2022年上半期占い『いて座(射手座)』の気になる運勢とは?
半期占い

2022年上半期占い『いて座(射手座)』の気になる運勢とは?

2021/12/13

「星乃せいこ」さんによる2022年上半期占い。気になる射手座/いて座(11月23日~12月21日)の運勢は?

2022年上半期『いて座』の【総合運】

2022年上半期のいて座は、新しい居場所をつくって地盤を固める運気。2021年はいて座が本領発揮とばかりに飛躍を遂げた1年でした。1年前では考えられないような、全く違う場所に到達した感覚があるかもしれませんね。

2022年は今あなたがいるその場所に、旗を立てておうちをつくっていくような時間。実際に引っ越しや新居を構えることが決まっている人もいるでしょう。そして居場所をつくるとは、単に家をつくるだけにとどまりません。新たな人間関係を築いたり、近隣のお店を開拓したりして「安心できる居場所」を固めていく作業というのが、上半期のあなたにとって必要なことになるようです。

特に1月~5月中旬にかけては、ふかふかの綿菓子みたいに心地よく、自分の世界に安心して入れるおうち作りの時間です。引っ越しの予定がない人も、お部屋のインテリアにこだわってみて。

5月中旬~6月にかけては、今いる場所を拠点にしつつも、また元気よく外へ飛び出していくときだからお楽しみに!それまでの間、しっかり心身を休めて力をためておくと良いですよ。

2022年上半期『いて座』の【恋愛運】

おうちや家族関係で動きが多そうな上半期。つまりは結婚や同棲といった転機が起こりやすい運気です。

生活を共にすることで生まれる幸せや葛藤も含めて、安心できる関係と居場所を作っていくための必要な時間。ただしずるずるした関係にならないように、結婚前のカップルは一緒に住む期間や結婚の時期を決めてから同棲をスタートするのがおすすめですよ。

5月~6月は、もっとも愛情あふれる幸せな恋の時間。フリーの人は好きな人との関係がうまくいきやすいから、自分から積極的にアプローチして◎婚約中のカップルは入籍や結婚式をこの時期にすると良いでしょう。

2022年上半期『いて座』の【仕事運/金運】

仕事面では引き続き、精力的な動きを続けることになりそうな上半期。特に5月中旬までは、仕事とプライベートのバランスをうまく取りながら進む必要が出てきます。状況が許すなら、在宅でできる仕事はなるべく自宅でやる方が未来の幸運をキャッチできそうです。

1月・2月は金運がとても良い時期。お金を稼ぐこと、つまりは仕事や投資などに力を入れると、将来的に大きなリターンが期待できる予感。

5月から6月にかけては仕事面でもチャンスに恵まれるとき。新しい引き合いや、転職のお誘いなどがあるかもしれませんね。迷ったときは自分の気持ちに素直に、「どっちが楽しいかな?」という基準で選んでOKですよ。

2022年上半期運勢【まとめ】

2020-2021年に引き続き世の中全体がダイナミックに動く2022年は、古い体制に風穴をあける出来事や、よどんだ水を浄化するような出来事が次々と起こる予感。

昨日までの常識が非常識になるような日々の中で、私たちにできること…それはやっぱり、本来の自分自身に返っていくことだし、一人一人が自分の「持ち場」で一生懸命に生きることなんだと思います。

そんな2022年上半期は、頭で考えるんじゃなく、心で感じるままに。他人と比べるのはナンセンス!だって、あの人とあなたとでは、好きなことも苦手なことも、転機の起こるタイミングも、すべてが違うのだから。

この2年くらいで芽生えた「本当の私はこうしたい!こんな風に生きたい!」という願いに素直になっていくとき。小さなことでも良いから、自分が望む方向に一歩でも近づくための行動を。星々があなたの踏み出す一歩を応援していますよ。

占い師 PROFILE

星乃せいこ
占い師。京都府生まれ。東京大学文学部社会心理学科を卒業後、10年間の企業経験を経て、占いの道に。西洋占星術の鑑定では「背中を押され何度も読み返したくなる」「大丈夫だよと言ってもらえたようで涙が出た」など一人一人に寄り添ったメッセージに反響が寄せられる。名前の由来はなんでも星のせいにするため夫から「星乃せいこ」と呼ばれ、案外気に入ってしまったから。 

占い提供:cocoloni

【2022年上半期占い】他の星座の運勢はこちら

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW