ママファッションを徹底調査!【34選】きれいめスタイルもばっちり叶う♪
FASHION

ママファッションを徹底調査!【34選】きれいめスタイルもばっちり叶う♪

2020/04/29

ママになったら、ママとしてのおしゃれを楽しみたい! と感じている人も多いのでは? 本記事では、ママファッションを作る上での4つのポイントの他、春夏・秋冬別コーデをピックアップ。きれいめコーデやユニクロなどの人気ブランドも紹介しているので、さっそくチェックしてみて。

ママファッションの【4つポイント】

ママファッションを作る上で、欠かせないポイントを4つご紹介。おしゃれと機能性を両立すべく、ぜひ参考にしてみて。

  1. 動きやすいシルエットの服を選ぶ
  2. 汚れても目立ちにくい色が安心
  3. 気軽に買い替えができるブランドが◎
  4. いつでも走れるような安定感のある靴を履く

動きやすいシルエットの服を選ぶ

動きやすいシルエットの服を選んだコーデ画像

アクティブな子供に合わせて、ママも動きやすさを備えた服装をしたいところ。ほどよくゆったりとしたニットに、足さばきしやすいフレアスカートは、色を統一しておしゃれ満足度もアップ。

汚れても目立ちにくい色が安心

汚れても目立ちにくい色が安心のコーデ画像

公園に行ったり、子供とご飯を食べたりすると汚れがついてしまうことも。そんなときに備えて、黒など汚れが目立ちにくいものを選ぶと安心。

気軽に買い替えができるブランドが◎

気軽に買い替えができるブランドが◎のイメージ画像

汚れなどが落ちなかった場合に備えて、気軽に買い替えできるブランドを選ぶとよりGOOD。プチプラかつ、全国どこでもあるブランドを選んでみて。

いつでも走れるような安定感のある靴を履く

いつでも走れるような安定感のある靴を履いたコーデ画像

急に走り出す子供を追いかける、なんてシーンも多いのでは? そんなときのために、すぐに走り出せるような安定感のある靴をチョイス。ヒールを選ぶ場合には、低めのものや太めのタイプを選んでみて。

【春夏】は身軽なスタイリングが◎

ここからは、季節別に見る、実際のお手本ママファッションをご紹介。まずは春夏コーデを8選ピックアップ。

▼モッズコート×スキニーパンツ

モッズコート×スキニーパンツのコーデ画像

ほどよくルーズなモッズコートで、動きやすさを確保。シンプルな白Tに黒スキニーを合わせて、大人シックにきめて。足元は、疲れにくいスニーカーをチョイス。

▼スウェットワンピース×ショートブーツ

スウェットワンピース×ショートブーツのコーデ画像

▼カーキのセットアップ

カーキのセットアップのコーデ画像

ドロップショルダーシャツとスカートのセットアップは、着るだけでこなれシルエットが作れる優れもの。スカートはフレアなので、足さばきがよいのもうれしい。

▼ボーダートップス×ミントグリーンワイドパンツ

ボーダートップス×ミントグリーンワイドパンツのコーデ画像

ドロップショルダーがこなれ感漂うボーダートップスには、ミントグリーンのパンツを合わせて春らしい淡い配色を意識。ワイドパンツなら、動きやすさも叶えてくれる。

▼黒ノースリーブトップス×きれい色テーパードパンツ

黒ノースリーブトップス×きれい色テーパードパンツのコーデ画像

ウエストマークでメリハリが作れる黒ノースリーブトップスに、フレッシュなイエローパンツを合わせて夏ムードをアップ。テーパードなら、ほどよい太さで動きやすさと脚カバーを担ってくれる。

▼ピンクリブTシャツ×薄色デニム

ピンクリブTシャツ×薄色デニムのコーデ画像

ペールパープルのTシャツと、ライトブルーデニムを合わせて初夏の爽やかな雰囲気を取り込んで。シューズはフラットだと歩きやすい。バッグはショルダータイプを選んで両手を開けておくと便利。

▼黒ノースリーブワンピース×キャップ

黒ノースリーブワンピース×キャップのコーデ画像

ストンと落ち感のあるノースリーブワンピースに、キャップとスニーカーを合わせてアクティブな装いに。大きいと何かと便利なトートバッグは、オフホワイトを選んで黒の強さを中和。

▼ノースリーブトップス×ベージュロングスカート

ノースリーブトップス×ベージュロングスカートのコーデ画像

たっぷりとした生地で足さばきしやすいフレアスカートは、ロング丈を選んで大人の洗練感を宿して。スカートがフルレングス丈だから、トップスとシューズはコンパクトにまとめると美バランス。

【秋冬】は窮屈さを感じない防寒を

春夏のお手本コーデに続いて、次に秋冬のお手本を7選ご紹介。動きやすさとおしゃれを両立して、ママファッションを存分に楽しんで。

▼ロングガウン×デニムジャケット×スキニーパンツ

ロングガウン×デニムジャケット×スキニーパンツのコーデ画像

ショルダーバッグとスリッポンの小物合わせで機能性を重視した装いは、レイヤードテクでおしゃれ偏差値を引き上げ。モノトーンのシックな印象も、間にデニムジャケットを挟むことで親近感アップ。

▼黒ライダースジャケット×チェック柄パンツ

黒ライダースジャケット×チェック柄パンツのコーデ画像

ワイドパンツとスニーカーで動きやすいボトムスコーデには、ライダースジャケットを合わせてこなれ感を演出。シックなブラックコーデも、チェック柄のおかげで親しみやすい印象に。

▼タートルネックニット×ケーブルスカート

タートルネックニット×ケーブルスカートのコーデ画像

ニットONニットの秋冬らしい装いには、異なる編み方のアイテムをかけ合わせて立体感をON。ベージュ×ブラウンでぬくもりを作りつつ、足元はバレエフラットシューズで動きやすく仕上げて。

▼ベージュボアコート×ドット柄フレアスカート

ベージュボアコート×ドット柄フレアスカートのコーデ画像

ノーカラーで首まわりがすっきり仕上がる冬スタイルに、ドット柄のフレアスカートをプラス。フェミニンな装いをスニーカーでカジュアルダウンしつつ、疲れにくさを追求。

▼黒ダウンジャケット×黒スキニー

黒ダウンジャケット×黒スキニーのコーデ画像

ロンTとスキニー、そしてスリッポンで大人のアクティブスタイルをメイク。ふわっと添えたダウンジャケットは、抜き襟で着こなし、こなれたシルエットに仕上げて。

▼CPOジャケット×ニットタイトスカート

CPOジャケット×ニットタイトスカートのコーデ画像

ベージュのフーディーとオフホワイトのニットスカートを合わせたリラックスな装いには、ローカットのスニーカーを合わせて抜け感をプラス。締め役として投入したCPOジャケットは、ドロップショルダーで今っぽさを狙って。

▼ノーカラーコート×黒スキニー

ノーカラーコート×黒スキニーのコーデ画像

白トップスと黒スキニーのシンプルワンツーコーデは、トップスの裾をINしてスタイルアップを図って。襟まわりがすっきりとしたブラウンのノーカラーアウターで、大人上品なコーデをコンプリート。シューズは低めのきれいめヒールがママファッションには◎。

【きれいめ】スタイルはボトムスを意識

ここからは、ママファッションのきれいめスタイルを3選ご紹介。きれいめに仕上げるコツをぜひチェックしてみて。

黒リブニット×プリーツスカート

黒リブニット×プリーツスカートのコーデ画像

ミニマルな黒リブニットには、シックなワインレッドのフルレングススカートを合わせて大人っぽさを意識。細かいプリーツで布がたっぷり使われているので、足の可動域も広めになるのがうれしい!

デコラティブブラウス×黒テーパードパンツ

デコラティブブラウス×黒テーパードパンツのコーデ画像

ほどよく脚のラインをカバーしてくれる黒のテーパードパンツには、ディテールにこだわったモノトーンブラウスを合わせてマンネリを回避。ローズピンクのパンプスを合わせて、きれいめムードを盛り上げて。

襟付きタイトワンピース

襟付きタイトワンピースのコーデ画像

ちょっとした行事にもOKなきれいめスタイル。シンプルなタイトワンピースは、襟付きで正統派ムードアップ。肌なじみのよいベージュ小物を添えて、きちんと感を高めて。

【靴】はNOヒールがマスト

突然走り出す我が子を追いかけたり、抱っこしたりすることが多いから、靴はNOヒールが賢明。ここでは、フラットシューズでも美体型&こなれ見え確実なコーデをご紹介。

ローファー×グレーのチェスターコート

ローファー×グレーのチェスターコートのコーデ画像

スタイリッシュなローファーなら、フラットでもこなれ感を演出することが可能。グレーのチェスターコートと黒スキニーのクールな組み合わせには、フーディーを迎えてほどよくカジュアルダウン。

白スニーカー×ピンクボーダートップス

白スニーカー×ピンクボーダートップスのコーデ画像

パステルピンクの上下には、白小物をプラスしてフレッシュなムードを後押し。クロップド丈のパンツとローカットスニーカーの合わせ技で足首をのぞかせれば、抜け感たっぷり。

ビーサン×イエローのマキシ丈ワンピース

ビーサン×イエローのマキシ丈ワンピースのコーデ画像

ウエストギャザーのおかげでくびれが作れるマキシ丈ワンピースは、鮮やかなイエローを選んで単調さを回避。ビーチサンダルと大きめかごバッグで、動きやすさと夏のおしゃれを叶えて。

【30代・40代ママ】は清潔感&品が重要

30代・40代のママなら、清潔感と品のよさを演出してこなれたコーデを作りたい。実際のお手本コーデを3つピックアップ!

黒Tシャツ×ブラウンテーパードパンツ

黒Tシャツ×ブラウンテーパードパンツのコーデ画像

プレーンな黒Tシャツには、リングベルト付きのブラウンパンツを合わせてミニマルに徹して。カット加工が効いたローヒールのスリッポンで、さりげないおしゃれをエンジョイ。

パープルマキシワンピース×黒ぺたんこサンダル

パープルマキシワンピース×黒ぺたんこサンダルのコーデ画像

大人っぽさを備えたパープルのノースリーブワンピースは、マキシ丈で肌見せバランスを調整。フラットサンダルでもこなれて見えるのは、華奢なストラップのおかげ。

ベージュロングカーディガン×黒パンツ

ベージュロングカーディガン×黒パンツのコーデ画像

黒トップスとデニムのシンプルワンツーコーデには、ベージュのカーディガンをばさっと肩掛けして大人の余裕を演出。シルバーのフラットサンダルで、ベーシックカラーコーデにメリハリを加えて。

【ブランド】はここがオススメ!

次に、ママファッションを作る上でおすすめのブランドをご紹介。どちらもプチプラかつトレンドもしっかりキャッチしているので、参考にしてみて。

「niko and…(ニコアンド)」

「niko and…(ニコアンド)」のコーデ画像

シンプルを基調にしつつ、トレンドもきちんと取り入れている「niko and…(ニコアンド)」なら、コーデの幅も広げやすい。良心的なお値段もうれしい!

「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」

「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」のコーデ画像

ナチュラルなアイテムが豊富で、大人リラックスを作るのにぴったりな「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」。ショッピングモールにも展開されていて、全国さまざまな場所でゲットできるのもポイント。

【ユニクロ】のプチプラコーデは必見

ベーシックなアイテムがプチプラで手に入る「ユニクロ(UNIQLO)」はやっぱり優秀! タイムレスに活躍できるアイテムばかりなので要チェック。

黒のジャージーパンツ

黒のジャージーパンツのコーデ画像

ジャージー素材で動きやすさを備えつつ、計算されたシルエットで美脚に見せてくれるジャージーパンツが狙い目! コンパクトなトップスと合わせて、メリハリを意識してみて。

白のプリーツスカート

白のプリーツスカートのコーデ画像

一枚ではもちろん、ワンピースとレイヤードしても楽しめるプリーツスカート。プリーツ加工のために布がたっぷり使われているので、足さばきしやすく動きやすい。

ネイビーのスタンドカラーシャツ

ネイビーのスタンドカラーシャツのコーデ画像

きちんと感を備えたスタンドカラーシャツは、例えばデニム合わせだって品よく仕上げてくれる。ネイビーを選んで、洗練感を宿して。

ピンクニット

ピンクニットのコーデ画像

時にはフレッシュなニットトップスを迎えて、日々のコーデに新しい発見を。「ユニクロ」のトップスはカラーバリエーションも豊富なので、お気に入りの一枚を見つけてみて。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW