人間関係

あなたは大丈夫!?「お局」認定されちゃうNG言動3つ

2022/08/30

後輩も徐々に増え、気づけばベテランと呼ばれる世代に。職場のやっかいな存在である「お局さま」になってしまうかどうかの分かれ道もすぐそこ!? そこで今回は、お局認定されてしまう言動3つを紹介します。

職場内の噂話や悪口が好き

噂話が大好きなアラサー女性は注意が必要です。その場では噂話でみんなが盛り上がっているように見えて、「(お局さまって本当に噂話好きだなぁ……)」と呆れられているかも?

噂話や悪口は職場の空気やチームワークに影響が出てしまいます。不要なネガティブトークは控えたほうがベター。その場にいない人の話はしない! と意識していると良いですよ。

昔と比較する発言

社歴が長くなってくると、今と昔の状態を比較して「昔はもっと大変だったのよ」なんて苦労話などをしてしまいがちですよね。遠回しに今の若者が楽をしていると言っているように聞こえてしまうので説教じみた嫌なお局だと思われてしまいますよ。

自分にとっては懐かしい思い出話のつもりかもしれませんが、それがお局の烙印を押されてしまうかもしれません。そういった話題は、同僚との飲み会などに控えておきましょうね。

機嫌が悪いと無視をする

お局さまが嫌われる理由の一つに、対応にムラがあることが挙げられます。自分の機嫌が悪ければ挨拶を無視したり、自分の好みの若手男性がいればニコニコと対応したり。

若手はこういう“相手によって対応を変える”人に敏感です。とくに、機嫌が悪いからと言って挨拶を無視するのは社会人失格ですよね。どんな時もニュートラルな対応を心がけるようにしましょう。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW