大人がダッフルコートを着るなら?幼くならない選び方はコレ!

【色別】大人のダッフルコートコーデ

ダッフルコートを着る際に、大人の女性におすすめな色をご紹介。合わせるアイテムによってグッと大人の魅力が増すダッフルコートの着こなしにも注目。シックに決める? フェミニンが気分? お気に入りを見つけてみて。

【紺】で安定感ある着こなしに

【紺】で安定感ある着こなしにしたコーデ画像

クールもフェミニンもお任せあれなのは、紺色のダッフルコート。おのずと大人っぽい上品さが増すのもうれしいポイント。白トップスとデニムのカジュアルなワンツーコーデも、正統派な印象に。

【ベージュ】で大人のやわらかさを出して

女性らしいやわらかさを引き出すのなら、断然ベージュがおすすめ。暗くなりがちな秋冬コーデがぱっと華やぐ万能カラー。他の色もライトトーンでまとめて、統一感を意識した着こなしがおすすめ。

【ブラウン】で温度感を高めて

▼モカブラウン

ベージュよりも大人っぽさを帯びたモカブラウンは、大人の女性にぴったりのカラー。ほどよく肉厚な素材を選ぶことで高級感を高めて。ボーダーアイテムや黒を投入することで、レディライクな着こなしを叶えます。

▼ダークブラウン

ダークブラウンのコーデ画像

スクールガールのようなダッフルコートに、マチュアなダークブラウンという組み合わせがクセになりそう。黒アイテムともなじみがよく、温感がありつつ大人っぽさもたっぷり。

【グレー】で落ち着いた大人の印象に

洗練されたムードを演出するなら、グレーはいかが? なかでもライトグレーなら顔色までもフレッシュに引き立ててくれる。アイスブルーのトップスで美人度が急上昇。ボトムスの黒で甘さを抑えて、上品な装いに。

【白】は上品に仕上がる

ぱっと表情が明るく華やぐ白のダッフルコート。白と黒でまとめたモノトーンコーデで、きれいめな着こなしをエンジョイ。

【カーキ】で大人カジュアルに

カジュアルに着こなせるカーキのコートは、デニムとの相性抜群。ダッフルコートのプレッピーな印象をアクティブにアップデート。

【黒】はシックにまとまる

着回し力に加えて大人っぽい仕上がりを狙うなら、黒で決まり! 黄みがかったベージュのチェックにもなじんで、まとまり感ある着こなしに。チェックが主役のトラッドなコーディネートが完成。

大人っぽいダッフルコートのコツは【丈】感にあり!

丈でも印象がぐっと変わってくるダッフルコート。ショート丈でスタイルアップを狙うもよし、スーパーロングで旬をまとってもよし。ショート、ミドル、ロングのそれぞれの着こなし見本をお届け。

【ショート丈】のダッフルコートを大人っぽく着こなす

▼ニアートーンでまとめてまろやかに

ショート丈のダッフルコートにAラインのニットワンピースを合わせた、フェミニンなムードただようコーディネート。ミディ丈なので幼くならずに、大人可愛さがアップします。

▼長めスカートと合わせてスタイルアップ

ショート丈のダッフルコートなら、長い丈のスカートとのバランスも◎。スカートのシルエットを活かした着こなしを叶えます。重たくなりがちなコートスタイルでも、視線を上に集めて細見えを実現。

【ミドル丈】のダッフルコートならオフィスカジュアルもOK!

▼オフィスカジュアルにもぴったり

まろやかなブラウンのダッフルコートなら、オフィスカジュアルにもぴったり。タイトスカートできちんと感を高めつつ、ボーダートップスで適度にリラックス。

▼ベージュのミドル丈でフェミニン度を高める

ライトベージュ×ミドル丈で大人可愛いを演出。タイトスカート合わせですっきりラインを作ったら、足元は黒で引き締めて大人っぽさをひとさじ。

【ロング丈】のダッフルコートが存在感大◎

▼ワンピース感覚で着こなして

膝下のロング丈ダッフルコートに合わせるボトムスは、パンツが正解。ルーズでだらしない印象にならずに、スタイルよく着こなして。きれいめな印象を叶えるまとめヘアとローファーシューズで、さらに大人っぽく。

▼スーパーロングが主役級!

とことん今っぽさを狙うなら、フルレングスのロング丈ダッフルコート。迫力のある丈感を着こなすカギは、コートとボトムスの色を揃えること。ブラウンで統一するだけで、こなれ感のある着こなしを叶えます。

【雰囲気別】大人のダッフルコートコーデ

きれいめに着こなしたい日もあれば、リラックス感のあるカジュアルコーデを楽しみたい日もある。両方の願いを叶えてくれる万能ダッフルのお手本コーデを見逃さないで。

大人のきれいめコーデ

▼黒にペールピンクを添えて

ベーシックカラーアイテムに落ち着きがちな冬だからこそ、アウターでちょっぴり冒険するのはいかが? ピンクといえどくすみカラーなら意外にもどんな色ともマッチしやすい。黒スキニー×ソックスブーツのきれいめルックに、ピンクの華を添えて気分を高揚させて。

▼グレー×チェックでシックな表情に

肉厚なグレーダッフルコートに、チェックのプリーツスカートを合わせてシックに決めて。トップスやコートと同じ色が入ったチェックを選べば、色の組み合わせもOK。地味見えしない、冬らしいコーディネートが完成です。

▼ベーシックな色使いでカジュアルに

暗く重たい印象になりがちな黒のロングコート。トップスとボトムスをまろやかなベージュで統一するだけで、マイルドな雰囲気に。きれいめカジュアルな好印象コーデのできあがりです。

▼フレアパンツ合わせでアクティブに

ベージュのコートで、色が暗くなりがちな冬のコーデを明るくアップデート。ピュアなホワイトとセミフレアのシルエットで、パンツスタイルでもフェミニンな印象をキープできます。

【30代・40代】必見!大人っぽくダッフルコートを着こなす3つのポイント

  1. シルエットがきれいなものをチョイスする
  2. 素材を重視して選ぶ
  3. 色選びにこだわる

年を重ねるにつれて、シンプルこそサマになるのがうれしいポイント。素材やシルエットを重視して、「あこがれられる」着こなしをマスター。

【1】シルエットがきれいなものをチョイス

シルエットはきれいなものをチョイスしたコーデ画像

ストンとした落ち感のあるストレートラインが大人のベーシックスタイルを引き立てる。中のアイテムをすっきりとした黒アイテムでまとめつつ、アウターカラーとなじませたキャメルパンプスできれいめムードをアップ。

【2】素材を重視して選ぶ

ほどよく肉厚な、しっかりめの生地や素材を選ぶと、きちんと感が醸し出せる。どんなボトムスとも合わせやすいミドル丈のダッフルコートは、長く使える1着になるはず。

【3】色選びにこだわる

カラーアイテムを選ぶなら、くすみカラーや深みのあるカラーが◎。派手になりすぎず、大人っぽく仕上がります。マスタードイエローは着るだけで上級者見えを約束。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW