【Future is MINE 井上智絵編 #3】オンリーワンを目指すための旅 in岡山

OFFICIAL 2018.02.21

将来への漠然とした不安や、現状への葛藤など、さまざまな想いを抱く女性たちが、思い思いの場所へ旅する様子をお届けするシリーズ「Future is MINE」。コーディネーターを務める歌手の加藤ミリヤからのメッセージを胸に、女性たちが旅を通して、輝く未来へと一歩踏み出すヒントを探していく様子を、3回にわたりお届け。今回は、モデル・井上智絵の岡山への旅。

今回、井上智絵が訪れたのは「岡山」

彼女の人生に欠かせない、モデルとインラインスケート。しかし、怪我をする危険性があることから、モデルのために、インラインスケートをやめることを周囲からすすめられる日々。進むべき道を再確認するべく、憧れの世界的スケーターである金島総一郎が経営する、岡山のスケート場・山田グリーンパークへ。そこで、金島総一郎本人に現在の悩みを打ち明け、彼から「好きなことを思いっきりやって、オンリーワンの存在を目指そう」と力強い言葉をもらった。

私は、オンリーワンへの道を進む

旅を終えて、彼女はこう振り返った。
「自分の道を再確認することができました。やっぱり私は、モデルもスケートも、一生、全部本気でやっていきたい」


実は岡山で、山田グリーンパーク以外に、有名な、児島ジーンズストリートにも訪れていた彼女。

「モデルとしても興味があったし、そうくんの山田グリーンパークに出資しているデニムブランドがあるって聞いて、興味が湧いて。実際に訪れてみて、すごく、なんていうか心が動かされた。成功するかもわからない、先駆者もいない。ものすごく、バクチだったんじゃないかなって。それでもやり遂げて、ここまで有名になった」

彼女は、児島ジーンズストリートの歩んできた道を彼女自身のこれからに重ね合わせていた。
「私も、前例はないことかもしれないけど、そんなふうに諦めずに自分の人生を生きていきたいって。実際に行って肌で感じて、そんな気持ちが強くなりました」

「岡山に行って、そうくんに会って、一緒にインラインができて、たくさん話せて。ジーンズストリートで、その努力を肌で感じて。私はやっぱりどうしても、好きなことをひとつでも諦める人生を送りたくない。だから、モデルもインラインも、諦めなくていい道を探していきます。オンリーワンの存在を目指します」

「自分がやりたいことはやったほうがいい」
カメラの前で、最後にこう語ってくれた彼女。
モデル・井上智絵の未来への旅は、まだまだ始まったばかりだ。

「Future is MINE」旅の宣言編を見る

「Future is MINE」旅の記録編を見る

出演:井上智絵Instagram

加藤ミリヤがセレクトする「旅」ミュージックを Spotifyプレイリストからチェックしよう。

———————————————
Videographer:Naoki Ono/Kotaro Takahashi
Model:Chie Inoue
Editor:Momoka Kowashi
———————————————

RECOMMEND ARTICLES

RANKING

OFFICIAL ACCOUNT