【アップスタイル】がぱぱっとできるオシャレ女子に!簡単アレンジをたっぷりお届け
HAIR

【アップスタイル】がぱぱっとできるオシャレ女子に!簡単アレンジをたっぷりお届け

2021/07/30

ぱぱっと纏めるだけのアップスタイル。グッと印象を変えられる髪型だけど「いつも同じ結び方になる……」といったような、マンネリに陥っている方も多いのでは? そこで今回は不器用さんでも簡単にできるアレンジのやり方をレクチャー。短いレングスのボブヘアでもOK! もちろんミディアムやロングさんに向けたアレンジも紹介します。編み込みなど一工夫したヘアスタイルをはじめ、定番化したアレンジもたくさん紹介していくので参考にしてみて。

  1. 【解説】アップスタイルとは
  2. 【基本アップスタイル3選】ゴムで結ぶだけで簡単!
  3. 【ポニーテール】のアップスタイルは《ザックリ》が鍵!
  4. 【お団子】のアップスタイルは《結ぶ高さ》で印象が変わる
  5. 【編み込み】のアップスタイルで簡単なのに上級者っぽく
  6. 【前髪ありorなし】なりたい印象はどっち?
  7. 【シーン別】アップスタイルのお手本アレンジ

【解説】アップスタイルとは

アップスタイル(アップヘア)とは襟足をみせるように髪を束ね、トップや後ろでまとめた髪型のこと。代表的なヘアスタイルだとポニーテールやお団子ヘア、編み込みなどがあります。アレンジを加えることでいろいろな表情に変えることができるアップスタイルに挑戦して、毎日オシャレを楽しみましょう!

【基本アップスタイル3選】ゴムで結ぶだけで簡単!

まずは誰でもできる簡単スタイルを紹介! ピンを使わずゴムで結ぶだけなのでアレンジが苦手な方はここから試してみましょう。

ぱぱっと時短!「ポニーテール」

「アップスタイル」と聞いてまず思い浮かべるのがポニーテール。ゴム一本、高い位置にひとつにまとめるだけなのでとっても簡単。ポイントは結ぶときはきっちりと、トップをほぐすときは結び目をおさえて。こなれ感を出したい方は髪を巻いておくと◎。

短い髪でもOK!ゆるっと「お団子」

ざっくりとまとめて結ぶだけで完成するお団子は短いレングスでもできるアレンジ。あえて後れ毛はそのままにしておくとオシャレ感をだせます。

じつは簡単!「シニヨン」で上級者みえに

一見むずかしそうなシニヨンアレンジ。「まとめ髪」という意味でベーシックなシニヨンはひとつに束ねた髪をくるっと根本に巻きつけるだけなんです。ひと手間くわえる余裕があれば、ひとつに結ぶ前にくるりんぱをすると手の込んだアレンジにみせることもできる。

【ポニーテール】のアップスタイルは《ザックリ》が鍵!

簡単にできるからこそ、いつも同じアレンジになってしまう……。マンネリしない大人の「こなれポニーテール」のアレンジをレクチャー! 簡単なのにおしゃれなひとつ結びをマスターして。

ローポニー×ちょこっとお団子でオシャレ度UP

ゆるっとまとめて低い位置で結んだローポニー。ポイントはゴムを通しきらずにお団子を作ること。低い位置で結ぶだけでは垢抜けなかったり、オバさんっぽい印象になってしまうことがあるのでひと手間くわえてこなれ感を演出して。

くるりんぱでハーフアップ風ポニーテール

くるりんぱをくわえることで、グッと垢抜けてみえる!

  1. ハチから髪をすくってハーフアップに結ぶ
  2. ハーフアップにした毛束をくるりんぱ
  3. おろしてる髪とくるりんぱした髪をまとめて結ぶ
  4. 結び目にリボンなどアクセサリーをつけてゴム隠しをしたら完成

くるりんぱをかさねてアクティブポニーに

くるりんぱで動きをだしたポニーは目をひく可愛さ!

  1. 耳の少し上の高さでざっくり一つに結ぶ
  2. くるりんぱをしてからその下をゴムで結ぶ
  3. またくるりんぱをしてゴムで結ぶ、を繰り返していく
  4. 毛先を少し残してゴムで結んだら完成

手ぐしでざっくりラフなローポニー

パパっとまとめたひとつ結びもサマになるロングヘアさん。簡単なアレンジこそ全体のシルエットにこだわって。手ぐしのざっくり感をそのままにおくれ毛をバランスよく引き出して、後ろ姿まで抜かりなく!

【お団子】のアップスタイルは《結ぶ高さ》で印象が変わる

カジュアルな雰囲気に仕上がる「お団子ヘア」。簡単ではありますが、なんだかイマイチ垢抜けなかったり、今っぽさを感じられなかったり。ここでは、そんな簡単なようでこなれてみせるのが難しいお団子ヘアを見違えらせるテクニックを伝授します!

ボブは低めお団子で小物をプラス

髪を束ねるときはきっちり結ばず、耳の上に髪がかかるくらいゆるっと纏めましょう。そして最後までゴムは通さずお団子に。ぱらぱらと髪が落ちてきてもそのままラフ感を出して。カチューシャなど小物を取り入れればオシャレみえするアレンジの完成。

すっきり纏めて上品なお団子ヘアに

手ぐしでまとめてから低い位置でお団子に。結び目をおさえながらトップをほぐしたらできあがり。うなじをみせて色っぽい印象にチェンジして。

高めのお団子でアクティブな印象に

ピンを使わなくてもできる、簡単でかわいいお団子アレンジ!

  1. まず耳より少し上の高さで一つに結ぶ
  2. 一つ結びをした髪を二つにわけて、どちらも三つ編みにする
  3. 三つ編みにしたら結び目をおさえながらほぐしていく
  4. 二つの三つ編みをねじりながらまとめる
  5. (4)でまとめた髪をゴムに巻きつけて、さらにナイロンゴムで結ぶ
  6. 結びきれずに飛び出してしまった髪はしまい込むようにゴムでまとめて完成

三つ編み×お団子でこなれ感を演出

無造作な雰囲気を作って360度抜け感のあるお団子アレンジに。

  1. まず全体をミックス巻きにする
  2. 巻き終わったらスタイリング剤をなじませる
  3. サイドの髪を多めに残してハーフアップにする
  4. 残しておいたサイドの髪をロープ編みにして(3)の結び目の下で結ぶ
  5. ハーフアップにしている髪を三つ編みにする
  6. おろしたままの髪は(5)の下で一つ結びにする
  7. 一つ結びにした髪を三回くるりんぱする
  8. 最後にすべてまとめたらくるくるとねじりお団子にして完成

ルーズでかわいいお団子ヘア

三つ編みをまとめきらずに、たらしたアレンジがCUTEなスタイル。

  1. 耳より少し上の高さでポニーテールにする
  2. ポニーテールにした部分を三つ編みにする
  3. 三つ編みにしたらゴムにぐるぐると巻きつける
  4. 毛先は少しだけ残してゴムで結ぶ
  5. たらした三つ編みをピンで固定して軽くほぐしたら完成

【編み込み】のアップスタイルで簡単なのに上級者っぽく

続いては難易度の高そうな編み込みアレンジ。「不器用には無理……」なんて諦めるのはまだ早い! ここからは誰でも簡単にできる編み込みのヘアアレンジをご紹介します!

短いレングスでもアレンジ次第でこなれヘアに

ボブはどうしても短いレングスなので編み込みが難しい……。それならロープ編みを使って編み込み風アレンジを楽しんじゃいましょう!

  1. 両サイドを多めに残して一つに結ぶ
  2. 残した両サイドの髪をロープ編みにして(1)に巻きつけてピンで固定
  3. 一つ結びの部分を中少しずらしてくるりんぱ
  4. 全体のバランスをみながら一つ結びをお団子にして整える
  5. トップの髪を引き出してほぐしたら完成

ゆるっと編み込みでこなれてみせて

無理に編み込まず、ざっくり編むだけでこなれ感がだせる楽ちんアレンジ!

  1. まず耳ぐらいの高さで髪をすくう
  2. すくった髪を三つにわけて、おろしている髪を少しずつすくいながら編んでいく
  3. 毛先まで編んだらゴムで結び、トップの髪を引き出したら完成

ぐるっと編み込んですっきりヘアに

髪の長さがあってこその映えるアレンジ! ロングヘアさんはぜひ試してみて。

  1. まず髪を二つに分けて片方の束をゴムかピンでまとめておく。
  2. おろしている側の表面の髪を取る。
  3. トップから三つ編みをしていく。そのとき前と後ろの髪を入れながら編み込んでいく。
  4. 細かく編んでいき、毛先は輪っかにして結ぶ。
  5. 三つ編みにした髪を外側、内側、真ん中の順に引き出していく。
  6. 反対側も同じようにする。
  7. 反対側の耳の後ろへと毛先をもっていき、編み込みに入れ込んでピンで固定。うなじあたりもピンでとめる。
  8. もう片方の毛束も編み込みに入れ込みピンで固定。中間部分も固定すると◎。
  9. ヘアアクセサリーをつけたら完成。

フィッシュボーンできっちり編み込み

二つに結ぶならフィッシュボーンで上級者アレンジはいかが?

  1. 髪を左右2つにわける
  2. 片側のトップの髪をとり、2つにわける
  3. 2つにわけた毛束の片方の外側の髪をすくい、もう1つの毛束にあわせる
  4. 今度はあわせた毛束のほうの外側の髪をすくい、もう1つの毛束に合わせる
  5. (3)と(4)の工程を毛先まで続けていく
  6. 反対も同じように編んでいく
  7. 最後に指先で髪をほぐしたら完成

【前髪ありorなし】なりたい印象はどっち?

同じヘアアレンジでも、前髪があるのかないのかでガラッと印象が変わりますよね! ここでは前髪ありさん、前髪なしさんそれぞれにおすすめしたいヘアアレンジをご紹介。前髪とのバランスを見ながら、絶妙なスタイリングをマスターして。

『前髪あり』でCUTEな印象に

▼幅広の前髪で小顔効果をねらって

アップスタイルにすると輪郭がしっかりでて顔が大きくみえそう……なんて心配な方は前髪を作りましょう! 目の横まである幅広の前髪ならさりげなく輪郭を補正しつつ、すっきりとした印象になります。

▼ふんわりスタイルで女度UP

ふんわりと後れ毛を残したら、前髪もゆるっと巻いてやわらかな印象に。アップスタイルにすると目じりがあがってキツくみえてしまうこともあるので前髪でやさしさを表現して。

『前髪なし』で落ち着いた雰囲気に

▼ラフに後れ毛をちらして

ウェットな質感のお団子ヘアは、抜け感ばっちり。おでこをしっかりだしてすっきりとした印象もあたえれば知的なイメージに変化。

▼すっきりとふんわりのコラボレーション

長めの前髪をねじってとめて、清涼感をだしたスタイル。産毛をゆるりと巻けばきっちり感だけではなくアンニュイな雰囲気も醸し出せる。

【シーン別】アップスタイルのお手本アレンジ

お洋服やメイクをTPOに合わせる人は多いと思いますが、そこにヘアアレンジも加えてみてはいかが? 場所や会う人に合わせたヘアアレンジが出来たら「とってもお洒落で上品な女性」と思ってもらえること、間違いなし! ここからは、そんなシーン別のヘアアレンジをご紹介。

「オフィス」はすっきりとローポニーに

ビジネスシーンでは清潔感がとても大切。でもビジネス感の強い堅苦しい雰囲気は近寄りがたい印象を与えてしまうのでほどよく力を抜きたいところ。サッとひとつにまとめローポニーにしたら顔まわりはすっきりと、トップはほぐしてやわらかに演出して。

「結婚式・パーティー」は華やかに仕上げて

アップスタイルが欠かせないシーンといえば、お呼ばれしたとき。マナーでもあるので、アップスタイルはマストですよね。そんなお呼ばれシーンでは簡単なのに華やかにきまるギブソンタックがおすすめ。編み込んだ髪を中にしまって、ほどよく崩してできたおくれ毛をしっかり巻くのを忘れずに。

「着物・浴衣」はほんのり色気を漂わせて

夏の風物詩・浴衣。浴衣を着る日のヘアアレンジは特にこだわりたい! という方も多いのではないでしょうか。浴衣を着る日はぜひ、涼しげで色っぽい“うなじみせ”スタイルに。細めの編み込みヘアが上品に見せるコツ。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW