要注意です。聞いている人の気持ちを疲れさせ、遠ざけているかもしれません。

また、ネガティブ思考には、自虐だけではなく人の悪口も含まれます。仕事や人間関係でストレスを感じても、人の悪口で発散させることは避けましょう。

悪口を言う人は、「いずれ自分の悪口も周囲に吹聴されるかもしれない」と周囲から疑われ、信頼を失ってしまいます。人の欠点を探す女性より、長所を見つけて仲良くなれる女性の方が、男性にとって魅力的なのです。

勘違いしないで!好きな人に嫌われたわけではない行動

一見すると、嫌っているから取る行動に思えても、実際はそう深刻に捉えなくてもよいケースもあります。多くの人が、嫌われたと勘違いしてしまう行動を二つ挙げました。

心当たりがある人は、早とちりして恋愛のチャンスを逃してしまわないように注意しましょう。

目を合わせてくれない

こちらが話しかけているにもかかわらず、目を合わせてくれない場合は、嫌われてしまったのではないかと不安になるものです。しかし、単に目線が合わないだけであれば、嫌われていると断定するのは早計かもしれません。

人によっては、人としっかり目を合わせることに気恥ずかしさを感じる人がいます。本人も失礼なことだと自覚はしていても、異性慣れしていないばかりに、つい目をそらしてしまうのです。

目を合わせてくれない理由が照れているだけであれば、むしろ恋愛対象として意識されている可能性があります。むやみに落ち込まないようにしましょう。

LINEがすぐ返って来ない

LINEがすぐ返って来ないからといって、嫌われたと判断する必要はありません。人によってLINEの使い方は異なります。

メッセージをすぐに読んで返事できる人や、毎日でもメッセージをやり取りしたいほどLINEが好きな人もいれば、そうではない人もいるのです。

LINEをすぐ返さない人の中には、受け取ったメッセージをきちんと読み返してから返事をしたい慎重な性格の人や、忙しいとLINEの優先順位が下がってしまうタイプの人もいます。

中には、既読が付いたら『読んだ』というメッセージだと解釈している人もおり、本人には悪気がなくとも既読無視をしてしまう人もいるのです。

好きな人に嫌われたら挽回できる?

好きな人に嫌われてしまうと誰もが焦り、何とか挽回できないかと模索するでしょう。しかし、やみくもに行動すると逆効果になることがほとんどです。好きな人に嫌われたときに状況を好転させる、効果的な取り組みを解説します。

彼に嫌なことをしていないか反省してみる

もし、好きな人に嫌われてしまったら、まず自分に原因がないか振り返ってみましょう。彼と問題なくやり取りしていたときのことを思い出し、どのタイミングで態度を変えられてしまったかを思い出せば、原因が見えてきます。

自分にとっては忘れるほど些細なことでも、相手にとっては大きな裏切りに感じられることもあるものです。冗談のつもりで使った言葉が相手をひどく傷つけていたり、相手との約束をうっかり忘れてしまっていたりと、何らかの失敗をしているでしょう。

心当たりがあるのであれば、次は同じ失敗をしないように改善します。直接謝るのが一番ですが、難しい場合は努力の姿勢だけでも見せて誠意を示しましょう。

一度距離を置いてみる

好きな人から嫌われたなら、無理に挽回しようとすると逆効果になる場合があります。相手の様子を観察し、適切なタイミングでないと感じるなら、一度距離を置いてみましょう。

好きな人の気持ちも、あなたが一度離れることで冷静になる可能性があります。「あんなに冷たい態度を取るべきではなかった」「大人げなかったかも」と思ってもらえたら、再度やり取りできるようになるかもしれません。

また、今まで好いてくれていたあなたが遠ざかることで、「何があったのだろう?」と気になり、あなたに関心を向けるようになる可能性があるのです。

まとめ

好きな人から嫌われたなら、相手がどんな行動を取っているのかを冷静に確認しましょう。LINEやSNSでの対応、直接の会話などに違和感があると、嫌われているのではと感じるものです。

自分でLINEを読み返したり、2人で会うことを提案して反応を見たりと確認する方法はいろいろとありますが、客観的な意見は友人に聞いてみるのがよいでしょう。

また、自分が下品なふるまいをしていないか、人によって裏表のある態度を取っていないかを振り返り、心当たりがあれば改善します。相手の嫌がる行為をしていれば反省し、時には一度距離を置くことで挽回の可能性も出てくるかもしれません。

好きな人の気持ちを確かめて、関係の改善を目指しましょう。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW