HAIR

『ダブルバング』で、いろんな表情を楽しんで!ショートからロングまでたっぷりお届け

2020/07/02

前髪ありもなしも楽しめる『ダブルバング』。いつもの前髪にマンネリを感じているならTRYしてみませんか? ボブやロングなど、どのレングスにも合わせやすく「前髪あり似合わなかった……」なんてときでもすぐに前髪を変えられる便利なスタイル。ここではいろいろなヘアスタイルや20代~40代までの年代別のオススメなど紹介していきます。また、美容院でのオーダーの仕方からセルフカットのやり方までレクチャーするのでお楽しみに!

ダブルバングとは?《3つのメリット》

ダブルバングとは内側に短い前髪をつくり、サイドの長い前髪を短い前髪に重ねることによって前髪ありも前髪なしも楽しめるヘアスタイルのことをいいます。可愛らしくも、クールにも出来るので前髪をどうしようか悩んでいる方にもぴったり!
ただダブルバングにも向き不向きがあり、前髪の生え癖の相性や前髪が重すぎる人は施術しずらい場合があるので、まずは美容師さんに相談してみましょう。

1.形が自由自在だから誰でも似合う

前髪を流してキレイめスタイルにしたり、かきあげて大人の艶っぽスタイルにしたりといろんな形を楽しめるのがいいところ。また、がらりと印象を変えて流行りのシースルーバングやぱっつんストレートでミステリアスな雰囲気など、自由自在に仕上げることでどんな人にも合った前髪に出来ちゃうのが最大の特徴です!

2.「前髪あり・なし」どちらにも出来るからTRYしやすい

ダブルバングは短くした前髪の上に長い前髪をかぶせるスタイル。前髪を作ってみたいけど失敗が不安な人もダブルバングで前髪ありのスタイルにして、気に入らなかったら長い前髪をかぶせて前髪なしに誤魔化すことが可能! なので「前髪を作るか悩んでる……」なんて方におすすめの髪型なんです。

3.日によって違った印象の前髪に出来る

今日は女性らしい服を着たいけどクールな前髪と合わない……。なんてときもダブルバングなら前髪を簡単に変えられるので、服装に合った髪の毛にセットすることが出来ます! 日によってコーデだけじゃなく、前髪も変えて一目置かれる存在に♪

美容院での【オーダーの仕方】

「前髪つくろうかな」「切ってみて似合わなかったらイヤだな」なんて方にオススメのダブルバング。美容院でなんてオーダーすればいいの? という疑問に答えていきます!

「前髪あり・なし」両方の仕上げたいイメージを伝える

ダブルバングは前髪ありにもなしにも出来る髪型だからこそ、オーダー時に両方のイメージを細かく伝えることが大切! 美容院で仕上げてもらった前髪ありのスタイルはよかったのに、自分で前髪なしのスタイルにセットしたら理想と違う……なんてことにならないためにも、細かくイメージを伝えましょう!

写真をみせて、より具体的に

言葉では説明しずらい、なんてときは写真を持っていくのが◎。美容師さんに写真をみせて伝えるのが一番正確になりたい前髪にしてもらえます。なのでハッキリなりたいイメージがあるのであれば、写真を用意しておくといいですね♪

おうちでの【セット方法】

「美容院で切ってもらったはいいけど、セットの仕方わからない……」なんて方も、意外と多いのではないでしょうか? そこで前髪ごとのおうちでのセットの仕方をご紹介していきます。コツを掴んでなりたい前髪を作りましょう♪

「おろし前髪」の場合

  1. 霧吹きなどで前髪をかるく濡らします
  2. 長く切った前髪をサイドにもっていきます
  3. サイドに流れるようドライヤーを上から当てて、左右にかきわけるように乾かします
  4. 内側の短い前髪の部分は上からドライヤーを当てて前側に乾かします
  5. ヘアオイルを手に取って、髪の毛になじませたら完成

「流し前髪」の場合

  1. 霧吹きなどで前髪をかるく濡らします
  2. 長く切った前髪をサイドにもっていきます
  3. サイドに流れるようドライヤーを上から当てて、左右にかきわけるように乾かします
  4. 内側の短い前髪は、流したい方向の逆側から地肌をかくように乾かします
  5. ある程度乾いたら今度は流したい方向に向かって風を当ててなじませます
  6. ヘアオイルを手に取って、髪の毛になじませたら完成

※よりクルンとさせたい場合はアイロンで巻くのが◎。ふんわりさせたい場合はワックスを使ってみて。

「かきあげ前髪」の場合

  1. 霧吹きなどで前髪をかるく濡らします
  2. 短い前髪ごと根元から上に向かって乾かしていきます
  3. 髪が乾いたら、今度はコテで前髪の長い部分を外巻きにします
  4. 最後にワックスを手に取って前髪につけたら完成

【レングス別】でおすすめのダブルバングを紹介!

前髪次第で印象が決まる! といっても過言ではないほど、前髪はキーポイントになっていきます。そこでレングス別にいろんな前髪ありなしパターンをご紹介していきます。

ショート

▼清楚感たっぷりのセンター分け

短い前髪も一緒にセンター分けにすれば顔がパッと明るくみえ清楚感が溢れだす。会社や学校で規則が厳しく、前髪を切れない……なんて人も安心して前髪を作れるスタイル。オイルなどで濡れ感をだすと◎。

▼前髪で作る、ミステリアスな雰囲気

短い前髪をおろしてストレートにすることで、ミステリアスでアンニュイな雰囲気に。赤リップと合わせて一気にオシャレ度アップ!

▼遊び心たっぷりのくるくる前髪に

センター分けにして短い部分も長い部分もくるくるに巻けば、ラフでやんちゃな可愛らしい前髪に。シンプルな服装でもオシャレにみえちゃいます。

ボブ

▼センター分けボブで、可愛いもキレイも手に入れて

センターで分けて可愛らしくなりがちなボブが大人っぽく変化。ナチュラルな印象に変わりカジュアルにもきれいめな服にも合わせやすい前髪に。

▼お人形さんのように愛らしく

短い前髪をおろしコテでくるくるにすると、お人形さんのように可愛らしくなる♪ とっても可愛い印象を与えられるのもボブのいいところです。

▼定番かわいい流し前髪

短い前髪にかかるよう長い部分をおろしコテでワンカールに巻けば、ナチュラルだけどこなれ感が出る。ヘアカラーが何色でもくどくみえない前髪なので、派手な髪色の人にもオススメです!

ミディアム

▼いろんな雰囲気を楽しめちゃうぱっつんストレート

前髪をおろしストレートアイロンでまっすぐにすると、キレイだけど可愛いスタイルに。短い前髪の幅が狭いのでシースルーになり軽さがラフな印象を演出してくれます。

▼無造作感がたまらない、前髪が主役の垢ぬけヘア

前髪の短い部分も長い部分も無造作におろして、コテでくるくる巻きに。ナチュラルだけどどこかアンニュイで垢ぬけた雰囲気に。可愛いだけじゃ物足りない人に◎。

▼前髪をかきあげて自然に大人な雰囲気を演出

大胆に前髪をかきあげると短い前髪も長い部分に馴染んでヘルシーな印象になり、凛とした大人の女性に。落ち着いたトーンの服にも、パッとした色の服にも似合います。

ロング

▼ナチュラルな可愛らしさで魅了して

前髪をおろし眉上でワンカールするだけで可愛らしさがにじみ出ます。落ち着いた印象にしたい人にオススメ。

▼流行りのシースルーバングで旬顔に♪

短い部分の前髪をシースルーバングで作ってもらうと、最近流行りの可愛い前髪に。ピンクなど暖色のメイクと合わせてとびきり可愛く♪

▼センター分けでワンランク上の女性に

長い前髪を前におろしてセンター分けに。一気に大人っぽさとエレガントさが漂います。ドレッシーな服を着たいときにも◎。

【年代別】で“似合う”をみつけて!

いくつになってもわたしらしい髪型を楽しんで、素敵な女性でいたい。今を楽しむ方々にオススメしたいダブルバングを紹介していきます。

20代は「あえて落ち着いた雰囲気に」

前髪をシースルーバングでくるくる巻きにすると可愛らしい印象に♪ センター分けにすると真面目だけどこなれてる感がだせる。20代はあえて落ち着いた印象で垢ぬけちゃいましょう。

30代は「大人の色気をプラス」

(左)画像提供:@n_a_y_a

(右)画像提供:@hanna_gunhee

顔まわりの毛を外巻きで前髪をワンカールにすると、品がある可愛さに♪ 同じく顔まわりの毛を外巻きで前髪をセンター分けにすると、大人の色気溢れる素敵な女性に変化。

40代は「余裕をみせて」

前髪をセンター分けにし、長い前髪となじませるとかっこいい余裕のある印象に。前髪をおろすだけで自然で女性らしい印象に早変わり。

【セルフカット】でダブルバングにしてみよう

〈用意するもの〉
・髪用カットはさみ
・クリップ
・くし 

※前髪の表と裏をクリップで留めていくので、4つほど用意すれば◎。また、ハサミは髪用のものを用意しましょう。100均などでも売られているのでチェックしてみて。長さは約15センチ程のサイズがおすすめです。

セルフカットのやり方

  1. まず後ろの髪をゴムかクリップでまとめる
  2. 前髪をクシでとかし、3つにわける
  3. 真ん中の切る部分は目と目の間の量でOK
  4. 短くカットする
  5. カットしたら流れるようにカットラインを斜めにしてもう一度カット
  6. 全体のバランスをみて髪をすいたら完成

前髪の幅が少ない気がする……と思うかもしれませんがダブルバングはサイドを長く残し短い髪を合わせることで前髪ありもなしも楽しめるスタイルなので、量も幅も少なくて大丈夫なんです。あまり幅を広くとってしまうと前髪を重ねることができなくなるので気を付けて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

KEYWORDS

WHAT'S NEW