彼女に振られた原因は?立ち直り方や復縁方法を詳しく解説!

彼女に振られた原因は?

突然彼女に振られると、計り知れないショックを受けます。しかし、彼女が何の理由もなしに別れを決断するとは、なかなか考えにくいものです。まずは、自分の普段の言動や振る舞いが別れの原因となっていなかったか、振り返ってみましょう。

心配のあまり束縛しすぎた

恋人を心配するあまり、過剰な束縛をしてはいなかったでしょうか?愛情ゆえのささやかな心配・焼きもちは喜ばれることもありますが、恋人の行動の自由を奪うほどの束縛は相手を苦しめるだけです。

過剰な束縛として、異性のいる場に出掛けることを一切許さなかったり、毎日の行動をメール・LINEで報告するようなルールを押し付けたりなどが挙げられます。人は束縛されればされるほど反発し、逃げ出したくなるものです。

束縛する恋人と苦痛な時間を過ごすくらいなら、さっさと別れて自由になりたいと考える人も少なくありません。

彼女を優先できなかった

恋人として彼女を大切にできていなかったなら、彼女は自分の扱われ方に不満を覚え、別れを選択したと考えられます。彼女の愛情にあぐらをかき、彼女の優先順位を落としてはいなかったでしょうか?

彼女と過ごす時間よりも仕事や趣味を優先したり、友達の誘いにばかり乗ってしまっていたりしたなら、彼女に愛想を尽かされたとしても仕方ありません。

彼女を優先しなかったということは、「彼女なら自分を愛しているから許してくれる」という甘えが、自分の心のどこかにあったということでしょう。

彼女は、自分をないがしろにする人よりも、きちんと大切にしてくれる人を新たに探そうと考えて別れを決めたのです。

彼女に振られたら新しい出会いを探すのもアリ

彼女に振られて辛い気持ちをどうにかしたい場合、スパッと諦めて次の恋愛に集中するのもアリです。そこでここでは、新たな出会いが探せる話題のマッチングアプリを紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)は利用率No.1(※)の真面目な恋愛・恋人探し・出会い探しのための恋活・婚活マッチングアプリ。
理想の条件で検索出来るだけでなく、「音楽」「マンガ」「映画」「カフェ巡り」など様々な趣味のコミュニティから出会いを見つけることも出来ます。普段出会えないような人と出会えるチャンスもあるかも。

※ MMD研究所「2021年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」2021年9月時点

Match(マッチドットコム)

Match(マッチドットコム)は「マジメな出会い」を求める大人向け婚活マッチングアプリ。30代以上の大人の独身男女の利用率が高くいのが特徴で、真剣な恋愛を求めている人におすすめのマッチングアプリです。登録・相手の検索は無料なので気軽に試せるのもおすすめポイント!

彼女に振られたときの男性心理

彼女に振られたとき、男性は感情が大きく揺れ動きます。別れた後も未練を感じる人もいれば、裏切られたように感じて怒りや悲しみを覚えたりする人もいるのです。彼女に振られたときの男性心理を、細かく見てみましょう。

忘れられず気になってしまう

振られた直後の男性は、なかなか彼女のことを忘れることはできません。恋人関係は解消されたとしても、彼女が気になって仕方がなくなります。

「彼女が今どこで何をしているのか」「自分と別れたことを悲しんでくれているか」「新しい恋人はできていないか」など、あれこれ考えを巡らせ、彼女のことで頭がいっぱいになります。

人によっては、付き合っているとき以上に彼女のことを気にするようになるでしょう。彼女の近況を知るため、彼女のSNSの更新をチェックしたり、共通の知人から彼女の様子を聞こうとしたりする行動も見られるようになります。

彼女を元カノと割り切ることができず、復縁の糸口を探ろうとする人もいるでしょう。

裏切られた気分になる

恋人に愛情深く尽くしてきたという自負がある男性ほど、彼女に裏切られたと感じます。どんなときでも彼女を優先し、労力を払ってきたにもかかわらず、彼女が同じだけの愛情を返してくれなかったことに対し、半ば恩をあだで返されたように思うのです。

また、プライドが高いタイプの男性も、彼女に振られたときに裏切られた気分になります。振られるくらいなら自分から振りたいと思う傾向があるため、彼女の方から別れを切り出されると、自分の尊厳を傷つけられたと思うのです。

自分に愛情を向けていると信じていた彼女に欺かれていた、嘘をつかれていたのだと感じてしまいます。

振った彼女のことを嫌いになる

彼女のことが大好きだった男性ほど、別れた後はかえって彼女のことが嫌いになってしまうケースはよくあるものです。振られたことの精神的ショックから逃れるため、彼女を徹底的に遠ざけようと考えます。

そもそも彼女に振られたことにまだ納得できていない場合は、なぜ自分から離れようとするのかが理解できず、自分自身を否定されたような気分になったり、彼女の行動が身勝手に感じられたりするのです。

彼女のメールや電話番号を消去したり、LINEをブロックしたり、写真や思い出の品を処分したりと、彼女の痕跡をとにかく消し去ろうとします。

彼女に振られた男性が後悔するパターン

男性の中には、彼女に振られてから後悔する人も多いものです。特に彼女に振られた原因を自覚している男性は、「あれさえやっておけば別れることもなかったのに」と自分の行動を後悔します。

彼女に振られた男性はどんなことに後悔するのか、代表的な三つのケースを解説します。

マメに連絡しておけばよかった

彼女に対して、「もっとマメに連絡しておけば、別れを回避できたかもしれない」と考えて後悔する男性は多いでしょう。

男性と女性では心地よいと思う連絡の頻度が異なるため、彼女が不満を訴えることがあります。

このとき、歩み寄ろうとせず「忙しいから」「連絡が多すぎてうっとうしいから」と突っぱねて放置すると、彼女が不満を蓄積し、いずれ振られることになるのです。

マメに連絡を入れる行動は、自分の工夫や配慮次第で実行できます。「大好きな彼女が離れていくくらいなら、もっと努力しておけばよかった」と過去を振り返って悔やんでしまうのです。

愛情表現をもっとたくさんすればよかった

彼女にもっとストレートな愛情表現をしておけばよかった、と後悔する男性もたくさんいます。

彼女が「好き」「愛してる」とはっきり言葉にしているにもかかわらず、男性の方は恥ずかしがって愛情を口にしないという状況は、彼女側が温度差を感じる原因です。

男性は言葉ではなく行動や態度で愛情を示しているつもりでも、彼女側にあまり伝わっていなければ、彼女はどんどん不安になります。

別れ際に彼女から、「もっと好きだと言ってほしかった」と言われて驚く男性は多いものです。自分の気持ちが伝わっていなかったことにショックを受け、もっとはっきり言葉にするべきだったと悔やみます。

コミュニケーション不足だった

彼女に振られたとき、コミュニケーション不足を反省する男性もいます。「彼女なら言わなくても分かってくれる」という信頼があだとなり、彼女とのコミュニケーションがおざなりになっていたケースです。

仕事が理由でなかなかデートできない時期があったり、たまたま彼女以外の女性のいる飲み会に行かなければならなかったりと、彼女のストレス・誤解を生みかねない状況で、きちんと説明はできていたでしょうか?

また、生活習慣・金銭感覚・価値観の差など、お互いの違いを認め合い、歩み寄るための話し合いができていたか、いま一度振り返ってみましょう。

「お互いにもっと話し合っていれば、振られることはなかったかもしれない」と後悔する男性はたくさんいるものです。

彼女に振られたときの返事の仕方

彼女に振られた瞬間は誰でも動揺し、とっさに返事に困ってしまいます。しかし、別れ際の行動・言動は、その後の彼女の心に強く残るものです。よい印象を残したまま彼女と別れるためにも、彼女に振られたときの返事の仕方を知っておきましょう。

「今まで本当にありがとう」

彼女に振られた瞬間は、自分自身の悲しみ・寂しさと向き合うことで精いっぱいかもしれません。しかしそこで、今まで付き合ってくれた彼女に対する感謝を伝えられることが大切です。

彼女は、振った相手から恨みごとを言われる覚悟はあっても、まさか感謝されるとは思ってもいないでしょう。「こんなに思いやりのある男性と別れてよかったのかな」と少しでも感じてもらえれば、その後復縁できる可能性もゼロではありません。

逆に、振った彼女に冷たく当たったり、怒りをぶつけたりすれば、別れ際の恋人の印象としてはかなり悪いものになります。「やっぱり別れて正解だった」と思われ、未練なく離れていってしまうでしょう。

「今の自分ではあなたに相応しくないね」

「今の自分は相応しくない」というセリフは、自分の非を認めつつ、彼女の別れたいという気持ちを尊重した言葉です。

また、このセリフは裏を返せば「あなたに相応しい人になれるように努力する」ということであり、復縁の可能性を残した言葉といえます。

このセリフを言われた彼女の方は、別れを受け入れてくれたことにほっとすると同時に、これから「あなたが変わってくれるかもしれない」という期待を持つでしょう。

本当に自分の欠点を見つめ直して成長できたなら、いずれ彼女と再会したときに彼女の方から復縁を持ちかけてくれる可能性もあるのです。

「幸せにできなくてごめんね」

振られた自分の痛みよりも、付き合っている間幸せではなかった彼女のつらさに寄り添った言葉を選ぶのもよいでしょう。別れ際の彼女に、思いやりと責任感を持つ男性だという印象を与えることができます。

恋人を振る瞬間の彼女は罪悪感を持っているため、「幸せにできずごめん」というセリフは余計に彼女の心を揺さぶるでしょう。

「こんなに思いやりのある人を傷つけてしまった」という思いと、別れを受け入れてくれた男性への感謝の気持ちが生まれます。

彼女に振られた場合の復縁方法は?

どうしても彼女とヨリを戻したいという人は、復縁を目指して具体的な行動を取る必要があります。ポイントは、彼女が復縁を検討できる時期を見極めることと、自分の欠点を見つめ改善することです。具体的にどうすればよいか確認しましょう。

冷却期間をおいて冷静になる

彼女に振られた直後は「今ならまだ挽回できるかもしれない」と考え、慌てて行動してしまいたくなるかもしれません。

しかし、一度別れを決意した彼女にしつこく追いすがっても、ますます彼女の気持ちを遠ざけてしまいます。冷却期間を設けることで、お互いに冷静さを取り戻しやすく、状況をよくしやすいものです。

特に彼女は別れた直後の解放感が薄れ、元カレについて冷静に考える時間を持てるようになります。冷却期間中に悪かったところを改善し、彼女に成長した姿を見せることができたら、復縁の可能性も出てくるでしょう。

冷却期間は短すぎても意味がありませんが、反対に空きすぎると彼女の気持ちが完全に離れてしまいます。別れた原因にもよりますが、1~3カ月程度が冷却期間の目安です。

外見や内面を変える努力をする

彼女と復縁したいなら、彼女に振られる原因となった自分の欠点を改善する努力をしましょう。何の成長もないまま彼女に復縁を迫っても、また同じように振られる可能性大です。

外見を指摘されたなら、ファッションセンスを磨いたり、身だしなみを整えて清潔感をキープしたりしましょう。見た目に気を使えている友達に、アドバイスを受けるのもおすすめです。

内面を指摘されたなら、彼女が嫌がっていた部分をまず改善していきます。金銭感覚・遅刻癖・悪い生活習慣など、付き合っていたときに彼女に怒られたことを思い出してみましょう。これも、友人から客観的なアドバイスを受けるのが効果的です。

「別れたことを彼女に後悔させるくらい、いい男になる」くらいの意気込みを持って取り組めば、復縁の可能性が高まります。

まとめ

彼女に振られる理由として、束縛の強さや彼女を軽んじた付き合い方などが挙げられます。

振られた直後の男性は、彼女を忘れられず苦しんだり、裏切られたように感じ怒りを覚えたりするでしょう。「マメな連絡や愛情表現をしていればよかった」と、後悔することもあるかもしれません。

振られても彼女によい印象を残す返事をし、復縁につながる行動を取れば、ヨリを戻せる可能性はあります。振られた原因を見つめ直し、彼女をもう一度振り向かせましょう。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW