今年は「スタンドカラーシャツ」に注目!絶対こなれるお手本コーデ16選
FASHION

今年は「スタンドカラーシャツ」に注目!絶対こなれるお手本コーデ16選

2020/04/30

「クラシカル」へのトレンド回帰で注目されているのが、きちんと感のある「スタンドカラーシャツ」。本記事では、そもそもスタンドカラーシャツってどんなもの? という疑問の答えから、実際のお手本コーデ例までピックアップ。ぜひワードローブに加えて、今っぽいおしゃれを楽しんでみて。

スタンドカラーシャツって?

スタンドカラーシャツって?のイメージ画像

襟の折り返しがない「立ち襟」のことを指す「スタンドカラー」シャツ。折り返しがない分、首まわりがすっきり。女性が着こなすと上品な印象も演出できるのがうれしい。「クラシカル」がキーワードの2020年、ひとつスタンドカラーシャツを迎えてみるのはいかが?

【春夏】のコーデ例

ロンTやTシャツなど、カジュアルなアイテムが多くなる春夏だからこそ、端正なスタンドカラーシャツを取り入れて、いつもと違った印象を楽しみたいところ。襟がすっきりしている分、清涼感が叶うのもポイントに。

デザイン性の高いシャツで差をつけて

デザイン性の高いシャツで差をつけたコーデ画像

フリルのあしらいや裾デザインなど、ディテールの効いたスタンドカラーシャツが即戦力に。下半身のアイテム選びは黒に徹底して、モードをコンプリート。

透け感のあるシャツで涼しげに

透け感のあるシャツで涼しげにしたコーデ画像

旬を盛り上げるなら、シアー素材のスタンドカラーシャツがおすすめ。サテンパンツで素材のメリハリを加えつつ、ペールブルーの持つイメージでシアー素材の清涼感を後押し。

水色×麦わら帽子で清涼感たっぷりの装い

水色×麦わら帽子で清涼感たっぷりの装いのコーデ画像

正統派なスタンドカラーシャツも、好印象な水色で取り入れればお堅くなりすぎない。ラフィアハットでクリーンなムードを高めつつ、他のアイテムは黒で統一して大人のバランスを意識。

フレンチスリーブで上品に

フレンチスリーブで上品にしたコーデ画像

スタンドカラーやフレンチスリーブなどのディテールのほか、透けた素材そのものが抜け感を与えてくれます。春夏らしいリネンハーフパンツを合わせたら、シャツの裾はアウトで着こなすと「今っぽい」にシフト。

ドットをあしらった可憐なシャツ

ドットをあしらった可憐なシャツのコーデ画像

普段手に取りづらいような甘い白シャツも、穿き慣れたデニムとのコンビなら身近な存在に。フリルやドット刺しゅうでメリハリがつくのも高ポイント。

【秋冬】のコーデ例

秋冬には、レイヤードを駆使して温感とおしゃれ偏差値をアップさせたいところ。重ねる技を取り入れるときは、「配色バランス」に注目してみて。

ボリュームたっぷりのタートルネックからのぞかせて

ボリュームたっぷりのタートルネックからのぞかせたコーデ画像

タートルネックと重ねる場合、スタンドカラーシャツならドッキングデザインのように、襟元からのぞかせられるのがうれしい。シャツの裾も見せることで、ブラウン×黒の単調さを一新。

ニットベスト合わせでマニッシュに

ニットベスト合わせでマニッシュにしたコーデ画像

白のスタンドカラーシャツに、ベージュのニットベストを重ねて奥行きをアップ。ボトムスはブラウンを選んで、温感を引き上げて。イメージするのは、「外国のおしゃれな紳士」っぽいマニッシュスタイル。

ショート丈ニット合わせのプレッピースタイル

ショート丈ニット合わせのプレッピースタイルのコーデ画像

透けのある白スタンドカラーシャツには、オフホワイトの肉厚ニットベストを合わせて立体的に。シャツ×ニットベストのプレッピーな組み合わせには、やわらかい雰囲気のミントグリーンのワイドパンツがお似合い。

ブラウンを重ねて秋色コーデを楽しむ

ブラウンを重ねて秋色コーデを楽しんだコーデ画像

ナチュラルにきまるライトベージュのスタンドカラーシャツは、長い裾がまわりと差のつくポイントに。アンクル丈のブラウンパンツをベージュになじませつつ、他のアイテムは黒で統一して引き締め。ラフに掛けたストールで縦長効果を発揮して。

シャツの重ね着で個性的に

シャツの重ね着で個性的にしたコーデ画像

カラーシャツとスタンドカラーシャツを重ねて、変化球なレイヤードコーデをエンジョイ。個性の光る重ね技なので、ボトムスはアウターと色を統一してなじませるとすっきり。

ケーブルニットカーディガンをONして季節感を高めて

ケーブルニットカーディガンをONして季節感を高めたコーデ画像

トップスとして着こなしたベージュのケーブルニットカーディガンには、時には脇役にもなってくれる白スタンドカラーシャツをIN。ちょこんとのぞく白のおかげで、コーデの立体感はお手のもの。

【ユニクロ・無印良品】のスタンドカラーシャツが万能!

ベーシックかつお手頃価格なアイテムが豊富な「ユニクロ(UNIQLO)」や「無印良品」でもスタンドカラーシャツが手に入ります。シンプルなデザインが多いので、着回し力を重視するなら見逃せません。

「ユニクロ」

▼ロング丈ならよりリラクシーに

ロング丈ならよりリラクシーにしたコーデ画像

裾アウトでラフに着こなすなら、ロング丈のスタンドカラーシャツがおすすめ。ノーブルなネイビーには、優しいベージュアイテムを合わせてナチュラルな印象へとシフト。スキンカラーになじむから、プリーツ加工で立体的に仕上げて。

▼色使いテクニックでナチュラルに

色使いテクニックでナチュラルにしたコーデ画像

ライトベージュのニットとバッグ、そしてミントグリーンのボトムスといった淡い配色で、きれいめナチュラルをメイク。切れ味のよいクリアホワイトを上下にのぞかせて、間延び感をなくして。

「無印良品」

▼チノパン合わせで王道シンプルコーデ

チノパン合わせで王道シンプルコーデの画像

無駄な装飾のないスタンドカラーシャツと、カーキのチノパンを合わせて大人ミニマルを徹底。シンプルな装いのなかに、混じりけのない白が存在感を主張。

▼冬のブラウンコーデのアクセントとして

冬のブラウンコーデのアクセントとしたコーデ画像

チェック柄×ブラウンでぬくもりたっぷりな冬の装いには、パリッとした白をアクセントに取り入れて。アウターに襟があるため、シャツはスタンドカラーを選ぶと首まわりがすっきりします。

シンプルな襟だから【オフィス】にもぴったり

きちんと感のあるスタンドカラーシャツは、オフィスシーンにもばっちり。掛け合わせるアイテムを変えて、上手にオンオフ兼用してみて。

青×白のストライプでみずみずしく

青×白のストライプでみずみずしくしたコーデ画像

ブルーストライプが爽やかなスタンドカラーシャツは、白デニム合わせなら適度にカジュアルダウンしつつ清涼感はしっかりキープしてくれます。足元にはクリアストラップサンダルを選んで、おしゃれ満足度も満たして。

襟のフリル×ベロア生地で個性を引き出して

襟のフリル×ベロア生地で個性を引き出したコーデ画像

スタンドカラーシャツとワイドパンツの定番オフィスコーデは、フリルネックやベロア素材を効かせてマンネリを回避。足元にはヌーディーなベージュを置いて抜け感を作り、親しみやすい印象に。

タイトスカート合わせでレディムードを後押し

タイトスカート合わせでレディムードを後押ししたコーデ画像

フリルネックのスタンドカラーシャツに、タイトスカートを合わせてレディな着こなしに。ハンサムなカーキのおかげで、気負わずに着られるのがうれしいポイント。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW