HAIR

《セミロング》不器用さんでも簡単キレイにヘアアレンジ!キレイに仕上げる基本のやり方・コツも紹介!

2020/05/08

今回はセミロングでできる簡単ヘアアレンジを特集! 普段使いしやすい大人っぽまとめ髪から、結婚式にピッタリなお呼ばれヘアまでたっぷりレクチャーします。不器用さんでもしやすいシンプルで簡単なアレンジをメインに、ストレートでできる巻かない時短アレンジや前髪なし・ありアレンジなど盛りだくさん。やりたいアレンジをみつけてみて!

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

  1. 初心者さんは《簡単アレンジ》から始めよう!
  2. 巻かなくてOK!《時短アレンジ》で毎朝のセットが楽になる
  3. アレンジに一工夫!《くるりんぱ・編み込み・ロープ編み》を覚えよう
  4. 【ダウンスタイル】で後ろ姿までしっかりかわいく
  5. 【アップスタイル】はシルエットやおくれ毛がカギ
  6. お呼ばれヘアは【セルフ?美容院?】仕上がりで選んで
  7. トレンドを取り入れた【前髪アレンジ】で美人度UP
  8. この記事で紹介された商品の一覧

初心者さんは《簡単アレンジ》から始めよう!

アレンジにまだ不慣れな初心者さんのためにピンでとめるだけや、ゴム1本でできる簡単アレンジをご紹介! 簡単にできちゃうアレンジから手を慣れさせましょう♪

トレンドの「カラーピン」でさりげなく目立ちゃおう

髪をゆるく巻いたらピンをつけるだけのアレンジ。前髪を上げればセミロングでも軽やかな印象に。髪色が暖色ならゴールド、アッシュ系など寒色ならシルバーのピンがそれぞれマッチ。黒髪さんはどっちを使っても似合います。数本使いでアクセントを入れて。

手ぐしでざっくりまとめる「ポニーテール」がかわいい

さっと手ぐしで纏めたシンプルポニー。ゴム隠しをするために、結んだ根元に髪をくるりと巻きつけるだけ。ルーズさを出すなら巻かなくてもOKですが、オシャレ感を出したいならMIX巻きにしてから結ぶとイメージが変わる!

「ハーフアップ」は結び目とえりあしで雰囲気を変えられる

ハーフアップは結び目をくるりんぱするだけで一気にオシャレにみせられます。えりあしをMIX巻きやウェーブ巻きにして印象を変えてみるのもあり! 余裕が出てきたらくるりんぱを2つつくって華やかさを増してみてもカワイイ。

巻かなくてOK!《時短アレンジ》で毎朝のセットが楽になる

ここでは時間がないときも手短にできちゃうアレンジをご紹介! コテやアイロンを使わなくてもできるのでパパっとつくれるのがポイントです。

「お団子」はルーズにまとめるだけで◎

お団子なら忙しい朝はパッとまとめるだけで寝癖も隠せる時短アレンジ。きちっとまとめたり、ほぐしてルーズにみせたり印象に変化をつけられます。

「ポニーテール」に紐を巻き付けるだけで旬なスタイルに

紐を結び目にぐるぐると巻きつけるだけで流行りに乗ったポニーテールに早変わり! ブラウン系の髪にはベージュ系の紐、アッシュ系の髪や黒髪にはホワイト系の紐が映えます。

「玉ねぎヘア」で今っぽい後ろ姿に

アイロンやコテを使わなくてもOKな時短アレンジ。ポニーテールを等間隔に2~3箇所縛って丸くなるように引き出すだけ。結び目をゴム隠ししたり、あえてアンバランスに引き出すと上級アレンジにみえてオシャレ!

アレンジに一工夫!《くるりんぱ・編み込み・ロープ編み》を覚えよう

ここではアレンジを華やかにする一工夫「くるりんぱ・編み込み・ロープ編み」の3つのやり方をレクチャー! ぐちゃぐちゃになってしまったり、バランスよくきまらないというお悩みを解決するコツも教えます♪

「くるりんぱ」のやり方

  1. くるりんぱしたい場所の髪を取る
  2. 結んだらゴムを少し下げる
  3. 結び目の上を真ん中で割る
  4. 結び目を回すイメージで(3)の割れ目に毛先を入れる
  5. 髪の入れ忘れや絡みがないかを確認する
  6. 最後に結び目をキュッと締めて完成!

「編み込み」のやり方

  1. 編み込みたいところを取って均等に3つに分ける
  2. 黄の束を赤の束の上に重ねる
  3. 黄の束の上に青の束を重ねる
  4. 青の束の上に、真下の髪をすくった赤の束を重ねる
  5. 赤の束の上に、真下の髪をすくった黄の束を重ねる
  6. この流れをお好みの位置まで続けて完成!

「ロープ編み」のやり方

  1. ロープ編みにしたいところを2つに分ける
  2. 交差するとき上になった束を内側に回転させてねじる
  3. ねじった束にかぶせるように交差させる
  4. 上に来ている束を(1)と同じように内側に回転させてねじる
  5. (4)でねじった束にかぶせるように交差させる
  6. お好みの位置まで続けて完成!

【ダウンスタイル】で後ろ姿までしっかりかわいく

ここではダウンスタイルの定番、ハーフアップや、編み下ろしアレンジなどご紹介! 簡単だけどオシャレにみえる日常で使いやすいアレンジを厳選。コツやポイントをおさえてレパートリーを増やして♪

「お団子ハーフ」でラフ可愛く

ざっくりとったハーフアップをお団子にしてトップを束感太めに引き出し、えりあしをウェーブ巻きにしたら完成。カラーピンを留めて、よりかわいくするのもあり!

▼ウェーブ巻きのやり方

  1. まずブラシで髪をよくとかし毛流れを整える
  2. 髪を左右で2つに分ける
  3. 片方の束を上下に分けて上の髪をピンで留める
  4. 留めていない下の髪の毛束を取ってまず毛先を外側に巻く
  5. 外側に巻いた毛先の上を内側に巻き、それを2、3回繰り返していく
  6. ほかの毛束も同様に巻いていく
  7. 留めていた上の髪をおろし4~6と同じようにカールを作っていく
  8. 反対側の髪を同じように巻いたら完成!

「くるりんぱ」を3回して派手みえに

3つの結び目が縦一列にくるようにしましょう。ほぐすときは結び目を持って固定しながらやると、ほぐしたいところだけほぐれるのでキレイな仕上がりになります。

  1. ベースはストレートアイロンでしっかり伸ばしておく
  2. こめかみ上から少なめに髪を取ってくるりんぱする
  3. (2)で作ったくるりんぱの上に重なるよう、耳上から髪を取ってくるりんぱする
  4. (3)で作ったくるりんぱの上に重なるよう、耳裏から髪を取ってくるりんぱする
  5. 3つとも結び終えたら全体をほぐしていく
  6. 毛先や顔まわりなどの髪を巻いて完成!

▼不器用さんには「アレンジスティック」がおすすめ

「後ろがみえなくてやりにくい」「髪が絡みやすいのが悩み」という場合はくるりんぱをキレイに作れるアレンジスティックを使うのも手! 

「編み込み×ロープ編み」で上級者みえに

編み込みはやりやすい場所まででOK! 手が届きにくくなるところからはロープ編みにシフトして楽に仕上げちゃうのもあり。ティアラ風にねじってフェスにもピッタリな元気なアレンジに。

  1. まず全体を毛束細めのMIX巻きにする
  2. こめかみ上から一束とって、耳の後ろくらいまで編み込みにする
  3. 編み込みをした毛束の後ろをロープ編みにしていく
  4. 反対側も2~3と同じ工程で編み込んでいく
  5. 2つのロープ編みを真ん中でむすび、くるりんぱしたら完成!

※あまった毛先はおろしている髪のなかに隠すようにまぜるとよりティアラっぽさがでます

▼MIX巻きのやり方

  1. まずブラシで髪をよくとかし毛流れを整える
  2. 髪を左右で2つに分ける
  3. 片方の束を上下に分けて上の髪をピンで留める
  4. コテを縦に持ち、下の髪の毛束が内巻きと外巻きで交互になるようゆるく巻いていく
  5. 留めていた上の髪をおろして毛束が内巻きと外巻きで交互になるようゆるく巻いていく
  6. 反対側の髪も3~5の手順で巻いていって完成!

※セミロングの場合使いやすいのは26mm、ゆったりとしたとろみあるアレンジにしたいなら32mmがオススメ!

「編み込み」はサイドダウンならやりやすい

サイドに編み下ろす編み込みならやりやすさアップ! 不器用さんでも挑戦しやすくなります。ほぐしやヘアアクセ使いでワンランク上のアレンジにみせて。

  1. トップの表面をゆるく巻いておく
  2. 耳裏からすくった束をどちらかの肩へと流すように大きく編み込んでいく
  3. トップはあまりほぐさす編み込みの方をほぐしていく
  4. おくれ毛を巻いたり、ヘアアクセをつけたら完成!

「編み込み×ロープ編み」の合わせ技で派手みえに

トップをウェーブ巻きにしておくとほぐしたとき華やかにみせられる。編み込みは低い位置からでもOKなので、アレンジが楽でうれしい!

  1. トップをウェーブ巻きにしておく
  2. サイドを少し多めに残して真ん中を編み込みにする
  3. 両サイドをロープ編みにする
  4. ロープ編みを指先で少しほぐす
  5. 3つの束を三つ編みにしていく
  6. 最後にトップと編んだ束をバランスをみながらほぐして完成!

▼「アレンジウォーター」で思い通りのアレンジを

髪が固くてセットしにくいという場合はアレンジウォーターで髪をしんなりさせるのがオススメ!

【アップスタイル】はシルエットやおくれ毛がカギ

ここではポニーテールやお団子などのアップスタイルをご紹介! いつものアレンジに一工夫くわえて雰囲気を変えてみて♪

「簡単シニヨン」できちっとまとめて

おくれ毛やほぐしが控えめのキチッとシニヨンはオフィスでも使えるオトナアレンジ。トップのウェーブ巻きは細かめにすると少しのほぐしで華やかにみせられます。

  1. トップの表面に細かいウェーブをつくる
  2. 髪をひとつにまとめる
  3. 髪束をねじりながら結び目に巻きつけ毛先をゴムに入れる
  4. トップとシニヨンを軽くほぐす
  5. ほぐしたシニヨンの結び目近くをピンで固定して完成!

「お団子」はおくれ毛で印象を変えられる

お団子をラフ可愛くみせるポイントはおくれ毛を少し多めにおろすこと。毛先やおくれ毛はアイロンでゆるくつくると手抜き感が出ないのでラフすぎず今っぽい仕上がりに。

  1. ベースはゆるく巻いておく
  2. ざっくりまとめて、高めの位置にお団子をつくる
  3. えりあしのおくれ毛を少し多めに出してから全体をほぐす
  4. アイロンを使っておくれ毛の形を整えたら完成!

「ローポニー」はえりあしをロープ編みにして華やかに

両サイドのえりあしをロープ編みにして低めの位置でまとめたポニーテール。結び目が低めの位置にくる場合、トップのほぐし具合で印象が変わります。また、華やかにみせたいときは最初に髪の表面をしっかり巻いておくことがオススメ。

  1. 表面を大きくMIX巻きにして、毛先は外はねにしておく
  2. 両サイドを多めに残して真ん中をうなじあたりでひとつに結ぶ
  3. うなじから適量のおくれ毛を出しておく
  4. 両サイドを大きいロープ編みにしてほぐす
  5. 真ん中のポニーテールとロープ編みを一緒に結ぶ
  6. 束感を意識しながらトップをゆるくほぐして完成!

「ポニーテール」はトップを引き出しシルエットを変えて

普段のポニーテールも旬なシルエットにチェンジ。もみあげとえりあしに細いおくれ毛をおろすとさらに今っぽく!

  1. ベースは外はねに巻いておく
  2. ザクっとひとつにまとめてきつく結ぶ
  3. もみあげとえりあしから細いおくれ毛を出す
  4. 結び目をおさえながらトップを引き出してバランスを整える
  5. おくれ毛を巻いて完成!

お呼ばれヘアは【セルフ?美容院?】仕上がりで選んで

ここでは結婚式やパーティーなど華やかな場にあわせたい簡単アレンジをご紹介! セルフでできる簡単アレンジと美容室で頼みたいこだわりヘアセットをそれぞれピックアップしてみたのでやりたいものを探してみて♪

セルフセットは《簡単にできて仕上がりキレイ》が理想!

▼「くるりんぱ×ロープ編み」のハーフアップで繊細アレンジに

くるりんぱとロープ編みは細めにとってつくると繊細なアレンジにみせられます。ワックスやオイルなどのスタイリング剤を使うとパラパラと細かい束感が出て立体感が出せます。

  1. ベースを細かめのMIX巻きにしておく
  2. トップを狭めに取ってくるりんぱする
  3. その下の両サイドをきつめのロープ編みにして2の結び目を隠すように結び、軽くほぐす
  4. トップもバランスをみながらほぐす
  5. (2)と(3)の結び目を隠すようにバレッタをつけて完成!

▼ポニーテールは「高めの位置でおくれ毛多め」にすると華やかに

毛束を細かく巻いた高めポニーテールはヘアアクセなしでも華やかに。華奢なおくれ毛を多めにおろすとこなれ感UP。おくれ毛はもみあげ・耳裏・うなじの3点だすとバランスよくみえるのでオススメ!

  1. 全体を細かめのMIX巻きにしておく
  2. こめかみ下から髪をすくったら、くるりんぱする
  3. その下の髪はおくれ毛を残しながら髪をすくい上げ、(2)の結び目の下でくるりんぱする
  4. (2)と(3)を合わせて結び、細く毛束を取ってゴム隠しをする
  5. トップをほぐしたりおくれ毛を巻いたりして全体のバランスを整えたら完成!

▼シニヨンは「すっきりまとめて束を意識してほぐす」のがベスト

華やかシニヨンはほぐしすぎて頭が大きくみえたり、後で崩れてきたりしないように一度すっきりまとめてから束を意識しながらほぐすとキレイに仕上がります。

  1. 全体的に細かいウェーブ巻きにしておく
  2. 両サイドに多めに毛束を残しながら真ん中の束だけをひとつに結びにする
  3. 残したサイドの毛束を上下にわける
  4. 上と下でロープ編みを二つ作って、(2)の結び目のまわりに巻きつけピンで留める
  5. 反対側も3~4と同じようにする
  6. (2)の束を三つ編みにしてから少しほぐし、結び目にぐるりと巻きつけてピンで留める
  7. 全体を整えるようにほぐしたら完成!

▼持ち歩きにも便利なサイズ感の「スティックワックス」

要らないおくれ毛が出てきてしまったらサッとなでるだけで、ピタッととめてくれるスティック状のワックス。カチカチになったりベタっと付いたりせずしっとり馴染んでくれるから元のセットを崩さない。持ち歩きやすいコンパクトなサイズ感が◎。

美容院でオーダーするときは《こだわりをしっかり伝えて》

▼ハーフアップは「トップのうねり」で印象に差がつく

セミロングさんのハーフアップはヘアアレンジの面積が広いので、自分ではやりにくいニュアンスや細かい編みなどをオーダーしてみて。トップの毛流れにうねりを入れると一風変わった目をひく後ろ姿に。

▼ポニーテールは「全頭ざっくり編み」でボリューミーに

セルフだとバランスがとりにくい全頭の編み込みスタイルは、髪のツヤがキラキラ光る立体感あるローポニーテールに。

▼シニヨンは「とろみある毛流れ」で上品に

長さのあるセミロングさんならシニヨンもとろみのあるニュアンスでオトナな雰囲気にしてもらうのもあり。

トレンドを取り入れた【前髪アレンジ】で美人度UP

ここではトレンドの前髪を紹介! 前髪がある人もない人も、自分に合ったアレンジをみつけて美人度をアップしちゃいましょう♪

前髪なしスタイル

▼「センター分け」はオトナっぽく

まず前髪を真ん中で分けたら、根元を立ち上げるようなイメージで毛先が外にはねるようにアイロンを通すと、フワッとした外向きのセンター分けが完成! ハーフアップやシニヨンなどどんなアレンジもオトナっぽくみせてくれる前髪です。

▼「ねじり」はガーリーな印象に

前髪が短い人でもできる、ねじるだけのアレンジ。ねじる太さや範囲にもよりますが少しガーリーな印象に。ヘアアクセサリーと合わせるとさらにかわいらしくなる。

▼「くるりんぱ」はすっきりアップできる

くるりんぱは前髪に長さがある人にオススメ。ゴムでしっかりとめているのでスッキリまとまり、くずれにくいので長時間キープしたいときに大活躍。

前髪ありスタイル

▼「シースルーバング」でこなれ感をだして

パラパラと細く毛束をおろしてシースルーバングにすると今っぽいスタイルに。おろした毛束は軽くオイルかワックスで束感を出すのがポイント。

▼「眉上バング」で目元パッチリに

前髪が眉上に来るくらいクルンと巻いてみるのもあり! 眉がみえるので目元の印象がハッキリしてデカ目効果も♪

この記事で紹介された商品の一覧

全3商品
商品画像
ブランド名 ラッキーウィンク(LuckyWink) ウテナ(utena) ウテナ(utena)
商品名 ポニーアレンジスティック(POAR480) マトメージュ まとめ髪アレンジウォーター マトメージュ まとめ髪スティック レギュラー
特徴 - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 345 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 461 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 362 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
商品リンク 楽天で見る ¥345(税込) Yahoo!で見る ¥345(税込) Amazonで見る ¥495(税込) 楽天で見る ¥510(税込) Yahoo!で見る ¥461(税込) Amazonで見る ¥474(税込) 楽天で見る ¥375(税込) Yahoo!で見る ¥362(税込) Amazonで見る ¥708(税込)
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW