Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金・手数料の仕組みを解説!他社6社と徹底比較
LIFE STYLE

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金が高い仕組みを解説! 支払い方法や他社との比較も紹介

2021/09/06

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金が高い仕組みを徹底解説!近年需要が高まってきたデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。実店舗で頼むより高いのはなぜ?と疑問に思っている人も多いはず。そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品代金が高いワケを徹底解説! 支払い方法や他社との比較も紹介しているので、Uber Eats(ウーバーイーツ)を使いこなしたい! という人は是非チェックしてみてください。

ウーバーイーツの料金が高い仕組みを解説

ウーバーイーツの料金が高い仕組みは、レストラン(加盟店)がウーバーイーツに手数料を払っているから。お店によって実店舗との差はさまざまなので、一度ここで確認してみてください。

ウーバーイーツの料金は高いってホント?

\ウーバーイーツ価格と実店舗の料金をチェック/

店舗名 商品名 ウーバーイーツ 実店舗
マクドナルド ビッグマックセット 750円 690円
モスバーガー モスバーガー 490円 390円
ケンタッキー オリジナルチキン 270円 250円
吉野家 牛丼(並盛) 570円 387円
バーミヤン 海老レタスチャーハン 900円 755円

上記の表を見てみると分かるように、お店によって差はありますが、実店舗で注文するよりウーバーイーツで注文した方が料金は高くなります。では、実際どんな手数料が含まれていることで料金が高くなっているのか、以下で分かりやすく解説しているので、気になる人はチェックしてみてください。

料金の内訳を解説

Uber Eatsで注文した際に商品代金以外でかかる料金の内訳は大きく分けて「配達手数料」「サービス料」「小量注文手数料」の3つ。以下で詳しく解説していきます。

1. 配送手数料

ウーバーイーツの配送手数料に関する解説画像
  • 配達手数料はお店によって異なる
  • お店と配達先の距離で変動する
  • 地域によって変動する
  • 天候や混雑状況によって変動する

Uber Eatsの配送手数料は、お店ごとに決められている手数料やお店から配達先の距離などで変動します。天候や混雑状況によって普段よりも配送手数料が高くなることも。ちなみにUber Eatsの配送手数料は、基本的に50円~550円程度です。

2.サービス料

ウーバーイーツのサービス料に関する解説画像

Uber Eatsのサービス料とは、料理の価格に10%上乗せした料金のことをいいます。マクドナルドやすき家などのチェーン店の場合、店舗料金と比べてみると、Uber Eatsでの注文はやや高めの設定になっています。

3.少量注文手数料

ウーバーイーツの少量注文料に関する解説画像

Uber Eatsには最低金額が設けられていないため、いくらからでも注文可能です。しかし、700円未満の料理を注文すると配送手数料やサービス料とは別に150円の少量注文手数料が上乗せされてしまうため、注意が必要です。場合によっては料理の金額よりも手数料が高くなってしまうこともあるので、利用するときは確認するのがおすすめです。

Uber Eatsでの料金の支払い方法

ウーバーイーツを利用している様子

「Uber Eatsで料金を支払う場合、支払い方法はカードだけ?」なんて声もちらほら。ここでは、Uber Eatsで実際に注文した際の料金の支払い方法についてご紹介します! Uber Eatsではさまざまな支払い方法から柔軟に選択が可能なので、チェックしておくとトクすることもあるかもしれません。

クレジットカード/デビットカード/プリペイドカード

Uber Eatsでは、クレジットカードはもちろん、デビットカードやプリペイドカードも使用可能です。クレジットカードが手元にない! という人でも注文可能なので、他サービスでクレジットを持っていなくて注文ができなかった… という人はUber Eatsを利用してみてください。

電子マネー決済

最近よく耳にするLINE PayやPayPayなどの電子マネー決済。Uber Eatsでももちろん利用可能です。 LINE PayやPayPayのほかにも、Apple Payでも支払いすることができます。自分が使っているオンライン決済をすることで、ポイントなどが貯められるというメリットも。普段から電子マネーをよく利用しているという人は、是非利用してみてください。

現金

Uber Eatsでは、現金での支払いも可能です。ただし、注意したいのが「一部のエリアでのみの利用であること」と「置き配ができないこと」。そのほかにも、配送手数料を含め税込10,000円以内の注文であることと、アルコールは注文できないことも決められています。

▼現金支払いできるエリア

全域で可能 東京/千葉/埼玉/横浜/大阪
一部で可能 名古屋/神戸/京都/福岡

▼Uber Eatsの詳しい使い方はここからチェック

Uber Eatsの料金を少しでも安くする4つの裏ワザ

ウーバーイーツのイメージ写真

最後に、Uber Eatsをおトクに利用する裏技をレクチャー! Uber Eatsを初めて使う方は必見!お得な情報が盛り沢山なので、この機会に是非チェックしてみてください!

【1】初回限定キャンペーンクーポンを利用する

Uber Eatsでは、初回限定で誰でも2,000円OFFになるクーポンを配布中! 配送手数料などはかかってしまいますが、注文の合計金額から2,000円OFFになるので、かなりおトクに楽しむことができます! まだUber Eatsを利用したことがない! という人は、初回限定クーポンを利用して通常の料金よりもおトクに楽しんじゃいましょう。詳しくは下記にある詳細情報をチェック。

割引金額 初回注文2,000円オフ
有効期限 9月6日(月) ~ 9月19日(日)
利用条件 ・初回利用限定
・クーポンの併用不可
対象店舗 全国のUber Eats対応店舗
プロモーションコード JPEATS2002

▼Uber Eatsのクーポン・キャンペーン情報はこちら

【2】配送手数料が安い近場のお店を利用する

料理の写真

配達パートナー数やお店によって異なりますが、Uber Eatsの配送手数料は、基本的にお店と届け先の距離が近いほど安く設定される傾向があります。配送手数料を抑えたいときは、届け先からお店が近いところで頼むようにしましょう!

【3】700円以上の商品を注文して少量注文手数料を抑える

ウーバーイーツの手順イラスト

Uber Eatsは最低金額が設けられていないため、いくらからでも注文可能ですが、無駄な手数料を抑えるためにも700円以上の注文がおすすめです。料理の金額を抑えられても、少量注文手数料でかえって高くなってしまうことがあるので、少しでもおトクに使いたい!という人は頭の片隅にいれておくのがおすすめです。

【4】値引き・イベントをチェック

ウーバーイーツ

Uber Eatsは不定期で配送手数料が無料になったり、条件付きで支払い額が数百円オフになることがあります。ほかにも、特定商品の割引1つ頼むと1つ無料になることも! お得に利用できることも多いので、Uber Eatsのアプリをこまめにチェックしてみてください。

Uber Eatsの料金を他社7サービスと比較

サービス 配達手数料 最低注文金額
Uber Eats 50円〜
なし(700円未満の場合150円の手数料が加算)
出前館 0円〜420円 店舗によって異なる
menu 300円〜550円 1,000円未満の場合150円の手数料が加算
楽天デリバリープレミアム 370円〜(6,000円以上で無料) 1,500円
dデリバリー 0円〜 店舗によって異なる
fineDine 1つのレストランにつき380円
商品合計金額の15%
2,000円(レストランや地域によって異なる)
Wolt 99円〜299円 1,000円(1,000円未満の場合1,000円までの差額分が加算)

上記の表から分かるように、Uber Eatsは他社サービスと比べて配達手数料が比較的安く設定されています。また最低注文金額もないため、少しの注文から頼めるのもメリットのひとつ。飲み物やお菓子なども手軽に注文できるので、ぜひこの機会にUber Eatsを利用してみてください!

Uber Eatsの料金に関するQ&A

ここでは、Uber Eatsの料金に関するQ&Aを紹介していきます。配送手数料から支払い方法などまで、気になる疑問にまとめて答えているので、気になった人は是非チェックしてみてください。

Q1. Uber Eatsの料金が高い仕組みは?

A. レストラン(加盟店)がウーバーイーツに手数料を払っているからです。

Q2. Uber Eatsで商品代金以外でかかる手数料の内訳は?

A. 「配達手数料」「サービス料」「小量注文手数料」の3つが商品代金以外にかかります。

Q3. Uber Eatsでの料金の支払い方法は?

A. 「クレジットカード」「デビットカード」「プリペイドカード」「LINE Pay」「PayPay」「Apple Pay」「現金」などでの支払いが可能です。

Q4. Uber Eatsの配達手数料はいくら?

A. 店舗にもよりますが、注文した際に発生する配送手数料は基本的に50円〜です。

Q5. 最低注文金額はありますか?

A. ありません。ただし、700円未満の場合は150円の手数料が加算されるので注意してください。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW