TSUTAYA TVの解約方法は?サービス停止との違いや注意点を詳しく解説
動画配信

TSUTAYA TVの解約方法は?サービス停止との違いや注意点を詳しく解説

2022/01/26

大手レンタルショップTSUTAYAが運営する『TSUTAYA TV』。豊富なラインナップが魅力ですが、さまざまな事情で解約を検討している方も少なくないはず。そこで今回は、TSUTAYA TVの解約手順や注意点を詳しく解説。また、サービス停止との違い・解約できないときの対処法についても整理していきます。TSUTAYA TVの解約に関してお困りの際は、本記事を参考にしてみてください。

TSUTAYA TVの解約方法

スマホを操作する男性のイラスト

TSUTAYA TVの解約方法は、主に3通りあります。

  • 公式サイトでの解約方法
  • テレビでの解約方法
  • 電話での解約方法

公式サイトでの解約方法

  1. パソコン・スマホからTSUTAYA TV公式サイトにログイン
  2. トップページ右上の「マイメニュー」を選択
  3. 画面下の「登録情報の確認」をクリック
  4. 「プラン変更」をクリックしてパスワードを入力後、「ログイン」を選択
  5. 加入中のメニューについているチェックマークを外す
  6. 画面下までスクロールし、「申し込み内容を確認する」を選択
  7. 確認画面に移行後、料金が0円になっていることを確認して「プランを変更申請する」を選択すれば完了

解約後は、登録したメールアドレス宛に「解約完了」の通知が届きます。

テレビでの解約方法

  1. TSUTAYA TVをテレビで表示
  2. メニュー画面から「マイページ」を開く
  3. マイメニュー中の「サービス停止・解約申請」を選択
  4. テレビにQRコードが表示されるので、スマホなどのデバイスで読み取る
  5. ログイン画面から利用者ID・パスワードを使ってログイン
  6. DISCASからの操作が必要のため、未登録の方は登録
  7. マイページの「サービス解除申請」or「プラン・オプションの設定」から加入中のメニューについているチェックマークを外せば完了

電話での解約方法

「オンラインでの解約は難しくてよく分からない! 」という方には電話でのお問い合わせがおすすめ。

連絡先 0570-064-038
音声ガイダンス 動画配信は「2」を選択
受付時間 10:00~19:00(年中無休)

タイミングによっては電話が混み合い、繋がりにくいこともあります。時間に余裕をもって連絡するのが賢明です。

TSUTAYA TVを解約する際の注意点

TSUTAYA TV

TSUTAYA TVを解約する際に、注意しておきたい4つのポイントをまとめました。後々後悔することのないよう、事前に確認しておきましょう。

  • 解約できない時間帯がある
  • 解約後は動画ポイントが利用できない
  • 無料体験期間内にプランの変更をすると有料会員扱いになる
  • レンタル作品の返却も忘れずに

解約できない時間帯がある

システムの更新作業により、以下の時間帯はTSUTAYA TVの解約およびサービス停止の申請ができません。解約手続きを行うなら、この時間帯を避けるようにしましょう。

・午前3:00~3:30頃(毎日) 
・午前11:00~12:00頃(毎日)
・午後3:00~3:30頃(毎日) 

※ 開始・終了時間は多少前後する可能性があります。

解約後は動画ポイントが利用できない

TSUTAYA TVの動画見放題プランに加入すると貰える動画ポイント(1,100pt)も、解約した時点で失効されるので注意が必要。事前に使い切ってしまうのが得策です。

ちなみに、動画ポイントの有効期限は「付与日から45日間」。期限を過ぎると利用できないため、早めに消費しておきましょう。

無料体験期間内にプランの変更をすると有料会員扱いになる

TSUTAYA TVでは、30日間の無料体験期間が適応されます。ただし、この期間内にプランの変更をしてしまうとその時点で有料会員へと移行し、翌日から月末までの日割り料金が発生します。「有料会員になるつもりはなかったのに......。」といった事態を招かぬよう、設定部分の「プラン・オプションの変更」には触れないでおきましょう。

なお、TSUTAYA TVの無料体験期間を利用できるのは、おひとり様1回限り。次回からは有料会員扱いとなるため、再登録の可能性がある場合は、後にご紹介する「サービス停止」をご検討ください。

レンタル作品の返却も忘れずに

契約状況 返却期限
無料体験期間中 解約申請後および無料体験期間終了日より10日以内
定額プラン加入中 解約申請月より翌月10日以内

レンタル作品が手元にある場合、上記期限内での返却が必要。11日目を過ぎると1日1枚50円(税抜)の延滞料金が追加で発生します。なお、ポストへの投函ではなく、倉庫への商品到着ではじめて返却扱いとなるため、期限に余裕をもって返却することが大切です。

TSUTAYA TVの解約とサービス停止の違い

女性のイラスト
画像提供:MINE

TSUTAYA TVの利用を中止したい場合、「解約」と「サービス停止」どちらかが選べます。再登録の可能性があるか否かで、どちらがお得か変わってくるので、両者の違いを理解しておきましょう。

【解約とサービス停止の違い】 解約 サービス停止
特徴 完全に利用停止
※ 再登録の予定がない方におすすめ
月額の支払いを一時的に中止
※ 再登録の可能性がある方におすすめ
月額料金 申請した月の翌月から停止 申請した月の翌月から停止
申請の反映日 申請した月の月末 申請した月の月末
申請の取り消し ✕(申請した月内のみ可能)
ログイン
利用者履歴の確認&登録情報の変更
商品の出荷停止 申請した日 申請した日
再登録手続き 新規登録の必要あり 簡単な手続きで完結

いずれも翌月から月額料金を支払う必要はなくなりますが、解約の場合はアカウント情報が完全に消えてしまいます。また、サービス停止であれば簡単な手続きですぐに再開できますが、解約となると再登録には新規登録後再度アカウントを作り直さなければいけません。

上記の理由から、TSUTAYA TVを今後利用する予定がないなら解約を、再登録の可能性があり、休会扱いに留めておきたいならサービス停止を選択するのがおすすめです。

TSUTAYA TVのサービス停止方法

TSUTAYA TVのサービス停止方法は、次の2通りあります。

  • 公式サイトでのサービス停止方法
  • テレビでのサービス停止方法

▼公式サイトでのサービス停止方法

  1. パソコン・スマホからTSUTAYA TV公式サイトにログイン
  2. 「マイメニュー」から「登録情報の確認」を選択
  3. 「サービス停止」を選択
  4. 記載内容を確認後、必要な項目にチェック
  5. アンケートに答えて「申請を続ける」を選択すれば完了

サービス停止後、登録したメールアドレス宛に「サービス停止完了」の通知が届きます。

▼テレビでのサービス停止方法

  1. TSUTAYA TVをテレビで表示
  2. テレビ視聴用番号・パスワードを使ってログイン
  3. メニュー画面から「マイページ」を開く
  4. 「設定」から「プラン変更」の順に選択
  5. 表示された画面に従って進めば完了

TSUTAYA TVの解約&サービス停止の確認方法

解約およびサービス停止手続きがきちんと完了しているか不安な場合は、以下の方法で確認することができます。

  • 解約の確認方法
  • サービス停止の確認方法

▼解約の確認方法

解約後はTSUTAYA DISCASにログインすることができないため、メールでのみ確認できる形となります。解約申請が正常に行えた場合、「サービス解除申請を受け付けました」または「【TSUTAYA DISCAS】サービス解除完了のお知らせ」という件名のメールが届くので、そちらをご確認ください。

▼サービス停止の確認方法

マイページにある「宅配」「配信」というタブに、現在加入中のプランが表示されない、もしくは停止中となっていれば、問題なくサービス停止ができています。

TSUTAYA TVを解約するおすすめのタイミング

TSUTAYA TVを利用している人々

「TSUTAYA TVはいつ解約するのがお得なの? 」そんな疑問にお答えすべく、ここからは「契約中の解約タイミング」と「無料体験期間中の解約タイミング」に分けて、それぞれベストな時期をご紹介します。

  • 契約中の解約タイミング
  • 無料体験期間中の解約タイミング

契約中の解約タイミング

TSUTAYA TVの有料会員になっている場合、毎月月初に請求が発生するので、どのタイミングで解約をしても問題ありません。ただし、月をまたぐと翌月分の利用料金が再び発生してしまうので、その点には注意が必要です。

無料体験期間中の解約タイミング

無料体験期間内に解約すると、その時点でサービスの利用ができなくなります。そのため、期限いっぱい恩恵を受けたほうが◎。ただし、うっかり解約を忘れてしまうと、自動的に有料会員へ移行されてしまうので、無料体験期間終了日を確認し、終了日の2~3日前には手続きを済ませておくとよいでしょう。

▼無料体験期間終了日の確認方法

  1. TSUTAYA TVのトップページから「マイメニュー」を開く
  2. 「登録情報の確認」をクリック
  3. パスワードを入力してログイン
  4. 「現在加入中の配信プラン」の欄で無料体験期間終了日をご確認いただけます

TSUTAYA TVを解約できないときの対処法

TSUTAYA TVビギナーズガイド

「TSUTAYA TVを解約できない! 」そんな時は、以下の方法を試してみてください。

  • サービス停止を行う
  • メールor電話で問い合わせる

サービス停止を行う

TSUTAYA TVの解約手続きが順調に進まない場合、ひとまずサービス停止を実行すると上手くいく可能性がありますサービス停止は簡単に解除もできるので、一度サービス停止の実行・解除後、再度解約手続きを実行してみてください。

※ サービス停止および解約方法は記事冒頭に記載した内容をご確認ください。

メールor電話で問い合わせる

スマホやパソコン、テレビなどのデバイスから解約が上手くいかないときは、メールや電話で問い合わせてみるのがおすすめです。

▼メールでの問い合わせ方法

  1. TSUTAYA TV公式HPにログイン
  2. トップページの「ヘルプ」をクリック
  3. 画面下の「問い合わせ」をクリック
  4. 「問い合わせフォーム」をクリック
  5. お問い合わせ内容が表示されるので、該当するものを選択
  6. 「お問い合わせの入力はこちら」をクリック
  7. 問い合わせたいことを記入後「次へ」をクリック
  8. 内容を確認して送信すれば完了

▼電話での問い合わせ方法

  • 電話をかけて、音声ガイダンスに従い番号を入力
  • 対応者に解約したい旨を伝える
  • 電話番号・生年月日・メールアドレスなどを回答
  • 本人確認ができ次第、解約手続きが実行されます
一般電話 0570-002-822
PHS・IP電話 044-337-9150

いずれも受付時間は10:00~19:00まで。年中無休で対応してくれます。

TSUTAYA TV解約後におすすめの動画配信サービス一覧

サービス名 料金プラン 無料体験期間 公開作品数
TSUTAYA TV 月額1,026円(税込)~ 30日間 ・見放題作品:10,000作品以上(※ 新作・準新作などを除く)
・レンタル作品:45,000作品以上
Amazonプライム・ビデオ ・月額:500円(税込)
・年額:4,900円(税込)
30日間 非公開
U-NEXT 月額:2,189円(税込) 31日間 222,000作品以上
Netflix 月額:990円(税込)~1,980円(税込) 非公開
Hulu 月額:1,026円(税込)(iTunes Store決済は1,050円(税込)) 14日間 70,000作品以上

TSUTAYA TVは、その他動画配信サービスにない作品ラインナップに加え、宅配レンタルやポイント付与などの豊富な特典が魅力ですが、場合によっては物足りなさを感じてしまうことも。

公開作品数に不満があるなら、「U-NEXT」が断然おすすめ! 配信スピードも早く、名作から最新作までさまざまな動画を楽しめます。また、コスパ重視なら「Amazonプライム・ビデオ」が◎。動画見放題のほか、その他Amazonサービスもお得に利用できる点が強みといえます。

TSUTAYA TVの解約に関するQ&A

TSUTAYA TVのロゴ

最後に、TSUTAYA TVの解約に関するQ&Aをご紹介します。よくある疑問をまとめたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Q1. TSUTAYA TV解約時に違約金などは発生しますか?

A. TSUTAYA TV解約による違約金などは発生しません

TSUTAYA TVの解約において、違約金などのペナルティは一切発生しないのでご安心ください。また、サービス停止であれば、再度ログインしてプランを申し込むことでTSUTAYA TVの利用を再開できます。解約の場合は、以前登録していたメールアドレスでは再登録ができないので、新しいメールアドレスが必要です。 

Q2. TSUTAYA TV解約後はいつまで動画を観れますか?

A. TSUTAYA TV解約後も、解約した月の末日までは動画をご視聴いただけます。 

TSUTAYA TVは解約後、解約した月の末日まで動画を楽しむことが可能。毎月付与される1,100ptも同様にご使用いただけます。そのため、無料体験期間中のみの利用を考えている場合、登録後すぐに解約手続きを済ませておけば、翌月の月額料金が請求される心配もなく、期限いっぱいサービスを堪能することができます。 

Q3. TSUTAYA TVの解約とサービス停止はどちらがおすすめですか?

A. TSUTAYA TVを再び利用する可能性があるなら、サービス停止がおすすめです。 

TSUTAYA TVを今後利用する予定がないのであれば、解約するのが◎。ただ、解約してしまうとその時点でサービスの利用ができなくなり、再度プランを申し込むには以前と別のメールアドレスが必要になるなど、手間が多いです。一方、サービス停止であればアカウント情報が残っているので、簡単に再登録できます。このような観点から再登録の見込みがあるなら、サービス停止をおすすめします。 

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW