人間関係

“離婚式”って一体なに!?現代の新しい離婚のかたち

2022/08/06

結婚する際に結婚式を挙げるのと同じように、離婚の時に「離婚式」を挙げる人たちがいるのを知っていますか? ふたりの円満なお別れと、新たな人生の門出を祈って挙げられる離婚式、一体どんなことをするのか解説します!

(1)離婚式を挙げる理由

離婚式を挙げる理由は、人によって異なるようです。

これまでの結婚生活やそれらへの決別へ「けじめをつける」という意味で式を挙げるという人がいるのに対し、慰謝料・養育費・子どもとの面会など離婚条件を守らせる、参加から承認を得たいという目的もあるようです。

(2)離婚式って何するの?

・司会の挨拶
・裂人(さこうど)の挨拶
・友人代表のスピーチ
・離婚届の署名捺印
・結婚指輪潰し
・旧郎のブーケトス
・お色崩し

以上が離婚式の主な内容。
結婚式が仲人であるのに対し離婚式では裂人なことや、白いパイをぶつけ互いに「真っ白で無垢な状態に戻る」ことを意味するお色崩しなど、結婚式と相対した内容があるのが特徴です。

(3)離婚式のメリット・デメリット

離婚式に参列した人の意見としては、「お別れしたことを知人友人にきちんと伝えつつ、ふたりが円満に離婚できるセレモニーはよいものだと思う」というポジティブなものから、「気まずすぎる。式じゅうずっと気を使わなきゃいけないし、離婚事由によっては相手側の家族や友人にずっとイライラしていることになる」とネガティブなものまで。

ふたりが離婚する理由や、友人・家族たちの思いをうまくくみ取ったうえで、式を挙げるのがよさそうですね。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW