Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店登録のメリット・デメリットは?初期費用や手数料に関して解説
LIFE STYLE

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店登録のメリット・デメリットは?初期費用や手数料に関して解説

2021/08/23

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店について徹底解説! コロナ禍でますます需要が高くなる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店の登録方法や出店する際にかかる費用を徹底解説します。「低コストでデリバリーを始めたい」「新規顧客を獲得したい」なんて方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録する3つのメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)イメージ写真

まず初めに、Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録するメリットをご紹介します! Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録しようか迷っている方はぜひチェックしてみてください。

  1. コストをかけずにデリバリーが始められる
  2. 売上アップに繋がる
  3. 集客・新規顧客の獲得に繋がる

【1】コストをかけずにデリバリーが始められる

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、コストをかけずにデリバリーが始められます。初期費用や月額費用がかからないほか、個人でドライバーを雇う必要もありません。その代わり、販売価格から35%が手数料として引かれますが、これは他社のデリバリーサービスでも同様にかかる費用です。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文受付の際にタブレット端末を使用します。タブレット端末がない方は、Uber Eats(ウーバーイーツ)から月額1,700円でレンタルすることが可能です。自前のタブレット端末がある方は、その分のコストも削減できます。

【2】売上アップに繋がる

売上をアップさせたいときは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に登録してみるのがおすすめです。コロナ禍の自粛や営業時間の変更で、「売上が思うように伸びない......」なんて頭を抱えている飲食店が多い現状。Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に登録すれば、店舗での集客にプラスしてデリバリーで売上をアップさせられます。

【3】集客・新規顧客の獲得に繋がる

Uber Eats(ウーバーイーツ)で加盟店に登録すると、集客はもちろん、新規顧客の獲得に繋がります。新規顧客の獲得をすることで、お店全体の売上アップにも繋がるためぜひ試してみてほしいデリバリーサービスです。「コロナ禍で客足が遠のいている……」「もっと多くの人にお店や料理を知ってもらいたい!」なんて方は、ぜひUber Eats(ウーバーイーツ)に出店してみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店登録方法

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録する方法をご紹介します! 登録するときに必要なものや配達までの流れも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

登録方法

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー募集から申し込む
  • 店舗名や店舗所在地などの必要事項を入力する
  • 契約書の確認と署名をする
  • メニューの作成や料理の写真撮影を行う
  • 提供時間や端末タブレットの設定を行えば出店準備完了!

出店方法は上記の通り! WEB上で簡単に登録できるので、誰でもすぐに料理の提供を始められます。業種の欄は、飲食店の場合「レストラン(Restaurant)」を選択しましょう!

加盟店登録に必要なもの

  • 店舗
  • 飲食店営業許可証番号
  • メニュー
  • 包装容器

店舗登録する際に必要なものは、「店舗」「飲食店営業許可証番号」「メニュー」「包装容器」です。事前に用意しておくとスムーズに料理の提供を行えます。

配達までの流れをご紹介!

  1. 注文を受け付ける
  2. 配達パートナーの手配をする
  3. 商品の準備をする
  4. 配達パートナーへ受け渡す

【1】注文を受け付ける

まずはタブレットを使って注文を受け付けましょう。注文が入るとタブレットに新規注文の通知が入るので注文受付を確定し、注文内容を確認します。日時指定されている場合もあるので、注文内容を確認するときに日時指定があるかも確認しておくのがポイントです。

【2】配達パートナーの手配をする

注文内容を確認したら「準備完了」をタップし、配達パートナーの手配をします。配達パートナーはUber Eats(ウーバーイーツ)側が探すため、店舗側は商品の準備をしましょう。このとき、商品の準備と配達パートナーの手配は同時進行で行いましょう。配達パートナー数やエリアによって異なりますが、効率よく配達するために商品ができあがる5~15分前に「準備完了」をタップするのがおすすめです。

【3】商品の準備をする

次に、商品の準備を行いましょう。Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するときは、デリバリー用の包装容器に準備します。また、商品の準備は「準備完了」をタップし、配達パートナーの手配をしながら進めると、効率よく配達が進められるのでおすすめです。できあがった商品を袋にまとめたら、タブレットに表示されている注文番号を貼り付けます。この注文番号は配達パートナーへの受け渡し時に必要になるので、必ず貼り付けてください。

【4】配達パートナーへ受け渡す

配達パートナーが店舗に来たら注文番号を確認し、商品を渡します。商品を間違えないためにも注文番号をしっかりと確認しましょう。無事に商品を配達パートナーに渡せたら店舗側で行う作業は完了です。配達パートナーが配達を完了したら、「配達完了」の通知が入ってきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店登録にかかる費用

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店登録にかかる費用をご紹介します。これをチェックすれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店として出店する際の費用が分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 手数料
  • 装費用
  • タブレット代

初期費用・月額費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店登録による初期費用と月額費用は0円! コストをかけずに気軽にデリバリーサービスを始められます。

手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店では手数料がかかります。手数料は、注文代金の35%を加盟店側が負担するため、手数料を踏まえた価格設定を行う加盟店が多いのが特徴です。テイクアウトの場合は12%が手数料になり、デリバリーと違うので注意が必要です。

解約費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)を解約するときにかかる費用は0円! 解約金や違約金がかからないほか、契約期間の規約などもないので、加盟店の都合やタイミングで解約することが可能です。

包装費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録したら、デリバリーに特化した包装を準備する必要があります。料理がこぼれたり、ドリンクや汁物が漏れてしまったりするトラブルを防ぐためにも、蓋を二重にしたりラップで工夫するのがおすすめです。特に汁物を扱うお店は、事前にどのような容器なら大丈夫なので、テストしておくのが良いかもしれません。

タブレット代

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文受付の際にタブレット端末を使用します。タブレット端末がない方は、Uber Eats(ウーバーイーツ)から月額1,700円でレンタルすることが可能です。自前のタブレット端末がある方は、その分のコストも削減できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店数や配達エリア

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の2021年現在での加盟点数や配達エリアについてご紹介します! 出店するか迷っている人は是非参考にしてみてください。

2021年現在の加盟店舗数

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、現在チェーン店から個人店まで10万店舗以上の店舗が登録しています。チェーン店や個人店の比率は地域によって異なるので、出店する前にチェックしておくとよいかもしれません。

2021年現在の配達エリア

東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県、三重県、奈良県、滋賀県、和歌山県、北海道、青森県、宮城県、秋田県、岩手県、福島県、新潟県、富山県、石川県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、全国41都道府県で配達可能です。多くの地域で配達可能なので、お店の立地が悪くてお客さんの足が伸びない…なんて飲食店の方も、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に登録してデリバリーサービスを始めてみてください。

▼Uber Eats(ウーバーイーツ)の詳しい配達エリアをこちらをCHECK!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に関するQ&A

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に関するQ&Aを紹介していきます。よくある疑問をまとめたので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

Q1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に登録するメリットはなんですか?

A. メリットはコストをかけずにデリバリーが始められること!
そのほかにも、売上アップに繋がったり、集客・新規顧客の獲得に繋がるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に登録してみてください。 

Q2. Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店の登録方法が知りたいです。

A. Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー募集から申し込みます! 
詳しい登録方法は本編で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。 

Q3. Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に登録する際に必要な条件はありますか?

A. 登録する際に必要な条件は、店舗があること!
そのほかに、飲食店営業許可証番号やメニュー、包装容器も必要になるので、事前に用意しておくとよいでしょう。 

Q4. Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店に登録するときにかかる費用はいくらですか?

A. 登録するときにかかる費用はタブレットの月額料金と包装代!
初期費用や月額費用はかかりません。タブレットは月額1,700円でレンタルすることが可能ですが、自前のタブレット端末がある方は、そのコストも削減できます。 

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW