BBQコーデの正解は?30代40代の大人女子にもイチ押しのコーデ集【春夏秋冬27選】
FASHION

BBQコーデの正解は?30代40代の大人女子にもイチ押しのコーデ集【春夏秋冬27選】

2021/06/01

季節問わず人気のイベントといえば、BBQ。大人女子ならどんな格好で参加するのが正解? ここでは、30代40代の大人女子必見の服装のポイントに加えて、季節別のお手本コーデもお届けします。ポイントを押さえて、おしゃれなアクティブ女子になりましょう!

BBQコーデ『NGアイテムと服装』

  1. きれいめすぎる服装はNG
  2. 露出が高すぎる服装は避ける
  3. ハイヒールなど歩きにくい靴もNG

【1】きれいめすぎる服装はNG

自分たちでお肉や魚を焼いてテーブルを囲むBBQは、アクティブに楽しみたいもの。そんなときにきれいめすぎるファッションは場に合わない! ある程度動きやすい、カジュアルなテイストがおすすめ。

【2】露出が高すぎる服装は避ける

アウトドアのBBQでは、露出の高すぎる服装だと日焼けや虫刺されの心配が。ほどよい肌見せファッションの方が、BBQ向き。

【3】ハイヒールなど歩きにくい靴もNG

動きやすさが重視されるBBQでは、ハイヒールなんてもってのほか! という意見がチラホラ。BBQの準備をしたり、立ったり座ったりと動きが多いときは、スニーカーや動きやすさを重視した靴をチョイスして。

【BBQコーデの5つのポイント】30代・40代大人女子は要CHECK

次は、BBQコーデの正解ポイントを実際のコーデとともにご紹介。これさえ押さえておけば、もっとBBQを楽しめるはず!

「30代・40代大人女子のための『服装のポイント5つ』」のイメージ画像
  1. 動きやすく実用的な服装
  2. 汚れが目立ちにくい服装が無難
  3. スカートよりパンツがおすすめ
  4. 羽織りものや帽子で日焼け対策
  5. 靴はスニーカーやサンダルがおすすめ

【1】動きやすく実用的な服装

【1】動きやすく実用的な服装のイメージ画像

動きやすいオーバーサイズトップスなら、「お腹いっぱい食べても目立たない」なんてうれしい効果も。ワイドパンツと合わせてリラクシーにまとめたら、足元はもちろん動きやすいスニーカーで。

【2】汚れが目立ちにくい服装が無難

【2】汚れが目立ちにくい服装が無難のイメージ画像

なにかと汚れが気になるBBQでは、実際に汚れてしまっても目立たないカラーがおすすめ。黒Tシャツとデニムのワンツーコーデなら、エフォートレスなスタイルでおしゃれ見えもばっちり。

【3】スカートよりパンツがおすすめ

【3】スカートよりパンツがおすすめのイメージ画像

動きの多いBBQでは、スカートよりもパンツのほうが断然おすすめ! アクティブシーンにぴったりなTシャツは、ロゴ入りでおしゃれポイントを上げて。

【4】羽織りものや帽子で日焼け対策

▼涼しげなシースルー素材のシャツが使える!

涼しげロングガウンが使えるコーデ画像

シースルー素材のシャツなら、涼しさと日焼け防止効果を両立。ラフなデニムとフラットシューズのコーデを一気に旬顔にアップデートしてくれるのもうれしい。

▼カンカン帽で日焼け止め&おしゃれ見え

カンカン帽で日焼け止め&おしゃれ見えのコーデ画像

カンカン帽は夏らしさを取り入れつつ夏の日差しも防げるうれしいアイテム。着心地の軽いリネン素材ならスカートスタイルでも動きやすい。キュートなオレンジカラーを味方につけて。

【5】靴はスニーカーやサンダルがおすすめ

【5】靴はスニーカーやサンダルがおすすめのコーデ画像

ベージュカラーのビーチサンダルなら、ラフなのに大人っぽさはしっかりキープ。リラックスムード漂うオールインワンは、リネン素材で爽やかに。

【春夏】のBBQコーデは通気性第一!

押さえるべきポイントが分かったら、次は実際のお手本コーデをチェック! まずは気温の変動が激しい3月から5月までの春コーデと、暑さ対策と日焼け対策必須の6月から8月までの夏コーデをそれぞれお届けします。

春(3月~5月)

▼アクティブスタイルは白で涼しげに

アクティブスタイルは白で涼しげにしたコーデ画像

デニム×スニーカーのアクティブスタイルは、Tシャツと白シャツで爽やかな装いに。明るい色でまとめれば、コーデもパッと華やかにグレードアップ。

▼シルエットで華奢さをアピール

適度な肌見せで女っぽくしたコーデ画像

キャップを被って、シンプルなTシャツ×スキニーの物寂しさをカバー。くすみブルーのTシャツは、敢えてオーバーサイズを選んでこなれ感をまとって。ボーイッシュなアイテムで固めたコーデは、シルエットで女らしさをアピールすると上手く仕上がります。

▼トレンドを押さえた柔和なヘルシーコーデ

ハンサムなブラックはベージュでまろやかにしたコーデ画像

シアーシャツをタンクトップの上に羽織って、トレンドコーデに更新。ブラウン×ピンクの配色が柔和で優しげな雰囲気に。シアーシャツの色と合わせたビーチサンダルを履いて、ヘルシーに決めて。

▼サテン生地×ストライプ柄でコーデに奥行きを出す

脚見せミニワンピースはシャツでバランスをとったコーデ画像

黒のサテンワンピースの上にストライプ柄のシャツを重ね着。すると、艶っぽいサテン生地にストライプ柄の爽やかなニュアンスが加わり、奥行きのあるコーデが完成。

夏(6月~8月)

▼適度な肌見せで女っぽく

適度な肌見せで女っぽくしたコーデ画像

変わり種のアシンメトリートップスで周りと差をつけて! シックなベージュならいやらしさもなし。きれいめなイエローパンツで大人っぽさとトレンドを加えつつ、足元はビーチサンダルでカジュアルダウン。

▼鮮やかなコーラルオレンジを味方につけて

白ブラウス×デニムパンツで大人ガーリーのコーデ画像

鮮やかなコーラルオレンジのノースリーブトップス。ボーイッシュなデニムスタイルに華やぎを加わります。スポーツサンダルを履くとほんのりスポーティーに。エネルギッシュなカラーを身につけて、開放的な夏のBBQを思いっきり楽しみましょう!

▼ペプラム裾がキュートなパンツスタイル

遊び心あるオールブラックコーデの画像

BBQの服装はカジュアルなパンツスタイルだけではありません! フェミニンなペプラム裾のブラウスを合わせれば、クールな黒のパンツコーデもキュートに♪ 足元しだいできれいめにも決まりますが、BBQならラフなサンダルが◎。

▼軽やかな黒コーデは涼しげなシアー素材が鍵

爽やかなマリンルックで日焼けも防止したコーデ画像

汚れが目立ちにくい黒アイテムをメインにしたスタイルは、動きやすいワイドパンツでスタイルアップも叶えて。涼しげなシアーシャツを羽織って、軽やかな黒コーデに転換。

【秋冬】のBBQコーデは防寒対策を重視して!

次に秋冬でのBBQスタイルをご紹介! ばっちり防寒対策した上で、おしゃれを楽しむのが大前提。朝晩の冷えが厳しい9月から11月秋コーデと、しっかりとした防寒対策がマストな12月から2月冬コーデをそれぞれお届けします。

秋(9月~11月)

▼スカートスタイルなら、色と素材にこだわって

黒ならカジュアルでも大人見えのコーデ画像

気になる人も参加するBBQ。できればパンツよりスカートを穿きたい……! そんな乙女な大人女子は、ダークカラー&足さばきのよい素材のスカートを選ぶと◎。夏の残暑が残る秋の初めごろは、甲が開いたサンダルでもOK。

▼BBQに最適なスラックスパンツコーデ

ラインジャージスカートでアクティブにしたコーデ画像

カジュアルなスラックスパンツは、BBQに最適! 裾が広くて長めのパンツは、汚れてしまう可能性があるので、地面につかない丈がベスト。スポーツブランドのジャケットでスポーティーミックスに。

▼おしゃれ指数が高まるマント型のアウター

ワイドパンツは少し短めがベストなコーデ画像

白のロンTと黒スキニーのシンプルコーデに、一風変わったマント型のアウターを合わせるとおしゃれ指数が一気に上昇。黒のハイカットスニーカーが、重厚感のあるショートブーツのような役割を果たし、全体をぐっと引き締めてくれます。

▼ワンツーで決まるニットセットアップはいかが?

カーキのシャツがおしゃれに肌寒さを回避したコーデ画像

一番下のトップスが厚手のものになる、秋の終わりごろ。ワンツーで決まるニットセットアップが重宝することまちがいなし。清潔感漂う白のスニーカーでこなれ感を出せば、部屋着感ゼロ。

冬(12月~2月)

▼ボアブルゾン×ベージュでほんのり甘い黒スキニーコーデ

ボアブルゾン×ベージュでほんのり甘い黒スキニーコーデの画像

パーカー×黒スキニーのコンビは、ボアブルゾンでほんのり甘く。ベージュのパーカーなら、クールな黒スキニーコーデに柔和なニュアンスが加わります。白×黒のハイテクスニーカーで‟おしゃれさ”と‟動きやすさ”の両立が実現。

▼足元の冷えはロング丈のアウターで対応

足元の冷えはロング丈のアウターで対応したコーデ画像

足元の冷え対策はロング丈のアウターで解決!万が一のことを考えて、汚れが目立ちにくい黒を選ぶのが賢明です。重たい印象にならないように、白を上下に散りばめて抜け感を出すとGOOD。

▼オーバーサイズのダウンジャケットでかわいらしく防寒

オーバーサイズのダウンジャケットでかわいらしく防寒したコーデ画像

気温がぐんと下がる日は、しっかりとした防寒が必要。そんなときに役立つのが暖かさでは右に出る者がいない「ダウンジャケット」。オーバーサイズをチョイスし、細身のボトムスで女性らしい華奢さを際立たせると、かわいらしい印象に。

【しまむら】のBBQコーデはコスパがよくて嬉しい♪

ここからはお財布にやさしいブランド「しまむら」のアイテムで作れるコーデをご紹介。 プチプラでもおしゃれに見えるテクニックで、まわりと差をつけよう!

シンプルコーデはベージュでまろやかに

シンプルコーデはベージュでまろやかにしたコーデ画像

ノースリーブトップスに透けニットを重ねた抜け感のあるコーデは、ベージュ×白の配色でまろやかに女性らしく。ボトムスは黒スキニーを穿くと、レイヤードスタイルがもたつかずすっきりとまとまる。

通気性のよいレースブラウスが優秀

通気性のよいレースブラウスが優秀なコーデ画像

通気性がよく、おしゃれ見えも叶うレーストップスは、大人女子にマストなアイテム。レディなトップスにストレートのデニムパンツを合わせてカジュアルダウンすれば、アクティブシーンにも◎。

シアーシャツを羽織りものとしてON

シアーシャツを羽織りものとしてON

今年トレンドの黒のシアーシャツは、羽織りものとしてコーデするのも◎。センタープレス付きのベージュのパンツを合わせてラフすぎない印象に。日焼けを防止しつつ、トレンド感をプラスしてくれるシアーシャツは、BBQのよいお供になるはず。

シースルーワンピースなら暑苦しくない

シースルーワンピースなら暑苦しくないのコーデ画像

BBQって暑くなりがちだけれど、日焼けもしたくない……。そんなときに役立つのがシースルーワンピース。淡いブルーのカラーと相まって、清涼感抜群。白×ベージュの色合いはほどよい引き締め効果があるので太って見えません。

夏のモノトーンコーデはさりげない肌見せが重要

夏のモノトーンコーデはさりげない肌見せが重要のコーデ画像

クールなブラックコーデは、汚れが目立たないメリットがある半面、コーデが重たく暗い印象になってしまうことも。そんなときは、さりげない肌見せが効果的。黒のコードストラップサンダルを履いて、統一感と軽やかさをON。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW