HAIR

髪を早く乾かすカギは、「正しいタオルドライ」!ドライヤーなしで乾かす方法も

2021/07/19

疲れて早く寝たいときや時間がないとき、髪を早く乾かす方法を知らないとドライヤーすることが「めんどくさい」と思ってしまいますよね。雑なタオルドライや自然乾燥は髪がいたむので禁物。ここでは髪を「ケアしながら速攻で乾かす方法」を紹介! またドライヤーが壊れたときのための「ドライヤーなしの乾かし方」もレクチャーします。もっと時短したいならアイテムに頼っちゃいましょう。タオルやブラシ、スプレーなどケアもできる時短グッズをチェックして♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※定期購入商品の「休止・ご解約」等につきましては、販売サイトに直接お問い合わせください。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

髪は、早めに乾かすべき《4つの理由》

  • カラーが落ちやすくなる
  • 髪のツヤがなくなる
  • かゆみ・抜け毛の原因になる
  • イヤなにおいの元になる

髪は乾かさないとカラーが落ちやすくなったりツヤが失われたり、繁殖した雑菌によるかゆみや抜け毛、イヤなにおいの原因になってしまうので「疲れてめんどくさい」という日もできるだけ乾かしましょう。

また、早く乾かそうとすると髪がいたみやすくなるリスクがあることは忘れないで。タオルでゴシゴシふいたり、ドライヤーの手順を間違ったりしてしまうと髪にダメージを与えてしまい、さらに乾きにくい髪になってしまうので要注意。ここでは「いたみにくくて早い」乾かし方をレクチャーするのでしっかりおさえて時短でも美髪をキープしましょう♪

髪を早く乾かす方法《6STEP》

  1. トリートメントをしっかりつける
  2. ドライヤーは湿気のない場所で
  3. 目の細かいブラシでとかして水気を取る
  4. タオルドライをする
  5. ドライヤーで根元から乾かしていく
  6. 冷風で仕上げる

「トリートメント」はお風呂でしっかりしておくと髪がコーティングされ水気をはじくので乾かすとき楽になります。その時間も短くしたいならお風呂上りに「洗い流さないトリートメント」を使うのもあり。ケアしつつ乾かす時間を短縮できて一石二鳥♪ お風呂上がりの洗面所は湿気が多いので乾かすときは湿気のない場所へ移動して。

タオルドライ、ドライヤーは必ず「根元から毛先に向かって」行いましょう。根元は手ぐしでほぐして空気を入れながら乾かして。乾かし終えたら髪に冷風を当てるとキューティクルがきゅっと閉じてツヤが出ます。寝癖がつきにくくなるので翌朝のセットまで時短に

もしかしたら「乾きにくい髪質」なのかも?

髪には水気をはじきやすく乾燥で広がりやすい「撥水毛(はっすいもう)」と、水気を吸い込みやすく湿気で広がりやすい「吸水毛(きゅうすいもう)」があります。髪が乾きにくいのは吸水毛の方で、理由は生まれつきの場合もあればカラーや日々のダメージによるものも。吸水毛の人は「髪の内側から乾かす」「洗い流さないトリートメントは髪が半分以上乾いてから使う」ことで対策してみるとドライヤーが楽になります♪

▼乾きやすいサラサラ髪は「頭皮のケア」から

髪が乾きにくい原因は頭皮や髪に残った皮脂が原因の場合もあります。乾かすときにベタつきを感じるというときはヘッドスパで皮脂汚れをオフしましょう。頭皮に潤いを与えてケアしてくれるヘアパックがおすすめ。

《ドライヤーなし》で髪を早く乾かすなら、タオルドライをしっかりと

ドライヤーが壊れてしまったり、深夜の帰宅で大きな音を出せなかったりドライヤーが使えないことも。そんなときは自然乾燥させずに濡れている時間をできるだけ短くしましょう。濡れた髪はとても敏感なのでダメージを受けないよう気を付けながら乾かすことがポイント!

やり方

  1. ブラシや手ぐしで水気をよく切る
  2. 根元からしっかりとタオルドライする

大まかな水分はブラシでやさしくといたり、手ぐしで空気を入れるように振ったりして落としましょう。ある程度パラパラな毛束になったらタオルドライをします。このときに「根元から毛先にかけて」の流れを必ず意識してください。キューティクルの向きにそって行うことでダメージを減らしましょう。

最後は「トリートメント」でケアして

髪がほとんど乾いたら「洗い流さないトリートメント」を使って敏感になっているキューティクルを保護しましょう。ブラシをかけると浸透しやすくなります。

髪を早く乾かす時間を短縮できるアイテム《5選》

「タオルドライも面倒……」という場合はアイテムに手助けしてもらうのもあり。アイテムを使うことでケアもかねた時短ドライに。取り入れてみたいものをチェックして♪

吸水力バツグンなのに摩擦が少ない「タオル」

ハホニコ(HAHONICO)

ハホニコ ヘアケアドライタオル マイクロファイバー(グリーン)

マイクロファイバーの極細繊維で髪の細かい水分も吸い取ってくれるタオル。美容師さんプロデュースなのでダメージになりにくくつくられているからオーバードライやひっかかりの心配がなくて安心。

時短で乾き残しなし!受賞歴の多い速乾「ブラシ」

目があらいのでくせ毛や細い髪もからみにくくほぐしてくれるブラシ。ドライヤーの風を通しやすいデザインなのでとかしながらサラサラ乾かせます。 

タオルドライ後の「スプレー」でサクッと乾かす!

タオルドライ後の髪にスプレーするだけでいつもより乾き上りが早く。ドライヤーの熱がムラなく届くと時短になるだけでなく熱ダメージも減らせます。

ドライヤーの時短は「シャンプー」から

キューティクル1本1本の表面を整えることで洗い上がりの髪をほぐれやすく。なめらかな指通りで乾かしやすくしてくれるシャンプー。

「コンディショナー」でより乾かしやすい髪に

エッセンシャル(Essential)

スマートブロードライ コンディショナー ポンプ

コンディショナーはシャンプーとペアで使うとベストですが、他のシャンプーと合わせて使ってもOKなところがうれしいポイント。 

この記事で紹介された商品の一覧

全6商品
商品画像
ブランド名 ハチカ(hacica) ハホニコ(HAHONICO) ウェットブラシ(WetBrush) サボリーノ(Saborino) エッセンシャル(Essential) エッセンシャル(Essential)
商品名 ディープモイスト ヘッドスパ ヘアパック1.5 ハホニコ ヘアケアドライタオル マイクロファイバー(グリーン) フレックスドライ パドル ピンク 速乾タイプ 速く乾くスプレー スマートブロードライ シャンプー ポンプ スマートブロードライ コンディショナー ポンプ
特徴 - - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 309 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 799 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,895 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 585 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 550 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
商品リンク 楽天で見る ¥880(税込) Yahoo!で見る ¥309(税込) Amazonで見る ¥880(税込) 楽天で見る ¥799(税込) Yahoo!で見る ¥1,100(税込) Amazonで見る ¥1,100(税込) 楽天で見る ¥2,420(税込) Yahoo!で見る ¥2,420(税込) Amazonで見る ¥2,420(税込) 楽天で見る ¥2,419(税込) Yahoo!で見る ¥1,895(税込) Amazonで見る ¥2,600(税込) 楽天で見る ¥595(税込) Yahoo!で見る ¥597(税込) Amazonで見る ¥585(税込) 楽天で見る ¥550(税込) Yahoo!で見る ¥550(税込) Amazonで見る ¥551(税込)

RELATED ARTICLES

RECOMMEND ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW