緑に合う色【見本コーデ19選】ポイントは5つのトーン
色合わせ

【見本コーデ19選】緑に合う色は?ポイントは5つのトーン!

2022/05/16

派手過ぎず地味見えしない、絶妙な色合いが知的でヘルシーな緑。上手にコーデに取り入れるととってもオシャレ見えする色ですが、「色合わせが難しい……」なんて声もちらほら。
そこで、緑に合う色を5つのトーン別にレクチャー。着こなしメリットがたくさんな緑コーデを、この機会にぜひマスターしてみて。

緑に合う色は「トーン」によって違う!

緑に合う色はたくさんありますが、緑色の「トーン」によって合う色が異なります。ここからは、「明るい緑」や「薄い緑」など、それぞれのトーン別に合う色をご紹介していくので、まずはここからチェックしてみてくださいね。

「明るい緑」にはベーシックカラーを

  • 明るい緑に合う色→白・黒・ベージュ・茶色

存在感の強い「明るい緑」には、白や黒などのベーシックなカラーが好相性。コーデのなかで色がぶつかることがなく、緑の鮮やかさを存分に引き出してくれます。春夏の日差しに映えるコーデを作るならこの組み合わせが吉!

「薄い緑」にはやわらかいカラーを

  • 薄い緑に合う色→白・ベージュ・ライトブルー

やさしい雰囲気を纏う「薄い緑」には、白やベージュ、ライトブルーなどのやわらかいカラーがぴったり。薄い緑を消すことなく、まろやかでリラックスムードたっぷりな雰囲気を纏うことができます。どこか涼しげな印象も与えてくれるため、暑い夏にぴったりの色合わせです。

「深緑」にはアースカラーやダークカラーを

  • 深緑に合う色→ベージュ・黒・グレー・ネイビー

こっくりした色合いの「深緑」には、ベージュやグレー、ネイビーなどの大人っぽいカラーがお似合い。深緑の落ち着いた雰囲気をさらに引き立て、上品な印象を与えてくれます。とくに秋冬のシックな服装に取り入れるのがおすすめ。

「黄緑」には白やベージュを

  • 黄緑に合う色→ベージュ・ネイビー

黄味を帯びた緑「黄緑」には同じく黄味を含むベージュ、または大人っぽく引き締めてくれるネイビーが好相性。ナチュラルな雰囲気に見せたいときはベージュ、知的に見せたいときはネイビーと、コーデの雰囲気によって使い分けるのがおすすめです。

「青緑」には黒やグレーを

  • 青緑に合う色→黒・グレー

緑と青を混ぜたような「青緑」には、黒やグレーなど定番のダークカラーがぴったり。青緑が持つモードな雰囲気を引き立てつつ、スパイシーに引き締めてくれます。大人っぽい組み合わせなので、カラーアイテムが苦手な方でもトライしやすくて◎。

【明るい緑】に合う色を使ったコーデ例

緑のなかでも、主張が強めで華やかな印象の「明るい緑」に合う色は、「白」や「ベージュ」などの万能なベーシックカラー。この組み合わせなら、コーデの中で色がぶつかることなく、すんなりなじんでオシャレ見えが実現できます。

明るい緑ⅹ白

▼明るい緑のセンタープレスパンツ×白Tシャツ×白カーディガン

明るい緑に白を合わせると、爽やかでヘルシーな印象に。パキッとした緑でも、浮かずにきれいめにまとめてくれます。鮮やかな緑のセンタープレスパンツを、カジュアルなロゴTと品のあるパイピングカーディガンで親しみやすく着こなして。

▼明るい緑のコート×白フレアスカート

パキッと鮮やかなグリーンのロングコートは一枚で存在感があるため、シンプルなアイテムでまとめて引き算するのが吉。ロゴスウェットやスニーカーでカジュアルにまとめつつ、真っ白なフレアスカートで女っぽさをひとさじ加えて。

明るい緑ⅹベージュ

▼明るい緑のセンタープレスパンツ×ベージュリブトップス

明るい緑にベージュを合わせると、白合わせよりもやわらかく優しげな印象にまとまります。ウエストのリボンがきれいめ感を引き立てるベージュのトップスに、まろやかなグリーンのパンツを合わせて大人のリラックスカジュアルコーデをメイク。

明るい緑×茶色

▼明るい緑のワンピース×茶色カーディガン

緑と茶色はどちらもアースカラーで相性抜群。明るい緑は茶色の重たさを払拭し、フレッシュな雰囲気を演出してくれます。リラックス感たっぷりのワッシャープリーツワンピースに、濃いめのブラウンのカーディガンを肩掛けすれば夏の休日コーデが完成!

明るい緑×黒

▼明るい緑のブラウス×黒テーパードパンツ

明るい緑を黒で引き締めると、シックで大人っぽい雰囲気にシフト。ふんわり可愛らしい印象のブラウスも、細身のパンツと合わせることで甘さが抑えられ、きれいめにまとまります。仕上げにボーダーの長袖トップスを肩掛けしてコーデの完成度を高めて。

▼明るい緑の長袖Tシャツ×黒ワンピース

地味見えしがちな黒のキーネックワンピースも、インナーに明るい緑のトップスをセレクトするだけでメリハリのある都会的な着こなしにシフト。仕上げに添えたかごバッグが、パキッとした色合わせの緊張感を和らげてくれて◎。

【薄い緑】に合う色を使ったコーデ例

薄く淡い緑には「白」や「ベージュ」「ライトグレー」などやさしい色がぴったり。合わせることでリラックスムード漂う着こなしが完成します。

薄い緑×白

▼薄い緑のストレートパンツ×白ジャケット

やわらかい印象の若草色には、やさしいオフホワイトが好相性。きれいめなストレートパンツを主役に、シアートップスとオフホワイトの薄手ジャケットを合わせて軽快なお出かけコーデに仕上げて。

薄い緑×ベージュ

▼薄い緑のコート×ベージュのパーカー

上品な印象を纏うくすみグリーンのコートを、ベージュのパーカーやデニムでラフに着こなしたコーデ。互いに淡い色合わせだからこそ、雰囲気の異なるアイテム合わせでもゴチャッとせず、スマートにまとまります。小ぶりなバッグやパンプスで女っぽさを添えるのも忘れずに。

薄い緑×ライトブルー

▼薄い緑のニット×ライトブルーデニム

パステルグリーンのニットにライトブルーのスキニーデニムを合わせた春らしさ全開の組み合わせ。やさしい色合わせで可愛らしさをアピールしつつ、デニムやスニーカーなどカジュアルなアイテムを取り入れてほどよく甘さを抑えているところが◎!

【深緑】に合う色を使ったコーデ例

こっくりした色合いの「深緑」には、ナチュラルなアースカラーやシックなダークカラーがお似合い。落ち着いた大人っぽい雰囲気に仕上がるので、オンコーデにもおすすめな組み合わせです。秋冬のシックな装いにも◎!

深緑×ベージュ

▼深緑のワイドパンツ×ベージュニット

深緑の落ち着いた雰囲気を引き立てつつ、コーデのトーンを上げてくれるベージュ。きれいめなワイドパンツを主役に、ゆったりしたベージュのニットを合わせれば大人の余裕を感じるコーデが完成です。ファーバッグやパンプスなど、エレガントな小物を散りばめて華やかさもトッピング。

深緑x黒

▼深緑のフーディー×黒のストレートパンツ

深緑と黒はシンプルで間違いのない組み合わせ。ただし、ダークカラー同士の組み合わせで全体的に暗く見えてしまうこともあるので、明るい色の小物を合わせて抜け感をつくってあげると◎。リラックス感漂う深緑のフーディーに、ワイドストレートパンツを合わせて手抜き感のない休日コーデをメイク。

▼深緑のタートルニット×黒ジョガーパンツ

カジュアルに傾きがちなジョガーパンツを、深緑のタートルニットとビットローファーできれいめに落とし込んだコーデ。深緑を主役にすることでコーデ全体が落ち着いた印象になり、黒の強さが和らぎます。

深緑xグレー

▼深緑のレーススカート×グレーカーディガン

グレーカーディガン×深緑レーススカートのコーデ画像

深緑にグレーを合わせると、少し明るいニュアンスに変化し華やかさがアップ。レーススカートで深緑を投入することで、リッチな印象もプラスできます。トップスにはタイトなリブカーディガンをセレクトしてより女性らしさを加速させて。

▼深緑のタイトスカート×グレージャケット

グレージャケット×深緑タイトスカートのコーデ画像

ジャケット×タイトスカートの大人コーデは、グレー×深緑でより洗練された印象に。インナーに白を挟むことで抜け感が加わり、野暮見えを回避できます。深緑を春夏に着こなすときは、足元をヌーディーにまとめると◎!

深緑xネイビー

▼深緑のニット×ネイビーのタックパンツ

深緑ニット×ネイビーワイドパンツのコーデ画像

深緑×ネイビーの組み合わせは、大人の落ち着き感を手に入れたいときにぴったり。ネイビーは黒よりキツく見えず、知的なイメージにまとめてくれます。袖のボリュームが可愛らしい深緑のニットに、ネイビーのタックパンツとパンプスを合わせて奥行きのあるコーデに。

【黄緑】に合う色を使ったコーデ例

黄色味を帯びた緑「黄緑」は、同じく黄色を含むベージュや、落ち着きをもたせてくれるネイビーと相性抜群。普段、緑をあまり着ない……という方もチャレンジしやすい色合わせなので、ぜひトライしてみて。

黄緑×ベージュ

▼黄緑ニット×ベージュタイトスカート

黄緑ニット×ベージュタイトスカートのナチュラルカラーコーデ。秋冬にこの組み合わせを実践するなら、黒小物で引き締めてコーデの温感をアップしてみて。フレッシュな黄緑なら、アウターを羽織ってもコーデが沈まずオシャレ見えをキープできます。

黄緑×ネイビー

▼黄緑のシアートップス×ネイビーセットアップ

明るめの黄緑は、実はネイビーと相性抜群。黄緑の鮮やかさを引き立てつつ、知的な雰囲気にまとめてくれます。ルーズなシルエットのネイビーのセットアップに、黄緑のシアートップスを合わせてトレンド感のある着こなしに。

【青緑】に合う色を使ったコーデ例

緑と青を混ぜたような、ほんのり辛口な「青緑」。ちょっとモードな雰囲気が漂う色なので、黒・グレーでスパイシーに引き締めるのが正解です。

青緑×黒

▼青緑のプリーツスカート×黒ロングニット

深くスリットの入った黒ロングニットから、青緑プリーツスカートを覗かせたレイヤードコーデ。足元も黒ローファーで引き締めて、ふんわりスカートをとことん辛口に。仕上げに明るいグリーンのファーバッグをプラスして個性をアピールして。

青緑×グレー

▼青緑のタイトスカート×グレーニット

シンプルな青緑のタイトスカートを、グレーのニットやレザーの襟付きブラウスでおしゃれに飾り付け。個性のあるアイテムを散りばめても、青緑・黒・グレーの3色のみに抑えることで統一感のある着こなしが叶います。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW