【どっちがよいの?】出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の違いを徹底解説!
LIFE STYLE

【どっちがよいの?】出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の違いを徹底解説!

2021/04/07

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の違いを徹底解説! 今大人気のデリバリーサービス〈出前館〉と〈Uber Eats(ウーバーイーツ)〉。今回は、「どっちの方が料金が高いの?」「違いはあるの?」なんて疑問をお持ちの方に向けて徹底解説します。料金や支払い方法、配達エリアなど気になる方は要チェック!

【徹底比較】出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の違いって?

  出前館 Uber Eats
店舗数 約50,000店舗 約50,000店舗
最低注文金額 店舗によって異なる なし(700円未満の場合150円の手数料が加算)
配達手数料 0円〜420円
50円〜
営業時間 9時〜26時(店舗によって異なる) 8時〜25時(地域・店舗によって異なる)
支払い方法 現金
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
キャッシュレス決済
(LINE pay / Paypay / Apple Pay)
現金
クレジットカード
請求書払い
ポイント決済
携帯キャリア決済(auかんたん決済 / そフットバンクまとめて支払い)

キャッシュレス決済(LINE pay / Paypay / Apple Pay)

まず初めに、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の違いを徹底比較! 一覧表で確認してみてください。
上記を見てわかるように、最低注文手数料や配送手数料、営業時間、支払い方法が異なります。とくに最低注文金額は、出前館が店舗によって異なるのに対し、Uber Eats(ウーバーイーツ)は設定されてないのが大きな特徴。ただし700円以下の注文で150円の少量配達の手数料が加算されます。

〈初回1,000円OFF〉出前館のおトクなクーポンはこちら!

初めてのデリバリー注文で1,000円オフ

出前館では初めて注文した人限定で1,000円オフになるクーポンを配布中! 配送手数料などはかかってしまいますが、注文の合計金額から1,000OFFなので、かなりおトクに楽しむことができます! 詳しくは下記にある詳細情報をチェック。

割引金額 注文金額から1,000円OFF
有効期限 2021年3月1日(月)~2021年5月31日(月)
利用条件 ・会員登録済みで、初めて出前館で注文された方
・ポイント利用可能なキャンペーン対象店舗で注文された方

・1回で2,000円以上(送料除く)注文された方
クーポンコード SCd03

▼出前館のクーポン・キャンペーン情報まとめはこちら

〈初回1,000円OFF〉Uber Eatsのおトクなクーポンはこちら!

記事内の緑色のボタンをクリックしてクーポン獲得

Uber Eats(ウーバーイーツ)では初回限定で誰でも1,000円OFFになるクーポンを配布中! 配送手数料などはかかってしまいますが、注文の合計金額から1,000OFFなので、かなりおトクに楽しむことができます! 詳しくは下記にある詳細情報をチェック。

割引金額 注文金額から1,000円OFF
有効期限 2021年6月31日まで
利用条件 ・初回利用限定
・注文金額が1,000円以下の場合に次回にクーポンを取っておくことは不可
・クーポンの併用不可
対象店舗 全国のUber Eats対応店舗
プロモーションコード interjpe216j97n

▼Uber Eatsのクーポン・キャンペーン情報まとめはこちら

【仕組み】出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の料金や手数料をチェック

次に、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の料金や手数料の仕組みを解説していきます。それぞれ異なる点があるから、ここで一度確認してみて。

Uber Eatsの料理写真

料金の違いは?

出前館とUber Eatsで商品の料金は変わりません。どちらもデリバリーサービスだから店舗価格やテイクアウト価格よりは多少上乗せされた状態になります。

ここで注目したいのが最低注文金額。出前館は店舗によって異なりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)では最低注文金額が定められていないため、いくらからでも注文可能です。ただしUber Eats(ウーバーイーツ)では700円未満の場合、少額注文の手数料として150円加算されるから覚えておくとよいかも!

手数料の違いは?

デリバリーサービスで気になる手数料。出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の手数料は下記をチェック!

  • 出前館→0円~420円
  • Uber Eats→50円~

出前館では、店舗や配達距離によって0円~420円Uber Eats(ウーバーイーツ)では50円~と手数料はどちらも店舗や距離によって変動します。また、Uber Eatsでは天候や混雑状況によって配達パートナーが不足すると、配達手数料が高くなるだけでなく一時的に注文ができなくなることもあります。

【エリア】出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアを確認

デリバリーをするときに気になる配達エリア。ここでは、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアをご紹介します。

Uber Eatsの料理写真

出前館の配達エリアを確認

現在、出前館では全国12箇所のエリアで配達可能です。12箇所のエリアは下記でチェック!

宮城、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、兵庫、京都、広島、福岡、鹿児島

出前館では上記の12箇所のエリアで利用可能です。今後もエリア拡大はしていくはずだからエリア拡大を待ちましょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアを確認

現在Uber Eatsでは日本三大都市をはじめ、全国32箇所のエリアで配達可能です。2020年12月には三重県四日市市が配達エリアに加わったりと、続々とエリア拡大しています。エリア外の方も諦めず、エリア拡大を待ちましょう!

Uber Eatsの詳しいエリアについてはこちらをCHECK!

【支払い方法】出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法をご紹介

ここでは、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法をご紹介! 支払い方法も異なるから、一度確認しておきましょう。

お金のアイコン

\支払い方法をCHECK!/

  • 出前館→現金、クレジットカード、キャッシュレス決済(LINE Pay/Amazon Pay/PayPay/Apple Pay)、携帯キャリア決済(auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、請求書払い、ポイント決済
  • Uber Eats→現金、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、キャッシュレス決済(LINE Pay/PayPay/Apple Pay)

支払い方法はUber Eats(ウーバーイーツ)よりも出前館の方が多く、たくさんの人が利用できるのが魅力です。

出前館の支払い方法

出前館では現金はもちろん、クレジットカードやキャッシュレス決済、携帯キャリア決済など支払い方法はさまざま。そのほかにも店舗によって請求書払いやポイント決済もできるから、クレジットカードやキャッシュレス決済ができない方でも気軽に利用できます。

▼出前館の支払い方法を詳しくチェック

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではクレジットカードからデビットカード、プリペイドカード、キャッシュレス決済、現金までさまざま! 現在、現金での支払いは一部エリアのみ対象だから注文前にチェックが必要です。また現金支払いの場合、1万円が上限となるから1万円以上注文するときは現金以外の支払い方法を選択しましょう。

▼Uber Eatsの支払い方法を詳しくチェック

【おまけ】配達員バイトをするならどっちが稼げる?

Uber Eats配達員のイメージ写真

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の違いは給料形態。出前館は時給制で、地域によって変わりますが1,200円前後が平均です。時給制だから、安定した収入が見込めるのがメリット。

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)は歩合制となっています。そのため、案件ごとに単価が異なります。単価が異なることや依頼が来ないと稼げなくなるため、一日あたりの収入が見込めないことデメリットですが、隙間時間で稼ぎたい方にはおすすめです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW