【冬服コーデ2022】絶対おさえるべき最新トレンドをチェック!《レディース44選》
冬コーデ

【冬服コーデ2022】絶対押さえるべき最新トレンドをチェック《レディース39選》

2022/01/12

今季の冬のレディースコーデは、【フェミニン】と【クラシカル】がキーワード。近年意識されているサスティナビリティのマインドを継続しながら、今シーズンは80年代風装飾主義や2000年代前半ムードといった風潮をくんだ、エッジの効いたスタイルもトレンド入り。本記事では、【冬ファッションの最新トレンド】をコーデに取り入れた着こなし術を指南します。ぜひ、参考にしてみて。

  1. 2022年冬服の《トレンドコーデ7選》
  2. 2022年冬服の《トレンドカラーと柄》をしっかりチェック
  3. 今冬大注目の【アウター】はコレ!
  4. 【冬のトレンド靴】で足元からおしゃれに
  5. 【12月の冬服】は魅力を思いきり楽しんで
  6. 【1月の冬服】は冬の寒さを魅惑のレイヤード術で乗り越える
  7. 【2月の冬服】は防寒コーデで厳しい寒さを吹き飛ばす
  8. 冬服おすすめコーデ《年代別(20代・30代・40代)》
  9. 冬服に関するQ&A
  10. この記事で紹介した商品の一覧

2022年冬服の《トレンドコーデ7選》

まずは、絶対におさえておきたい冬服トレンドファッションを今すぐチェック! 2022年の冬は昨年のエレガント志向がより『フェミニン』寄りに移行。またファッションウィークでは、2000年代以前の過去のムードを取り入れた個性的なドレスアップや、くつろぎ感のあるコージースタイルも人気でした。

  1. ニット
  2. コージースタイル
  3. スキームード
  4. エコレザー(フェイクレザー)
  5. エコファー(フェイクファー)
  6. ボリュームネック
  7. Xライン

【1】ニット

サテンのイメージ画像

冬服には欠かせない『ニット』アイテムがトレンド入り。特にセットできるだけでこなれたコーデをメイクできるニットアップは、重宝すること間違いなし。エレガントなバッグやシューズなど、大人っぽさのあふれるアイテムと合わせることで、ぼんやりせずシャープに着こなせます。

【2】コージースタイル

エコレザーのイメージ画像

「心地の良い」「楽な」といった意味を持つ『コージー』なスタイリングが流行の兆し。さまざまな制約があり、息の詰まるような日々にもホッと一息つけるような、心地のよいファッションで身も心も軽やかに。ビッグシルエットやふわっとボディラインを見せないようなアイテムがおすすめです。

【3】スキームード

スキームードのイメージ画像

コロナ禍でウィンターレジャーに出向くことができなくなってしまった近年、ゲレンデに思いをはせるような『スキームード』なファッションで気分を高めるのが今年のトレンド。スポーティーなアイテムやノルディックのニットなどで思いっきり冬のコーデを楽しんで。

【4】エコレザー(フェイクレザー)

エコレザーのコーデ画像

近年、アパレル業界でもサスティナブルを意識するブランドが続出。レザーも本革ではなく、エコ素材の『フェイクレザー』や『エコレザー』を使った商品が主流になりつつあるようです。今季は、スカートで挑戦すると即旬顔に変身できる! プリーツ加工やフレアシルエットなどフェミニンなデザインで取り入れて、甘辛MIXコーデを完成させて。

【5】エコファー(フェイクファー)

エコファーのイメージ画像

レザー同様、ファーも環境にやさしい『エコファー(フェイクファー)』が注目されています。リアルファーに比べて、お手頃価格で購入することができ、お手入れも簡単。また、カラフルな色がそろっているので、色のバリエーションももっと豊かに! コートやバッグなどで気軽に活用して、シーズンムードを一気に高めてみて。

【6】ボリュームネック

ボリュームネックのイメージ画像

首もとにボリュームのあるデザインの『ボリュームネック』が今年の気分。寒い冬の空気から守ってくれるだけでなく、コンシャスで輪郭をカバーしてくれたり、かたちによってスタイリングの幅が広がったりするのが魅力。今シーズンの冬服を買い足すなら、一枚持っておいて間違いなしのアイテムです。

【7】Xライン

Xラインのイメージ画像

ウエストをキュッとマークした『Xライン』シルエットが2022年の冬服トレンド。細見えや脚長効果で、スタイルアップできるのがうれしいポイント。トップスインやベルテッドスタイルで仕上げるのもよし、タイトなジャケットでシックなコーデをメイクするのもよしで、いろんなコーデが楽しめそう。

\売れ筋アイテムをAmazon、楽天、Yahooでチェック!/

2022年冬服の《トレンドカラーと柄》をしっかりチェック

次に今季トレンドのカラーと柄をピックアップ! 自分の定番スタイルにうまく取り入れて、今年らしい着こなしを楽しみましょう♪

  1. イエロー
  2. グリーン
  3. プリント
  4. ダイヤ柄
  5. グレンチェック

【1】イエロー

イエローのイメージ画像

パントン社のカラーオブザイヤーを受賞したイエロー。冬服コーデをほっこり温めてくれるだけでなく、パキッと目を惹く彩度でスタイリングをキリッと引き締めてくれる役割も。

【2】グリーン

グリーンのイメージ画像

シックな大人コーデにぴったりのグリーンもトレンド入り。落ち着きのあるディープグリーンなら、普段のコーデにも取り入れやすい。とくに要チェックなのは、幻想的で鮮やかな色味の高いレプラコーングリーン。人とは違う個性派コーデを目指すならぜひ取り入れてみて。

【3】プリント

プリントのイメージ画像

生地に柄が印刷されたプリントアイテムも流行の兆し。ダイナミックな大判柄のプリントが2022年冬服のおすすめ。刺繍や染色よりも手に取りやすい価格で販売されているのもうれしいポイントです。

【4】ダイヤ柄

ダイヤ柄のイメージ画像

秋服トレンドに引き続き、ダイヤ柄は冬服でも人気。ほっこり温もりのあるものから、モードでシャープなものまで色味や形は様々。コーデに取り入れるだけでさっと旬顔になれるので、スタイリングに悩んだ時のお助けアイテムにも。

【5】グレンチェック

ペイズリー柄のイメージ画像

近年大人気のグレンチェックもトレンドイン。クラシカルなアイテムと合わせてかっちり着こなせば大人の女性にぴったりなエレガントなスタイリングに。チノパンなどに合わせてカジュアルダウンさせるのも、おしゃれ女子のテクニックです。

今冬大注目の【アウター】はコレ!

冬のファッションの必需品といえば、防寒対策にも欠かせない『アウター』。今季は、『パッファーコート』『ハイネックコート』『テーラードジャケット』など、各トレンドイメージに合わせた個性的なアウターに注目。 また、今年も大活躍することまちがいなしの定番アウターも合わせてお届けします。

  1. パファーコート
  2. ハイネックコート
  3. テーラードジャケット
  4. ノーカラーコート

【1】パファーコート

パファーコートのイメージ画像

『パファー』とは、ダウンのこと。ダウンをいっそう膨らませたかたちから「Puffer(パファー)」というファッション用語が生まれました。2022年の冬服ではダウンブームに再び火が付き、このパファーコート・ジャケットがトレンド入り。

【2】ハイネックコート

ハイネックコートのイメージ画像

首元までしっかり覆われた『ハイネックコート』が人気の予感。ボリュームネックのトップスと同じく、首もとにデザインが入ったアイテムがアウターでも流行。アウターでコーデがマンネリしがちな冬服も、おしゃれなシルエットのハイネックコートなら問題なし!

【3】テーラードジャケット

リバーコートのイメージ画像

かっちりとした印象の『テーラードジャケット』もトレンドの兆し。とくにファッションウィークでは、テーラードジャケットにテーラードコートを重ねる『テーラードオンテーラード」が注目されていました。フレアスカートやモヘアニットなどと組み合わせて、フェミニンに振るのが今年風。

【4】ノーカラーコート

ノーカラーコートのイメージ画像

襟元がすっきりとしている『ノーカラーコート』は、今季トレンドのレディかつ正統派なスタイリングにぴったり。女性らしいデザインですが、フェミニンなコーデだけではなくカジュアルコーデにも合わせやすく、またオンオフ問わず着られるところがおすすめポイント。

【冬のトレンド靴】で足元からおしゃれに

「おしゃれは足元から」とよく言われるように、おしゃれさんほど靴にこだわる傾向が強いもの。 2022年のトレンドは、ずばり『ブロックヒール』『ロプラットフォームシューズ』『ロングブーツ』『』。いつもは洋服に力を入れすぎて足元は後回しにしてしまう人も、今年の冬コーデはぜひ足元からトレンドを取り入れてみて。

  1. つま先は『ブロックヒール』がトレンド最前線
  2. 『プラットフォームシューズ』が根強い人気
  3. 『ロングブーツ』が昨年に引き続きトレンドイン
  4. 個性派『ドッキングデザイン』は要チェック

【1】がっちり『ブロックヒール』がトレンド最前線

スクエアトゥの靴のイメージ画像

ガッチリとした安定感が特徴の『ブロックヒール』がトレンド最前線。高さがあるものでも歩きやすく、疲れにくいのがポイント。スタイルアップを叶えながら、存在感のある足元でコーデをぴしっと締めてくれる優れもの。

▼エレガントななかに辛口ブロックヒールが光る

ブーツスタイルをよりクールに仕上げるのイメージ画像

エレガントなスカートスタイルに、ブロックヒールのショートブーツを合わせたスタイリング。黒のブーツで全体の統一感を図りつつ、女性らしさのなかにロックな要素を秘めたワンランク上の着こなしに。

【2】『プラットフォーム』ソールが根強い人気

ロングブーツのイメージ画像

ソールは、足のつま先から甲部分にかけて厚みがある『プラットフォーム』に注目。ヒールのように高さが出るうえに、つま先まで平行して厚みがあるので、歩きやすさは抜群。スタイルアップと履き心地のよさの両方を叶えることができるなんて夢のよう!

▼着ぶくれして見えがちなボアコートをすっきり見せる

着ぶくれして見えがちなボアコートをすっきり見せるのイメージ画像

白のボアコートは着ぶくれして見えがちだけれど、ショートブーツのプラットフォームのおかげで、縦ラインが強調されてすっきり見えが叶う。質感が似ている黒のレザーバッグとリンクさせて、ナチュラルなカジュアルコーデをリュクスな装いに転換。

【3】『ロングブーツ』が昨年に引き続きトレンドイン

『ロングブーツ』が昨年に引き続きトレンドインのイメージ画像

昨年から復活すると言われ続けていた『ロングブーツ』がついに完全復活! 今年こそは店頭にもさまざまな種類のロングブーツが並ぶはずなので、ぜひお気に入りの一足を見つけてみて。おすすめのスタイリングは、ミディ丈スカート×ロングブーツのレディスタイルと、スキニーパンツの上からロングブーツを履く乗馬スタイルのふたつ。

▼ミディ丈スカート×ロングスカートの組み合わせが旬

ミディ丈スカート×ロングスカートの組み合わせが旬のイメージ画像

今年のロングブーツコーデは、ミディ丈スカートと合わせるのがおすすめ。重厚感のあるロングブーツも、軽快なミディ丈のプリーツスカートのおかげで重たくなりすぎず、冬のフェミニンコーデを盛り上げてくれる。

▼もちろん乗馬スタイルもGOOD

もちろん乗馬スタイルもGOOD

スキニー×ロングブーツの定番乗馬スタイルもGOOD! トレンドアウターのジレと組み合わせれば、高貴なブリティッシュスタイルが完成。ラウンド型のショルダーバッグで愛らしさをプラスして、大人っぽい甘さをひとさじ。

【4】個性派『ドッキングデザイン』は要チェック

個性派『ドッキングデザイン』は要チェックのイメージ画像

一足のなかに異なる素材を用いてデザインされた『ドッキングデザイン』の靴が流行の兆し。パンプスやブーツのヒール部分にメタリックカラーやクリア素材が使われた、デザイン性の高いアイテムが人気です。

▼トレンド要素満載のおしゃれ上級者コーデ

トレンド要素満載のおしゃれ上級者コーデのコーデ画像

モードさとコージーさの合わせ技を使ったテクニカルなスタイリングに、末広のブロックヒールが印象的なドッキングデザインのショートブーツをオン。随所にトレンドを散りばめながらも、カラーリングでコンパクトにまとめたコーデ。メタリックなヒール部分がアクセントになって、こだわりがきらりと光ります。

【12月の冬服】は魅力を思いきり楽しんで

12月の最高気温は12℃前後、最低気温は5℃前後。まだそれほど厚着しすぎなくてもよいので、冬コーデを気軽に楽しめるシーズン。ここではマンネリ化を回避するためのポイントをおさえながら、12月に着てほしいコーデをご紹介!

乗馬スタイルにマリンテイストを掛け合わせた正統派コーデ

乗馬スタイルにマリンテイストを掛け合わせた正統派コーデのコーデ画像

乗馬スタイルとマリンテイストを掛け合わせたオーセンティックな装い。ニットのゴールドボタンが上品なアクセントになって、カジュアルコーデをさりげなく盛り上げてくれる。モノトーン配色にバッグとマリンキャップでネイビーを取り入れることで、おしゃれな抜け感をプラス。

エコファー付きのショルダーバッグで、冬ならではの装いを楽しむ

エコファー付きのショルダーバッグで、冬ならではの装いを楽しむのコーデ画像

ボトルネックニットのふんわりとした質感が、やわらかい女性らしさを演出。ブラウンのワイドパンツは、センターライン入りのものをセレクトするとカジュアル感がほどよく抑えられてきれいめな印象に。エコファー付きのショルダーバッグを持って、冬ならではの装いを楽しんで♪

ビッグシルエットのケーブルニットが今年風

ビッグシルエットのケーブルニットが今年風

温感をぐっと高める白のキーネックケーブルニット。下にボリュームが出るロング丈のフレアスカートを合わせるときは、前だけインしてすっきり見せるのが正解。レオパード柄のバレエシューズが、最旬コーデへと導いてくれる。

スッキリシルエットはアイテムの足し引きがカギ

スッキリシルエットはアイテムの足し引きがカギの画像

トレンドのボリュームネックニットをでトレンドを意識したスタイリング。首もとにデザインのあるトップスを選んだら、襟のすっきりしたアウターを選ぶのがマスト。コーデ内のカラーを3色にまとめて統一感を出し、Iラインを意識することでスタイルアップにもつながります。

【1月の冬服】は冬の寒さを魅惑のレイヤード術で乗り越える

1月の最高気温は10℃前後、最低気温は1℃前後。12月より寒くなる1月は、コートを厚手にしたりレイヤードしたりして、しっかり防寒。組み合わせを楽しみながら自分好みのスタイリングを楽しんで!

ブラックコーデをやさしくアレンジ

ブラックコーデをやさしくアレンジのコーデ画像

クールなブラックコーデを盛り上げるのは、シルバーのスクエアバッグとパイソン柄のバレエシューズ。どちらともトレンド真っ盛りのアイテムかつ辛口アイテムなので、ちぐはぐ感もなく好相性。ボアジャケットで、強い印象をほんのり和らげるのがポイント。

大きめアウターでコージーなスタイリングを狙って

大きめアウターでコージーなスタイリングを狙ってのコーデ画像

レオパード柄の配色に合わせてニットとスニーカーを茶系にまとめると、統一感が高まりキャッチーなレオパード柄も浮くことなくすんなり収まる。黒のダウンコートを羽織って、まろやかな茶系トーンを、きりっと引き締めると◎。

目立ち度MAXのフェイクファートップスで最旬顔

目立ち度MAXのフェイクファートップスで最旬顔のコーデ画像

温もりあふれるフェイクファーのトップスを主役にコーデメイク。キャメルのコートを合わせて優しい色合いでまとめたら、黒の小物できりっとシャープに仕上げて。ふんわりやさしい印象と、ひきしめアイテムの投入でバランスをとるのがおしゃれさんの秘訣。

柄ニットでマニッシュに

柄ニットでマニッシュにのイメージ画像

個性的な色柄のニットを、コーデュロイのワイドパンツと合わせて大人かわいいが叶うマニッシュコーデをメイク。ニット帽でとことん冬らしさを取り入れて、トレンドのスキームードを意識して。

【2月の冬服】は防寒コーデで厳しい寒さを吹き飛ばす

2月の最高気温は7℃前後、最低気温は3℃前後。一年の中で最も寒い2月は、もこもこ素材や保温性の高いアイテムが必須になってきます。ダウンコートのようなあたたかいアウターでしっかり防寒しながらも、冬ならではのアイテムを使ってコーデを楽しんで!

カジュアルホワイトコーデでトレンド感満載

ダウンジャケットをエレガントに着こなすのが今年の気分♪のコーデ画像

カジュアルなパファージャケットはアイボリーなど明度の高い色を選ぶと、きれいめな印象にシフトできる。パンプスとバッグでまろやかなブラウンを随所に利かせれば、女度が一気にアップ。パファージャケットをなるべくエレガントに着こなすのが今年の気分♪

ロングブーツでトレンドをオン

ロングブーツでトレンドをオンのコーデ画像

流行真っただ中のロングブーツを、キャメルカラーが基調のコーデに投入。真っ赤なニットで個性を出しながら、まとまりのあるスタイリングを実現。高めのヒールでスタイルアップして、脚長効果を狙うのがもたつかないポイント。

イエローのアウターをアクセントに。

イエローのアウターをアクセントに。のコーデ画像

オフショルダーのニットをデニムで崩したフェミニンなカジュアルスタイリングに、トレンドカラーのイエローをアウターで取り入れて。ブルー×イエローの組み合わせは、一見奇抜ながらもストンと落ち着いてハマってくれるのでGOOD。

ゆったりカジュアルコーデにもトレンドを意識

ゆったりカジュアルコーデにもトレンドを意識

ちょっとそこまで、な気軽なスタイリングにボリュームネックのニットを合わせることで一気に今年風に。大ぶりのキルティングコートとストレートデニムで、気負いしないリラックスした装いをメイク。

冬服おすすめコーデ《年代別(20代・30代・40代)》

今年のトレンドは大方掴めたけれど、年齢にそぐわないトレンドの取り入れ方はなるべく避けたいところ。そこでここでは、20代・30代・40代におすすめのトレンドコーデを、スカートスタイルパンツスタイルに分けてお届け。ぜひ参考にしてみて!

20代

▼スカートスタイル

スカートのコーデ画像

サテンのプリーツスカートがモノトーンコーデに輝きを宿す。コンバットブーツでミリタリーなニュアンスを加えて、今年らしさを全開に! フレッシュな白のバッグをプラスすると、快活な冬のお出かけカジュアルスタイルが完成。

▼パンツスタイル

パンツスタイルのコーデ画像

とことんカジュアルに舵を切っても、洗練された印象になれるのが20代。ワンツーコーデにメンズライクなダウンジャケットを羽織ったノームコアスタイルを、ハイテクスニーカーで今っぽく底上げして。

30代

▼スカートスタイル

スカートスタイルのコーデ画像

ノスタルジックな雰囲気が漂うチェック柄のスカート。トップスに同じ暖色系のブラウンをもってくることで、チェック柄だけが浮くことなくきれいになじむ。ほっこりしすぎると幼くなってしまうので、黒のバッグとショートブーツでしっかり引き締めることが重要。

▼パンツスタイル

パンツスタイルのコーデ画像

上半身をコンパクトにまとめると、乗馬スタイルの脚長効果は絶大! オーセンティックなスタイリングと白×黒のシンプルな配色は、30代の艶っぽさをたっぷり引き出してくれるはず。

40代

▼スカートスタイル

スカートスタイルのコーデ画像

ゆったりシルエット同士の組み合わせを、余裕たっぷりに着こなせるのが40代の強み。ブラウンのサテンスカートのなめらかな質感が、大人女子の色っぽさをぐっと引き立てる。オーバーサイズのニットのおかげで、女性らしい華奢な印象もゲット。

▼パンツスタイル

パンツスタイルのコーデ画像

モード感漂うモノトーンコーデに、パイソン柄のスニーカーをON。すると、トレンド感満載の大人クールスタイルが完成! 辛口なパイソン柄でコーデにエッジを利かせることにより、やさしげなニュートラルカラーの穏やかなニュアンスがより一層際立つ。

冬服に関するQ&A

ここでは、冬服に関するQ&Aを紹介していきます。よくある疑問をまとめたので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

Q1. 冬服はいつから着る?

A. 12月~2月のあいだが一般的です。
冬服とは一般的に【12月~2月】の服。12月の平均気温は8℃、1月は6℃、2月は7℃と、いずれも10℃を下回り、一年の中で寒さが最も厳しくなります。近年は気温が変動しがちで衣替えの時期が難しくなっていますが、衣替えの基準となるのはズバリ15℃! 

Q2. もっとも押さえるべきトレンドは?

A. 『アイテム』を押さえるのが吉。
トレンドがたくさんあってなにを買い足せばいいかわからないという人は、トレンドアイテムを押さえるとよいでしょう。これまでの冬服に一枚取り入れるだけで旬のコーデをメイクできるのでおすすめです。

Q3. マンネリしやすいカラーリングはどうやって打開する?

A. 思い切ってトレンドカラーのアイテムを手にしてみる。
どうしてもモノクロやブラウン、キャメルといった色味に偏りがちな冬服ですが、あえてアクセントになるようなカラーのアイテムを取り入れるすることでマンネリを打開できる糸口になります。まずはその年のトレンドカラーを意識してみるとよいでしょう。

\プロが選んだ、あなたに似合う洋服が届く/

プロが「似合う」と見立ててくれた洋服を自宅で試着・購入!

1日がかりのお買い物が自宅で10分で完結。自宅で試着できるため失敗しない!

この記事で紹介した商品の一覧

全1商品
商品 商品リンク 特徴
-

レディースファッションの売れ筋ランキングもチェック!

サイトで確認 楽天 サイトで確認 Yahoo!ショッピング サイトで確認 Amazon

-

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW