お気に入りの1本を求めて下町散策 ~EDWIN探訪~

忍舞 2017.03.20

東京の下町として知られる「日暮里」。
「谷根千」と称され最近では外国人も多く訪れるエリアとなっている。
そんな街に降り立ったひとりの女性が、下町情緒に触れながらたどり着いた先とは?

日暮里の下町情緒に触れる〜日暮里繊維街〜

「布の街 布の道」と称され、たくさんの布がずらりと並ぶ繊維街。
SNSに使う写真を撮る時に、布があると便利かも!と、あれこれ物色。

日暮里の下町情緒に触れる〜谷中銀座〜

小腹が減ったら、谷中銀座へ。おいしそうなにおいがたちこめ、思わず買い食い。猫たちと共存するゆっくりとした時間の中で、ぶらり散歩を楽しむ。

日暮里の下町情緒に触れる〜EDWIN DENIM GALAXY〜

最後にたどり着いたのは、老舗デニムブランド「EDWIN」の旗艦店。
創業の地で、フルラインナップが揃う店舗は見応え充分。

CREDIT

CREDIT

CREDIT

※表示価格は全て税抜きです

素材を感じる、下町の旅。ほっこりとした1日が過ごせそう。
あなたも是非、カメラを片手に足を運んでみて。

忍舞さんのインスタグラムはこちら

―――――――――――

Model Shinobu

Videographer T.Maenaka

Editor Aki Tanaka

―――――――――――

関連キーワード

RECOMMEND

HOT KEYWORD