超簡単!春夏ストールの巻き方【7選】初心者さんもレッツトライ
雑貨・小物

超簡単!春夏ストールの巻き方【7選】初心者さんもレッツトライ

2022/05/19

春先から夏にかけても大活躍する「ストール」。冷房が効いた部屋でサッと羽織れば防寒対策になるほか、日差しの強い日は紫外線から肌を守ってくれます。今回はそんなストールのおしゃれな巻き方から春夏におすすめの素材、コーデ例までたっぷりご紹介します。


【1】エディター巻き

まずは定番のエディター巻き。首に一周するだけで簡単にできるうえ、ボリューム感が生まれてコーデが華やかにキマります。

「エディター巻き」のやり方

「エディター巻き」手順の画像
  1. ストールを首にかけ、どちらか片方を長めにする
  2. 長い方を首にぐるっと一周巻く
  3. 両端の長さをそろえて完成!

コーデ例

白Tシャツとコーデュロイのタイトスカートを合わせたシンプルなコーデも、大判ストールのエディター巻きで立体感のある着こなしに。リネン素材のストールなら春先でも暑苦しく見えず◎。

【2】フロントノット

大人っぽく落ち着いた印象を与えてくれるフロントノットは、40代や50代の大人女性にもぴったりな巻き方。ストールがコンパクトに収まるため、暑苦しさも感じさせません。

「フロントノット」のやり方

「フロントノット」手順の画像
  1. ストールを首にかけ、どちらか片方にゆるく結び目を作る
  2. 結び目にもう片方の端を通す
  3. 全体のバランスを整えて完成!

コーデ例

イエローのシルクスカーフで、きれいめコーデに華やかさをトッピング。固めに結ぶことできちんとした印象をキープできます。

【3】サイドノット

簡単なのにエレガントな印象を与えてくれるサイドノットは、短いストールでもトライしやすい巻き方です。首回りを華やかに見せてくれるため、シンプルなトップスと合わせてバランスをとると◎。

「サイドノット」のやり方

「サイドノット」手順倫行
  1. ストールをゆるめに一周させ、両端の長さを揃える
  2. 余った部分を一回結ぶ
  3. そのまま横にスライドさせて完成!

コーデ例

マキシ丈のワンピースにベストを合わせたリラクシー感漂うコーデに、ドット柄の大判スカーフで都会的なスパイスをプラス。サイドノット巻きにすることで、女性らしく品の良い印象をキープできます。

【4】スヌード巻き

顔まわりにボリュームを出せるスヌード巻きは、コーデに物足りなさを感じたを感じたときにおすすめの巻き方です。暑苦しく見える可能性もあるため、なるべく柔らかい色味のストールを使うと◎。

「スヌード巻き」のやり方

【4】スヌード巻きの画像
  1. ストールの端と端を持つ
  2. ストールの端と端を固結びして輪っかを作る
  3. 結び目が後ろにくるように首にかける
  4. 八の字にしながら下の輪に頭をくぐらせる
  5. 形を整えて完成!

コーデ例

くすみグリーンのブラウスとフレアスカートの大人っぽいコーデも、カラフルなスカーフのスヌード巻きでカジュアルな印象に。スカーフにもくすみグリーンが入っているので統一感が生まれて◎!

【5】ねじり巻き

ねじり巻きは、コンパクトでキュートに見せてくれる巻き方です。コーデにアクセントをつけたいときに取り入れると◎。

「ねじり巻き」のやり方

「ねじり巻き」手順の画像
  1. ストールを首に一周巻きつけ、両端の長さを揃える
  2. 左右の端を上から首元の輪っかに通す
  3. 右から出ているストールを左側にぐるぐる巻き込んでいく
  4. 左から出ているストールを右側にぐるぐる巻き込んでいく
  5. 余った端は内側に巻き込んで完成!

コーデ例

リラックスムード溢れるロングワンピースに、爽やかなブロックストライプ柄のストールをねじり巻きでON。ねじり巻きすることで主張しすぎず、さりげなくアクセントを加えることができます。

【6】アフガン巻き

存在感抜群のアフガン巻きは、柄物の大判ストールと相性抜群。コーデの雰囲気をガラッと変えたいときにおすすめの巻き方です。

「アフガン巻き」のやり方

「アフガン巻き」手順の画像
  1. 片方が長くなるように首に一周巻く
  2. 短い方の内側の端を持ち、輪の中に巻き込む
  3. 長く垂らした方を2と逆の方向に巻く
  4. 端を内側に巻き込んで形を整えたら完成!

コーデ例

全体を淡いカラーでまとめた春らしいコーデに、柄物ストールのアフガン巻きでちょっぴりメンズライクなスパイスをトッピング。淡い色同士の組み合わせは野暮見えしがちですが、存在感のあるストールをプラスすることでメリハリが生まれて◎!

【7】ミラノ巻き

立体感がありおしゃれなミラノ巻きは、秋冬だけでなく肌寒い春先にもぴったりな巻き方です。見た目ほどむずかしくはないので、手順に沿ってトライしてみて!

「ミラノ巻き」のやり方

「ミラノ巻き」手順の画像
  1. 両端が同じ長さになるように首に一周巻く
  2. 片方のストールを首元から輪ができるように少し引っ張り出す
  3. もう片方のストールの端を2の輪に通す
  4. 通したら引っ張っぱる
  5. 両端を少し引っ張り、形を整えて完成

コーデ例

黒のワンピースの重たさを払拭してくれる軽やかな白のストール。ミラノ巻きならカジュアルになりすぎず、女性らしさをキープできます。バッグも色を合わせ、全体の色数を2色に抑えることで大人っぽさが加速!

春夏にぴったりなストールの素材とは?

春夏のストールは通気性がよく、軽い素材がおすすめ。春夏にぴったりな3種の素材、「シルク」「コットン」「リネン」それぞれの特徴をご紹介します。

シルク

シルクは蚕の繭からとれる絹糸のことで、美しい光沢感と滑らかな質感が特徴です。吸湿性と放湿性にすぐれており、肌へのストレスが少ないところもうれしいポイント。きれいめなファッションやオフィスカジュアルにおすすめです。

コットン

コットンは木綿の種子からとれる繊維で、吸湿性があり、肌触りがよく丈夫なのが特徴です。洗濯機で洗えるため、汗をかきやすい春夏にぴったり。とくにナチュラルでシンプルなファッションと好相性です。

リネン

リネンは亜麻の繊維を原料とした織物で、吸湿性・発散性に優れており、さらっとした肌触りが特徴です。濡れてもすぐに乾くため、梅雨の時期や汗をたくさんかく真夏にもぴったり。

ストールを使った春夏コーデ6選

最後に、ストールを取り入れたレディースの春夏コーデ例をいくつかご紹介。ストールの巻き方はもちろん、デザインにも注目してみてくださいね。

パンツスタイル

▼リネン×リネンでリラックス感たっぷりに

涼しげなリネンパンツに合わせ、ストールもリネンをチョイス。大判ストールは肩にふわっと掛けることでよりリラックス感が高まります。黒のシンプルなカットソーで大人っぽく引き締めつつ、足元は白のサンダルで抜け感たっぷりに。

▼まろやかカラーでまとめて優しげに

全体をまろやかなカラーでまとめた肌寒い春先にぴったりのコーデ。くすみグリーンのカシミヤストールは、肩からサラッと掛けてこなれ感をアピールして。太めのベルトやローファーなど、重厚感のあるアイテムを散りばめることできちんと感も両立できます。

スカートスタイル

▼柄物スカーフをコーデの主役に

ノーカラーコートやタイトスカート、ロングブーツなどきれいめなアイテムで揃えたコーデには、艶っぽいスカーフがお似合い。スヌード巻きでゆったり首に掛けて柄の美しさをアピールして。

▼パステルイエローとブルーを差し色に

バルーン袖のトップスとロングスカートのラフな着こなしに、軽やかなイエローのストールを合わせて優しげにまとめたコーデ。足元はあえて青のコンバースをセレクトすることでコーデにメリハリが生まれ、野暮見えを回避できます。

ワンピーススタイル

▼ピンクの大判ストールで春らしさを加速させて

ドルマンスリーブでリラックス感たっぷりなワンピースに、春らしいピンクの大判ストールでアクセントを加えたコーデ。さらにベイカーパンツをレイヤードすることで甘くなりすぎず、親しみやすい雰囲気にまとまります。

▼フェイクレザーの強さをスカーフで中和

そのままでは強く見えすぎてしまうフェイクレザーのジャンバースカートも、スカーフをラフに巻くだけでたちまち優しげな印象に。インナーやスニーカーで白を取り入れることで重たさも払拭できて◎。

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW