LIFE STYLE

まるで海外!リッチで気軽なリゾートステイにおすすめ「ロッテアライリゾート」

2021/03/03

新潟県妙高市にある国内有数のスキーリゾート「ロッテアライリゾート」に、雪遊び専用エリア“ヒズメ”がこの冬ニューオープン。東京から新幹線で1時間46分、スキーはもちろん、ウィンターレジャーや温泉まで幅広く楽しめるおすすめスポットで、贅沢で気軽な国内リゾートステイを満喫しよう。

スキー場情報サイト「SKI ASIA」で4冠獲得!

「ロッテアライリゾート」は、アジアのスキー場情報サイト「SKI ASIA」の2020年スキーアジアアワードにて、国内7部門中4部門の賞を総なめにしたリゾート施設。日本で数少ない自然の雪のみを使用したゲレンデは、人工降雪機の雪とは異なる、さらさらのパウダースノーの感触を楽しめる。

上級者から初心者にまで対応した全15コースのスキー場は、なんとゴールデンウィークまでオープン。訪れる時期や天候によっては、雪と春の日差しを同時に感じられる「ロッテアライリゾート」ならでは景色に出会うことができる。

スキー以外のアクティビティも大充実

スキー以外のアクティビティも充実!この冬オープンする雪遊びエリア「ヒズメ」では、ソリやチューブはもちろん、ハンドルバーやストライダー、スノーシューからファットバイクまで、雪を遊び尽くすアイテムを多数ラインナップ。スノーシューズを履いてのハイキングでは、運が良ければ野生のうさぎやたぬきに出会えることもあり、コースの途中では、ドリンクや軽食などのうれしいサービスも用意されている。

さらにリゾート内には、アジア最長1501mのジップツアーなどやラグジュアリーな雰囲気のプールなどもあり、アクティビティの後には、弱アルカリ性で美容に良い露天風呂「星空温泉」でゆったりと疲れを取ることも。長期滞在者向けリゾートとしてレストランも充実していて、特に和食レストラン「あさ日」では本格的な和食を味わえる。

カップルやファミリー、グループでも。大自然とフレッシュな空気に癒される非日常空間で、都心では体験できない優雅なリゾートステイを楽しんで。

Text:Anri Murakami

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW