【Future is MINE】#1セレイナ・アンin仙台/総括編

OFFICIAL 2017.11.30

「女性のエンパワーメント」を目的に、未来を切り開きたいと願う女性たちが、自分自身で未来につながる旅を計画し、その様子をシリーズで配信するスペシャルコンテンツ「Future is MINE」。「自分の未来は自分で舵をとる」をテーマに、20~30代女性に支持を得るシンガーソングライター加藤ミリヤが旅のコーディネーターとなり、女性たちの〝Future〟についてさまざまなテーマ・角度から問いかけ、旅を通じて未来に近づく機会を創出。今回はシンガーソングライターのセレイナ・アンが、仙台への旅の宣言〜記録を経て「どう未来に近づいたか?」を語る旅の総括編をお届け。

今回の旅の目的は「音楽活動での悩みを解消すること」

音楽活動をする上で、いろいろと行き詰まりを感じていたというセレイナ。「5年後も10年後も歌っていたいから、何かひとつ学びをもってこの旅を完結させたい。」その想いを胸に、未来への旅を決意します。

未来に近づくために向かった先は「仙台」

「ここに来たからには、今の自分からもう一歩先にふみ出すチャンスを掴みとって帰りたい。」そのために会うべき人に会いに仙台へやって来たセレイナ。以前来た際にはゆっくり回れなかったという仙台の名所に訪れながら気持ちを高めます。

アドバイスをくれたのは「MONKEY MAJIKのブレイズ」

アドバイスをくれたのは「MONKEY MAJIKのブレイズ」

歌手になる前、高校生の頃から大好きだというMONKEY MAJIKのブレイズに悩みを告白し、東京から持参したギターで自身の曲を歌います。これまで他のアーティストに褒められる機会がなかったけれど、ブレイズに認めてもらったことで自信がついたセレイナは、歌い続けることの大切さを実感しました。

今回の旅で見つけた未来に近づく一歩は「自信を持つこと」

何より嬉しかったのは、他の人の力を借りずにひとりで書いた曲を、憧れのアーティストに褒めてもらったこと。「信じると決めたら自分が信じ込むことが説得力となり、人に届く音になる。」そんな内なる自信に気づくことができた、セレイナの仙台の旅が完結しました。

「Future is MINE」旅の宣言編を見る

「Future is MINE」旅の記録編を見る

出演:セレイナ・アンInstagram

加藤ミリヤがセレクトする「旅」ミュージックを
Spotifyプレイリストからチェックしよう。

次の旅人は…中瀬古ゆきな

次の旅人は、会社員とインフルエンサーを両立する多感な女性が登場。「Future is MINE」#2 をお楽しみに!

———————————————
Videographer:T.maenaka
Model:Celeina Ann
Editor:Aki Tanaka
———————————————

RANKING

OFFICIAL ACCOUNT